2016年10月07日

<嗚呼、幸福の茶色いフンドシ>



お約束というわけではないけれど、
昨日、久々に晴れたので、愛用の褌を、
昼のうちに、十数枚、まとめて洗い、干して候。

また、あの有名な映画のタイトルを、
もじるわけではないけれど、

嗚呼、幸福の茶色いフンドシ・・・

茶色くユラユラ揺れる様は、
かなり壮観な眺め。

部屋にカーテンらしきものがないので、
恥ずかしながら、外界を遮る、
ふんどしがちょっとしたカーテン代わり。

外にもチョコッとスペースがあり、
残りの憤怒志を添える。

嗚呼、褌、ふんどし、フンドシ、憤怒志・・・

すべて自家製で、
ポリエステル、麻、シルク、、、
いろいろと素材を試してみたところ、

やはり、基本の木綿の晒し布がよく、
広島にもってきた大事な衣服は、
ほとんどこの奮努士ばかりだった。

目覚めと共に数時間で乾き、
外出前は、毎日が心機一転、
新しいFundoshiを締め直して、

今宵も、夜勤、、、
仕事を頑張ろう。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。