2016年11月19日

<流星号とポケモンGOの卒業「面影」>



今週最後の夜勤が明けた
ようやく雨が止んで、
少なからずホッとする

流星号と苦楽を共にしてきた
ポケモンGO

レベル29から30へ上がるのに、
35万ポイントなる莫大な数字を要し
ずっと停滞していたところ、ようやくクリアした

最後は、ヒトデマンをゲットしたところで、
35万を超えて、レベル30のキラキラが出てきた。

<終わった。。。>

どこかで気持ちがホッとしている

日本に来た当初、初めてのスマホを得
日々の孤独の中の唯一の慰みものとして、
ポケモンGOと過ごしてきた

あまりにも夢中になるのがこわかったので、
制限つきで、レベル20になったら、
ピカチューをゲットできたら、

そのときこそは、終わりにしようと、
心に決めながら、

それらをクリアーした後も、ズルズルと、
ポケモンGOと別れられずにいた

まだ、たかだか数ヶ月にしかすぎないのに、
ポケモンGOとは深い思い出があり、
どれだけ、日々の中で心の拠り所になったことか

元々、出不精の自分が、流星号を使って、
アチコチ出かけるのも、
新たな場所に積極的に出向いていくのも、

また、それ以上に、きつい仕事や、
昼夜を逆転した不規則な生活に耐えられてきたのも、

まるで、いとしのペットに慰められるように、
ポケモンが語らいできてくれたことが、
どれだけ力になり心の支えになってきたことか

親しい方の中にも、このポケモンに対して、
ひときわ不快感を示される方もいらっしゃり、

なかなか自分の気持ちの中でも、
おおっぴろげに出来ずにいたところ、

どこかで、制御すべき、
ハードルを設定せねばとずっと思っていた。

その一番、相応しい幕切れは、
自分にとってのレベル30
とどこかで、心に決めていた

2016年、11月19日、朝、
マツダスタジアムを通行中に、
ヒトデマンでレベル30に到達した

少しでもポケモンGOをプレーされたことがある方は、
わかって頂けると思うのだけれど、

レベル20を超えたぐらいから、
もう遅々として進まず
どうしてもじれったい想いをすることになります。

ポケモンの総数が全部で149体!?かそこらあるところ、
あと11匹ゲットしたら、全部クリアーですが、
そこまでいけずに、138匹捕獲したところで終わり。

元々、ポケモンの中でピカチュウのみしか
名前もわからないでいたので、
ピカチュウがほしくてほしくてたまらなかった

こちらの日記の記録によれば、
9月30日に初めて、ピカチュウをゲットし、
嬉々としていたところが実に思い出深い。

スカス、次の段階で、
ピカチュウを進化させるためには、
50匹ゲットせねばならず、

その後、やっとの想いで、
ようやく合計3匹と出会えたところ、
それきり進展は全くなかった

スカスのスカス、
つい先だって、ピカチュウの巣なのかどうか!?
異常にピカチュウが発生してくる場所を偶然にも見つけ、

何と何と2日で80匹以上を捕獲し、
ピカチュウを1匹どころか3匹進化させて、
ライチュウを得たところ。

これで、もう悔いなく
ポケモンGOと別れられるのか否か?!

どこまでもいっても、キリがないし、
どこかで、踏ん切りをつけないといけない

また、ポケモンとの訣別があるとしたら、それと同時に、
相棒の流星号についても言及せねばならない。

これまで流星号で、雨の日も風に日も槍!?の日も、
長い道程を、職場まで通ってきた最高の戦友ではあったが、

ここらあたりで、会社に甘えて、
定期を使って、電車で通うように検討している。

朝晩、手足が悴むような寒さもあるけど、
徹夜明けなど、意識が遠のいていて、
流星号の運転も、やはり危ないのは危ない。

たとえ雪が降っても、嵐が吹いても、
流星号と一緒に、働いているうちは通おうと思っていたが、
もう、ここら辺りでいいのではないか、、、と自問する。

ポケモンも最後の目標は、149体全部、
捕獲することにあったけど、
こちらも少しずつ、フェードアウトしていきたい。

何だか、言葉では、
うまく説明できないもどかしさがあって、

どこかたまらなく、
心が切ないのは切ないけれど、

今の自分の気持ちを代弁して、
歌の気分は、しまざき由理さんの「面影」
(昔懐かしいGメン75の主題歌でもある)

自分なりの答えはまだ出てない・・・

「面影」byしまざき由理
https://www.youtube.com/watch?v=MAfoUvN4mcg
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/444145787