2017年07月22日

<タイ語で算数(2)>「足す(+)」{บวก}<ブァッ(ク)>

www.PNG

算数の概念として
最初に覚えなければならない
いわゆる足し算としての決まりごと

<加減乗除の第1弾 >

数字を「足す」
すなわち「プラスする」は、
タイ語で、

<ブァッ(ク)>
になります。

<クルァン(グ)・マーイ>
「符号、記号、標識」
のフレーズとリンクして

<クルァン(グ)・マーイ・
ブァッ(ク)> は、
「プラスの記号」

つまり、
「+」
を指します。

そこで、「1足す1は2」
→「1+1=2」

は、タイ語でどのように
表現するのでしょう?

答えは、前回のオールマイティーフレーズ
<タウ・ガッ(プ)>「イコール」
と結びついて

「1 ブァッ(ク)1 タウ・ガッ(プ) 2 」
=「ヌン(グ)・ブァッ(ク)・ヌン(グ)・
タウ・ガッ(プ)・ソーン(グ)」

簡単ですよね

(ただ、前提として、
タイ語での数字の読み書きは、
事前に覚えてられてないと難しいです)

言葉の表現公式として
簡単に記しますと

*{A + B = C}
→{A ブァッ(ク)B タウ・ガッ(プ) C }

このA、B、Cの数字の部分を変えて、
同じように言い換えれば、

足し算の様式をそのまま
基本タイ語で表すことができます。

後は、慣れだけですから
いろいろと試してみて下さいね

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック