2016年11月14日

<嗚呼、とびしま海道 「瀬戸の花嫁」>



自分のルーツ探しのプチ旅行
いくつもの橋を渡り、瀬戸内の島々の海外線を行く

嗚呼、とびしま海道

ワスは、上蒲刈町の出身
以前は安芸郡だったが呉市に吸収合併される

まさか、そこに本土から、
順繰りに橋が架かって地続きで
繋がるなんて夢にも思わなかった。

本土から安芸灘大橋が下蒲刈町に掛かり、
そこから蒲刈大橋で上蒲刈町に繋がる

それから順次・・・

上蒲刈町(豊島大橋)豊島(豊浜大橋)大崎下島
と島と島の間を橋が掛かり、

(平羅橋)(中の瀬戸大橋)(岡村大橋)を経て
隣県愛媛に岡村島に至る

秋晴れの下
瀬戸内海に浮かぶ島々の
海の幸、山の幸

こんなにも素晴らしい土地柄とは、
40数年の隔たりを経て、初めて体感した

胸が締め付けられるような郷愁
潮の香り みかん畑の芳しさ
近年では キウイやレモンも彩りを添える

あまりにも観るところが多すぎて、
静かな海辺の佇まいながら

麗しさ、華やかさ それに勝るいとおしさを、
細胞中の隅々で感じた

これまでのあまりにも自分のイメージとかけ離れた
生まれ故郷を含む島々のあたたかさに
ただただ心に沁み入る光景ばかり

40年近く前、当時、
住んでいた自分の島やその廻りについて、

今は、大きく変貌を遂げ、
その変わりぶりにも、
何にも何にも知らずにいた


・松濤園(歴史感漂う)→石畳、美術館

・であいの館(おみやげの宝庫)
→海人の藻塩

・恵みの丘(眺望抜群)

・県民の浜(西日本屈指のリゾート)
→蒲刈温泉でじっくり湯舟に浸かる

・大長みかん(甘くて美味しいみかんのブランド)
→1キロ200円で懐かしい瀬戸内みかんを頬ばる

・雲雀座 お好みひばり焼き(ゴッツイ美味いお好み焼き屋さん)
→故美空ひばりさんへの熱い想いが溢れ出て、
自著100点以上に及ぶ肖像画 書で埋め尽くされる

*とりわけ御手洗(みたらい→おてあらいではない)町には、
その街並み風景に痛く感じ入りました

・御手洗町(重要伝統的建造物群保存地区国指定)
→江戸時代からタイムスリップしたような軒並み
歴史の見える丘公園
「ももへの手紙」舞台地
伊能忠敬測量地跡
若胡子屋跡(100人の芸妓を抱えた花衒茶屋)
中村春吉ゆかりの地(世界一周無銭自転車旅行達成)
乙女座(映画館跡昭和初期モダン建築)
旧金子邸(幕末薩長秘密同盟暗躍)


いつかこの地に、帰ってくる、
そんな予感が・・・


「瀬戸の花嫁」 by小柳ルミ子
→ https://www.youtube.com/watch?v=sNbhR67gR_8



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/443924927