2009年08月21日

お尋ね:「ポンサクレックVS升田@チェンマイ」詳細!?




近く(8月28日!?)、ここチェンマイ!?にて、
WBC世界フライ級暫定王者ポンサクレックと日本の升田(同級22位)との間で、
世界戦のタイトルマッチが行われるとの由。。。

以前はボクシングなどの格闘技にもに熱狂的に傾倒しておりましたが、
お恥ずかしながら、最近では、そのような機会に接する術もなく、
この種の情報や動向についての知識は、非常に疎いです。

ポンサクレック・ウォンジョンカムについては、
タイ王国ナコーンラーチャシーマー県出身で、
過去、階級最多防衛記録17を誇る偉大な元&現チャンプであります。

一方で、何かと話題の日本の亀田興毅とも接点があり、
ポンサクレックが内藤大助との防衛戦に敗れ王座を失ったことや、
亀田一家の不祥事の影響などにより、両者の対戦は実現していません。



さて、そうした経緯があって、今回の降って湧いたような、
「ポンサクレックVS升田@チェンマイ」であるけれど、

ある最も親しい日本人の方から、
その日程や場所、並びにチケット購入方法等の照会があり、

2、3、心当たりを尋ねてみましたが、全く要領を得ず、
その後、完全にデッドロックに陥っております。

そこでダメ元ながら、ネットを通じてこちらの方からご案内差し上げますが、
もし、どなたか、この詳細についてご存知の方がいらっしゃいましたなら、
是非、ご一報下さいませ。 何卒、宜しくお願い致します・・・




追記: [2009年8月18日8時27分 日刊スポーツニュース紙面から]

「世界22位升田がポンサクレックに挑戦」


WBC世界フライ級22位升田貴久(30=三迫)が、究極のアウェーで世界初挑戦する。タイ・チェンマイで28日に暫定王者ポンサクレック・ウォンジョンカム(32=タイ)に挑戦することが17日、都内のジムで発表された。6月に判定負けを喫し、一時は引退も考えた升田は7月末にオファーを受け、今月に入って初めてパスポートを取得した。初の世界戦が海外で、しかも日中に屋外で行われる。さらに時間が足りず、スパーリングも回避するという厳しい条件で、王者に挑む。

三迫会長が期待を込めて言った。「降ってわいたラッキーな世界戦。こういうときはチャンス」。WBC世界6位だった升田は、6月に日本6位の小林に判定負け。WBA王者デンカオセーンに挑戦をもくろんでいたが、一気に22位へ降下。升田は「引退がよぎった」と言う。そこへポンサクレックからオファーが届き「ボクシングは世界を目指して始めた。一気にやる気になった」と話す。

舞台裏もドタバタだった。WBCは15位までは無条件で、20位以内は承認があれば世界挑戦できる。22位は圏外だが、JBCが「下がりすぎ」と抗議。これを受け、WBCは22位ながらも実力はあるとし、世界戦を承認した経緯があった。

升田は過去31戦でサウスポーとは2戦(1勝1敗)だけ。スパーリングでサウスポー対策が必要だったが、オファーを受けてから試合まで1カ月と時間が足りず、スパーリングはせずにマスボクシングにとどめた。3週間で体重は8キロ落としたが、リミットまではまだ4キロある。

しかも「遊びに行ったこともない」という海外。さらに熱狂的観客が詰め掛ける真夏のタイで、日中での屋外戦となる。相手は17度防衛の経験のある大ベテラン。「いまさら自分の形を変えられない。あれこれ考えずに、開き直っていける」と升田。四面楚歌(そか)とも言える一戦で、強打の王者へアウトボクシングに活路を見いだす。【河合香】


嗚呼・・・


2006年06月23日

日本が勝つか、エラワンで裸踊りか?!



現在、タイ時間、22日の夜
日付が変わって23日、0:30

2年ぶりの親愛なる友人Bを、チェンマイ空港へ迎えに行き、
旧交を温めあい、ビールで乾杯し、
話題は、云わずと知れたWC、日本対ブラジル、、、

日本はこの試合に絶対負けられない、、、
スカモ、あのブラジル相手に2点差以上で撃破せねば、
決勝ラウンドに進めないという過酷さ、、、

ほとんど、可能性が無きに等しい。

スカス、勝負に絶対はありえない。

ここで、ワスの敬愛しているS&L&Y氏が、
あるネット上で、

もしも、日本がブラジルを破って決勝Rに進出したら、
どうするか、、、という問いかけがあった。

事前に、このS&L&Y氏が、
バンコクは霊験あらたかなエラワンの祠に願をかけたと云う。

続きを読む

2006年06月19日

WC、対クロアチア戦、日本はトホホ、、、



18日、チェンマイは、タイ時間午後8時
かのテレサ=テンが亡くなったことで有名な、
インペリアル=メーピンホテルへ向かう。

チェンマイのご意見番役T氏に無理を言って、
お孫さんができたばかりで日本からこの日戻って来られたS氏と、
3人で崖っぷちの日本を応援するためにワスもお邪魔した。

生ビール
勝利の美酒といきたいところだが、、、

直前の土砂降りが上がり、
オープンガーデンの大型スクリーンで,
気持ちよく生ビールを飲みながらの観戦予定だった。

大型スクリーン
大型スクリーンは迫力満点

前半いきなり、相手チームの直接フリーキック。
日本絶対絶命。
これをGK川口が好セーブ。

結果論になるが、もしこの時点で日本が先取点を取られていたら、
日本の一方的な負け試合になっていたかもしれない。

日本の暗雲を象徴するかのように、
急遽再びの容赦ない土砂降り。

屋根のあるカウンターに場所を移し、
観戦の続行(のはずだった、、、)。

それが、吊り上げテレビがUBCの衛星放送とリンクしていたため、
本来民放3チャンネルで問題なく観られるところが、
いきなりの電波障害でモニターが黒一色に、、、。

電波障害
雨による衛星放送のトラブル

<もう踏んだり蹴ったりですよ、、、>

続きを読む

2006年06月13日

W杯、日本、ああ、無情!?



その瞬間は、実に奇妙だった。

何か筋書きのない映画を観ているようで、
一瞬、これは、事実ではないんではないか、
と勘繰ったりした。

W杯初戦、日本VSオーストラリア、、、

9分9厘は、大げさではあるけれど、
日本の勝利を信じて疑わなかった。

<やられましたー???>

どんなに吼えたって、泣いたって、叫んだって、
現実は覆りません。

まるで、かのレ=ミゼラブルの大長編小説のように、
頭の中で、同じフレーズが点滅し点綴しているようでした。

「ああ、無情!?」

続きを読む

2006年03月27日

大相撲春場所モンゴルパワー爆裂!



祝、朝青龍優勝

魁皇、栃東、白鵬、朝青龍がやってくれました。沁みました。

今日は、第93回N杯ゴルフコンペに参加しましたが、
大相撲春場所千秋楽が、気になって仕方ありません。
(ゴルフの様子につきましては、後日にでもご報告!!!)

ゴルフコンペを終え、食事、表彰も済み、
車を吹っ飛ばして、午後2時前に帰宅。
(タイは日本と2時間誤差があり、この時間帯から生中継。)

見所は何といっても、これより三役揃い踏みの2番。
魁皇−白鵬戦、そして千秋楽結びの大一番、朝青龍−栃東戦

手に汗握るというのはこういうことでしょう。
この4人の真剣勝負の表情を見ておりますと、
それだけで、胸が引き裂かれるような想いでした。

自分が描く勝負の最高のシナリオは、

1.魁皇−白鵬戦は、魁皇が勝つ。
(結果、魁皇は大関カド番を免れ、来場所も相撲を取る)

2.朝青龍−栃東戦は、栃東が勝つ。
(結果、栃東は、来場所の綱取りへの望みを繋ぐ)

3.優勝決定戦、朝青龍−白鵬戦は、朝青龍が勝ち、優勝。
(結果、朝青龍は横綱の貫禄を示し、
白鵬は、来場所大関昇進)


そして、結論から書けば、
全くそのとおりになってしまった。
これには、参った。

しかし、以上をもって相撲協会の働きかけや圧力、
ましてや八百長があったなどとは、断じて思いたくない。

四者四様、それぞれの思惑と意地がぶつかり合い、
極限の見せ場を作り、最高のフィナーレになったのだ。

魁皇白鵬に土俵を割らせたとき、
おそらくは、ほとんどの観客、視聴者の力強い総意願いが、
魁皇を後押しし、魁皇の男を上げさせたと信じたい。

その瞬間、ワスは、不覚にもジーンと目頭が熱くなった。
<ちくしょう、泣けちまったぜ>

魁
魁皇が、見事に白鵬を寄り切った

栃東もしかり。(懸賞金は、40本まで数えました。)
横綱朝青龍は、必死も必死、大必死、
この一番で決めてやろうという気迫意思が恐いぐらい伝わってきた。
栃東の執念が勝ったと心から拍手を送りたい。

そうなると、最後は、朝青龍−白鵬の優勝決定戦である。

白鵬は、モンゴルからわざわざご両親とお姉さんがご観戦。
白鵬は家族の目の前で、
何が何でも初優勝を勝ち取りたかったであろう。

対する朝青龍は、横綱の面子に懸けても負けられない。
実は、相当のプレッシャーの中で息も絶え絶えだったはずだ。

しかも、モンゴルからわざわざ首相が来日して、
優勝者に花を添えるというのであるから、
モンゴル国民にとって、これ以上の名誉なことはない。

朝1
朝青龍、白鵬を下手投げで投げる

朝2
朝青龍、勢いあまって白鵬に乗りかかる

朝3
朝青龍、土俵外土に頭をつけて感無量

いやあーもう今日の大一番は最初から最後まで、
武者震いが起こるほど、沁みまくりました。
続きを読む

2006年03月24日

春の選抜高校野球も始まるが、、、



まずは、連日の大相撲春場所について触れてみたい。

昨日、大関栃東が3敗目を喫し、ワスも大いに落胆し、
言わずもがなのことを述べた。
それだけ、栃東に期待していた裏返しでもある。

しかし、今日、大きな波乱があった。
栃東がやってくれた。

結びの一番前で、
あの11連勝中の関脇白鵬に一矢報いたのだ。

白負け
仰け反りながら、全勝の白鵬に土

この日の白鵬はちょっとおかしかった。
立会いが合わず、2度彼の方から突っかけた。

栃東の顔も昨日と同じで、悲壮感が漂っている。
彼も気落ちしなかったといえばウソになる。
どう自分自身の気持ちをコントロールして、
今日の土俵に向かうか、内心、ワスもいたたまれなかった。

ワスは連日白鵬の相撲を、横綱相撲と形容しているが、
腰が低く、ケツの位置が相手力士よりどんと座っているので、
安定感があり、土俵際の万全の寄り切りは、
往年の大横綱大鵬、北の湖、貴乃花を彷彿させる。

しかし、この日の栃東戦はチョット違った。
まさか、初優勝を意識してガチガチになったとは思われないが、
少なくとも立会いの鋭さもなく、腰高で、浮ついていた。

本来、前捌きのうまい栃東が、うまくまわしを与えず、
押しを決めると、白鵬はあっけなく土俵を割った。

今となっては、栃東の前半戦の2敗が何とも悔やまれる。
下位の力士との取りこぼしがなければ、
俄然おもしろくなってただろうに、、、。
(イカン、イカン、たらればを考えちゃーーー。)

しかし全勝の白鵬を止めて、やっと存在感を示した。
今場所の綱取りは消えたが、
残り3日間、全力を尽くして欲しい。

残り3日といえば、もう一方の大関魁皇は7敗目を喫し、
いよいよ後がなくなってしましった。
残り、3連勝は、あるだろうか???
(厳しいよなあーーー。)

大相撲にかかりっきりになっている折、
今日より、春の選抜高校野球も始まったようだ。

全く、うっかりしていた、、、。


続きを読む

2006年03月23日

大相撲、勝負の世界は厳しいゾ!



大相撲春場所11日目は、勝負の明暗を分けた。

WBCの連日の報道で、ついつい見過ごされがちだったが、
大相撲も、いよいよ大詰めを迎えてきた。

今場所の見所は、大きく分けて3つ。

1.栃東の、久々に日本人横綱誕生なるか。
2.白鵬、大関昇進を決めるか。
3.朝青龍が二人に立ちはだかり、意地を見せるか。

それ以外に、千代大海魁皇のカド番脱出なるか、
さらには、ケガの琴欧州の勝ち越しなるか、、、。

そして11日目は、どうしても見逃せない大一番があった。
すなわち、栃東−魁皇戦、及び、
白鵬−朝青龍戦の2番である。

まずは、大関同士の対戦。

序盤で2敗している栃東は、もう一つも落とせない。
先日、WBCの日本の奇跡的な復活逆転優勝を、
栃東にだぶらせて記事にも書いたが、
栃東の残り全勝は十分ありうると密かに期待していた。

対する魁皇は、ここまで4勝6敗と崖っぷち。
もし、負け越せば、このまま引退もありうる。
過去、圧倒的な強さを誇りながら、
ここ一番でことごとくケガに泣いた、
この孤高の偉大な大関を応援するファンは多い。

全勝対決となった結びの大一番は、これまた大変だ。
関脇白鵬と横綱朝青龍は、ともにモンゴル出身。
関脇白鵬は、ここまで全く危なげない横綱相撲で10戦全勝。
対する横綱朝青龍は徐々に調子を上げてきて、
怖いぐらいの形相で、同じく10戦全勝。

勝負の行方は、神のみぞ知るであるが、
ほんのちょっとした呼吸の加減ででも勝負の流れは変わる。

この2番の大相撲に関しては、
直接、NHKのライブ放送で見られた分、
仕切りのうちから、胃が引き千切られる様な想いだった。

勝負の世界は非情である。
特に、大相撲はやり直しがきかない一発勝負。

結果は、、、



続きを読む

2006年03月22日

祝日本、WBC初代王者!!!



王ジャパン万歳、栄えあるWBC

初代チャンピオンに輝く!


胴上げ決勝は、

皆の夢を乗せて、

日本が、

10―6で、

キューバを破った



いやー、今日は朝から落ち着かないったりゃありゃしない。
キューバとの決勝が、日本時間朝11時プレーボール、
ということは、タイ時間は、2時間早く、朝9時スタート。

NHKを始め、メディアというメディアをチェック。
それにしましても、日本はスタートダッシュで爆発し、
その後、痺れるような展開を経て、
最後は堂々の勝ちっぷりに、心から沁みました。

取り急ぎ、記録という形で、改めて、
この世紀の一戦を振り返ってみたいと思います。

王貞治監督が率いる日本の先発メンバーは以下の通り

 1番・遊撃・川崎(ソフトバンク)

 2番・二塁・西岡(ロッテ)

 3番・右翼・イチロー(マリナーズ)

 4番・DH・松中(ソフトバンク)

 5番・左翼・多村(横浜)

 6番・捕手・里崎(ロッテ)

 7番・一塁・小笠原(日本ハム)

 8番・三塁・今江(ロッテ)

 9番・中堅・青木(ヤクルト)

 先発投手は、松坂(西武)
   (敬称略) 

<前回に続いて、イチローが3番に座り万全の布陣>

試合の詳細は、、、以下のごとく、、、。

続きを読む

2006年03月20日

三度目の正直、WBC、日本決勝進出!



WBC、日本は三度目のトライで、宿敵韓国に雪辱を果たした。

一昨日、我を忘れて、メキシコ−アメリカ戦の結果、
日本の準決勝進出について、ワスも熱く語った。

ほとんど2次リーグ敗退濃厚の最中、
まさに他力本願によって、日本が再び蘇ったのである。

WBC、すなわち、ワールド ベースボール クラシック
この栄えある第一回、野球の国際大会の大舞台で、
準決勝において、日本が韓国に6−0で快勝。

一次リーグ、二次リーグに敗れた同じ韓国相手に、
まさに三度目の正直、よくぞやってくれた、日本代表よ。

日本は、先発の上原投手が、
7回を投げて被安打3、8奪三振で、完璧なピッチング。
あの強力打線韓国を零封というのだからたいしたものだ。
気合が入っていたんだろうなあーーー。沁みました。

上原
何と、国際大会12連勝中

しかし、今回も胃が痛くなる実に痺れるゲーム。
6回まで、ずっと、0−0だったんでしょう。
試合はどっちに転ぶかわかったもんじゃない。
ちょっとしたことが、試合の流れを左右する。

7回、そんな不安を払拭するように、
代打福留選手が、起死回生の2点本塁打。
先発を外れた中日の主砲が意地を見せてくれましたね。

福留
均衡を破る、値千金の2ラン

そうなると、それまで、チグハグだった打線が繋がる。
里崎宮本イチロー選手と3連続の適時打で、
この回、一挙、5点。ようやく希望の灯が見えてきた。

でもまだまだ予断は許されない。
何が起こるかわからないところが一発勝負の怖さであるから。
ただ、8回にも多村選手のダメ押しのソロホームランで、
ようやく、心の憂いも晴れてきた。

途中、雨で一時中断ということだったので、
インターネットとNHKのニュースを交互にチェックしていたが、
結果が出ずに、焦れていましたよ、全く。

ようやく、タイ時間も午後はいい時間になって、
速報という形で、日本の決勝進出のニュースが流れたとき、
興奮するというよりは、何か、ホッとしたような気分だった。

イチロー
今大会初の3番、そして流石3安打と結果を出す

韓国も国を挙げての応援ということだったので、
本当に厳しい戦いでした。溜飲が下がりました。

決勝の相手は、強敵キューバ

過去、いわゆる国際的な野球大会において、
何十回に渡って、ずっと決勝進出を果たしているという、
強豪も強豪、隠れた本命中の本命。
あのアメリカさえもが、一目置いていたというのである。

ただ、勝負は泣いても笑っても、一発勝負。
個々の身体能力では、キューバの方が上かもしれないが、
日本が組織力では、ズバ抜けたセンスを発揮すると信じたい。

ひょっとすると、ひょっとするかも、、、

 続きを読む

2006年03月18日

WBC、執念の日本準決勝進出!!!


まずは、何といってもWBC日本の準決勝進出万歳

一次リーグ、2次リーグと僅差で韓国に敗れ、
アメリカとも何とも後味の悪い負け方をして、
ほとんど、9割9分9厘、
日本の準々決勝での敗退は、濃厚でした。

しかし、メキシコがやってくれました。
あの強力アメリカ打線を何人もの投手リレーで、
3安打1失点で抑えたのですから、
もうこれば神懸り的としかいえません。

ここチェンマイで見るNHKのニュースでは、
肝心の映像シーンは放送権の関係で、
よく見られなくなるのですが、
それでも、速報でアメリカを押しのけて、
日本が準決勝進出を果たしたニュースに接したとき、
あの、荒川静香金メダルに匹敵する興奮を味わいました。

いやー、痺れましたよ、沁みましたよ、NHK様、、、。

でも、、、
続きを読む

2006年02月25日

荒川静香、祝トリノ金メダル!

日本にいる頃、NHKが大嫌いだった。

唯一見ていたのが、NHK大河ドラマだったが、
あの年末の紅白歌合戦でさえ、パスしていた。

懺悔の告白になるけれど、
東京での一人暮らしの18から25までの7年間、
ただの一度もNHK受信料を支払ったことがない。

時代は変わって、今、日本でも、
NHK受信料支払い拒否をしている人が増えているという。

しかし、ここタイでは、NHKに本当にお世話になっている。
一日中見ていても見飽きることがない。
何て何て良心的な番組を制作しているものかと、
感謝感謝で、ただただ沁み入るばかりである。

続きを読む