2016年10月24日

<嗚呼、極上ご飯と究極のタイ料理>




日本に来て、多くの方々から、
並々ならぬお世話になっております。

何気にこちらの住所を教えてと尋ねられた際に、
婉曲的にご遠慮申し上げているのですが、

それでも、お心尽くしで、お送り頂きましたものは、
勿体無いながら、とても嬉しく、
正直、感謝の気持ちでいっぱいです。

土曜日、クロネコヤマトさんから連絡があり、
(盟友少年の瞳殿の言で、ネット登録をする)
お届け品があるとのことで、日曜日午前中の手配。

母親宅から日曜日朝いったん横川のアパートに戻り、
クロネコヤマトさんから大きな荷物を2つ頂く。

一つは、チェンマイでの仕事も含め、
公私にわたり大変お世話になっております。
W様から特上のお米

石川県ゆめみづほ 5kg
岩手県ひとめぼれ 5kg

ソステ、もう一つは、クール宅急便!?で、
敬愛する天女様から、絶品のタイ料理の数々。
一品一品が繊細で丁寧な手料理。

勿体無きことと同時に、大変申し訳ないながら、
こんなによくして頂いて、どうしていいものやら、
ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。

荷物を受け取って急ぎ、また母の元に戻り、
再び、横川に帰ってきたのは夜8時過ぎ。

料理は全く得意でないながら、
早速今日頂きましたお米をいつもの鍋で炊きます。

天女様からの逸品には、すべてに付箋で料理名と、
注意書きが添えられてあり、それだけで、
もう、食べる前から、胸がいっぱいになりました。

いつまでも今日のことを忘れないように、
記録に残すべくそのリストを書き留める

タイ料理のプロ顔負けのラインアップ

懐かしいタイの香りに満ち満ちて、
どれもこれも美味しそうながら、
生ものを先に頂くようにします。

皿などなく、ダイソウで仕入れた
どんぶりとお碗ですべてを代用しているので、
盛り付けは、どうしてもセンスに欠けるのですが、、、

この日のメニューは、岩手県ひとめぼれの極上ご飯と、
タイ料理超豪華版超ボリュームのコラボ

・ゲーンキャオワーン(グリーンカレー)、
・ソムタム(パパイヤサラダ)、
・ガイヤーン(タイ風鶏肉あぶり焼き)+ガイヤーン用たれ、
・ガイホーバイトゥーイ(鶏肉バンタンの葉包み揚)、
・レバーペースト、
・イカウニ、
・おから、
・ナムプラー
・(哀拿姉貴の)パクチー
+ビアシン小瓶(先だってお○も○様から頂きました)

ソムタムとガイヤーンの黄金の組み合わせ。
まさしく懐かしいタイの味ながら、
本場よりもはるかに美味い。

おからがやさしくてホッコリする、
日本のお惣菜、マッコト、ウマカトです。

イカウニ、レバーペースト、、、手作り???
とんでもない美味さで、ご飯がすすむすすむ。
パクチーがさらにご飯の美味さを加速する。

ガイホーバイトゥーイ、絶品。
タイで食べてた時より、美味しく感じるのは???

結局、1杯で終わらず、また2合完食で、
ご飯が文句なし美味しいうえに、

2杯目、グリーンカレーをかけると、
さらに味が引き立ち、止まらなくなる。

一人で、独り言を繰り返しながら、
食事を終えたのは、
まさに日付が変わろうとしている。


ここ最近、食べ過ぎの傾向があるので、
暫く、食事制限をして、摂取量を減らそうと決めてた矢先、
もう、完全にギブアップ状態・・・

これから毎日、仕事が終わって、
一人で、鍋でご飯を炊いて、
タイ料理に溺れさせて頂きます。

嗚呼・・・

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。