2015年01月11日

渡る世間に鬼はない第84話@マッサン




NHKの朝の連ドラは、
できるだけ注目しないようにしている。

一日あたり、わずか15分ではあるが、
いったん、はまってしまうと、
どうしても、観ずにおれなくなるからだ。

「あまちゃん」の評判を聞いて、
だいぶん経ってから、最初から少しずつ観始めた。

悔しいけど、文句なく面白い。

それで、その次の「ごちそうさん」には、
完全に降参状態で、最初から通して観てしまった。

案の定、それが終わった時には、暫く呆然自失となり、
何か言葉では言い表せない喪失感が大きくて、
ちょっとした「ごちそうさん」病にかかっていた。

だからこそ、次の「花子とアン」は、
心を鬼にして、まるで封印するかのように、
断固、観ることを止めた。

スカス、、、物語の最終コーナーに入って、
過去10年で一番いい視聴率を叩き出していると聞いて、

どうしても堪えきれなくなり、
ネットから拾って、また、最初から通して、
全作観てしまった。

また、噂に違わず、本当にいいお話で、
どうにかなってしまうぐらい、
笑い、泣き、心を動かされてしまった。

それにしても、朝の連ドラは、ドンドン、ハードルが高くなり、
平均視聴率も、「あまちゃん」よりも「ごちそうさん」が、
「ごちそうさん」より「花子とアン」が高くなっている。

そうして、満を持して始まった、「マッサン」

日本のウヰスキーの父と呼ばれる、
実在の人物を模して、初めてのウヰスキー造りと、
その夫婦愛の物語、、、

嗚呼、「マッサン」

また、何がいいって、
中島みゆきの主題歌「麦の唄」が、
心に沁みて、沁みて、心を揺さぶられるぐらいにいい。

また話の展開も、目を離せないぐらいに、
毎日、毎日、まるで恋人を慕うような、
熱い想いに駆られている。

周りの評判は気にしたくはないけれど、
視聴率は、あまり芳しくないらしいのと、
いろいろと不具合の内容を耳にする。

スカス、ワス自身は、
先の3作に負けず劣らず、
いやむしろ、さらに素晴らしい作品だと思う。

スコットランド、広島、大阪と、舞台は変わりながら、
マッサンとエリーの葛藤、そして変わらぬ夫婦愛、
その所々での人情味がたまらなくいとおしい。

唯一、これまで、きつくたまらなかったのが、
姑役の泉ピン子であり、あまりにも憎々しげで、
まさしく鬼のような形相と感情で、彼女を観るのがきつかった。

逆に言えば、そのぐらい、印象に残る演技で、
憎まれ役をやっていたことになる。

スカス、エリーにとってはそのお義母さん役の泉ピン子が、
ついに死の床についたとき、これまでのイヤミ・ツラミの数々も、
天国に旅立つ前に、すべて涙と共に水に流してしまうかのように、

その憎まれ役の負の絶対値の振幅が大きかった分、
死の淵のでのエリーに対する一言一言が、
大きな感動の呼び水となって、心に響く。

ここで、モスカスタラ、
いろいろと外野から文句の声が、
聴こえてくるかもしれない。

例えば、、、

肝心の広島に戻った兄やんの姿が見えないとか、
死に際に医者が看取らないとか、
死の床でこんなにしゃべれるはずがないとか、
都合よくマッサンが戻ってくるとか、
脚本、演出がどうのこうのとか、、、

そんな野暮なことは一切云いたくない。

ただただ、素直に感動したい。


泉ピン子の渾身の台詞・・・

*************
肌の色が違おうても、、、
目の色が違おうても、、、
話す言葉が違おうても、、、
人間の情けに変わりはない

あんたは、日本一、世界一の嫁じゃ・・・
****************

この言葉に、
意固地だったお義母さんの想いは凝縮され、昇華され、
聞く者の心を動かさずにはいられない。

ただただ、ピン子さんの迫真の演技に、
エリーさんのいじらしさに、
両目に洪水警報発令となった。


今週のタイトルが、まさしく、
「渡る世間に鬼はない、、、」ときたものだから、
脚本の方のタイムリーな殊勲賞ものの出来栄えです。


今後は、いずれ、北海道に場所を移して、
本格的にマッサンの信じるウヰスキー造りが始まり
また新しい展開となっていくのが大いに楽しみになってきます。









この記事へのコメント
マッサンおもしろかったですね!
うんうん分かります。今は、「エリー」さん(本人の女優さん)はアメリカでも大活躍ですね。
こないだは、ミュージックステーション(タモさんの番組)で歌ってました。

でも!!春からは「まれ」が始まってますよ!
今までの朝レンとは違って、爽快ですよ。
毎日、まれちゃんの元気な顔を見て一日が始まります。
まれちゃん、きっとケーキ職人目指すようになるな、きっと。

あ、そうそうマッサンスピンオフもあるよ!
Posted by ふふふ at 2015年05月05日 16:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。