2016年10月28日

<嗚呼、ダイソウ 「想いでまくら」>




横川駅公衆便所の隣に、
ダイソウがでーんとひかえている。

広島に来た当初から、
身の周り品のほとんどすべて、
ここでまかなってきた。

<いいもの>がたくさんあって、
ついつい買わないで<いいもの>まで、
買ってしまう。

実質108円の商品でも、数が増えれば、
ついつい1000円は費やすことになる。

公衆便所でマーキングをして、
またフラフラと立ち寄っては、
この明るい店内に心が躍る。

もう何も買わないでいいはずなのに、
つい見つけたちっちゃなちっちゃな枕
そういえば枕がなかったかな、、、とつい衝動買い。

眠るということをついつい蔑ろにしがちだけれど、
よく眠って、よく働いて、よく食べて、
一日、一日を、頑張ろう。

枕でイメージしたわけではないけれど、
唐突に思い出した、
それこそ小坂恭子さんの「想いで枕」

胸が締め付けられるような
懐かしさがある。

「眠りましょ 眠りましょ 今夜もひとり」


「想いで枕」→https://www.youtube.com/watch?v=cSUo4OC6a8A
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。