2007年04月24日

映画の残骸たち、、、


最近、本当に映画を観なくなった。

この日記でも何度か触れましたが、
以前は、それこそ寝食を忘れて、
映画鑑賞に没頭していたんです。

封切り映画は勿論、気に入った映画はDVDになるや否や、
貴重なコレクションの一環として、
後日、確実に購入するように努めていました。

主に米映画中心にDVDが800本は、
部屋の中に転がっています。

特にハリウッド映画などは、
過去の観客動員数や売り上げランキングのデータを睨み、
ベスト1500を全部集めてやろうと云う気概もあった。

売り上げの高い映画イコール良質の映画とは、
必ずしも云えないけれど、、、

そこには、ヒットした何らかの要因があり、
それを観ないで、あれこれと意見を述べたりする事は、
言語道断であると思えるからです。

かと云って、自分の場合は、
もし映画評論家と云う視点で分析するとすれば、、
完全に不適格であり、失格です。

とにかく、映画それ自体を悪く云えないし、
どんなにつまらない映画でも、けなすことはおろか、
何も文句の言葉が出てこない、、、

まず、映画を製作された多くのスタッフに想いが及び、
その中で、ストーリーに不自然さがあっても、

監督の手腕がいいとか、映像の切り口、、、
あるいは、演じている役者さんが光っている、、、

などと、悪い面をつつくのではなく、どこかしら、
いい面ばかりを無理に探しながら、映画の余韻に浸る、、、

邪道と云えば、邪道であるが、
それがワス流の映画の楽しみ方でもあります。

過日、「捨てる神あれば、拾う神あり、、、」
などと、大上段に構えて、
現在の心情について語ったりもしました、、、

<何かを失えば、何かを得る、、、>
スカス、これは同時に、、、

「拾う神あれば、捨てる神あり、、、」

すなわち、何かを得れば、同時に、
何かを失うことにも繋がることを予期しないといけない。


ワス自身、日々の仕事以外に、
ネット上での交流を含めた人間関係や、
ブログ、日記、コミュ、書き込みなどに費やす時間は、、、

<明らかに、プライベートの大半を要している。>

映画を観なくなった時期と、
こうしたネット上での交流が始まった時期が、
いみじくも重なってくる、、、

以前は、そんな破天荒な生活を酒の力で紛らしながら、
それはちょっとした錯覚で、
実際は、酒の勢いで、ますます体を毀す悪循環に陥っていた。

幸いにして、今、半年に及ぶ断酒により、
その悪癖は、一旦、遮断しているようにも見えるが、
あくまでも、休火山の流れで、その火種はまだ燻っている。

こんな中で、月に何回かゴルフをすれば、
どうしてもその前日は、完全に夜を明かさねば、
日々の時間のやり繰りが調整できない、、、

<こういうのも、どこか異常ですよね、、、>

ところで、
これまで、うちから、本や映画などの類を、
いろいろな人に自由に持っていかれたりしました。

スゴイ人になりますと、軽く10年以上、
全く音沙汰のないまま、返却されないのはザラです。

<こうなりますと、貸したというよりは、
あげた、、、と考えた方がはるかに気が楽でしょう、、、>


ですから、3年、5年、などのインターバルは、
全く気にもしないし、意にも介さず、、、

実際、こちらの方でも、何をお貸ししていたのか、
さっぱり覚えていないことが、通常です、、、

スカス、それだからこそ、その反対に、
これは自分なりの癖と云うか性格ですが、、、

人にお借りした物品の類は、すべてに優先して、
出来るだけ早く返却しなければ気が済まない性分です。

だいたい借りた翌日に返却するのが常です、、、

いつも喉元に何か小骨がチクリと残っているような、、、
そんな落ち着かない気分が続くからです。

でも、それを相手に同じように強要したり求めたりすることは、
一切、ございません、、、

あくまでも、それは、自分個人の性分なのですから、、、



昨夕、親しくしているタイの友人Dさんから、
20本もの映画のDVDが、1年ぶりに返ってきた、、、

<何故???>

全く何の前触れもなく、、、まさにいきなりである、、、

ワス自身、Dさんに貸したことすら、完全に忘却の彼方、、、。
故に、貸したDVDのタイトルについての記憶も皆無である。

どういう経緯で、DさんにそのDVDを勧めたのか、、、!?
あるいは、彼女の好みであったのか、、、?!
その辺の記憶もすこぶる曖昧である、、、??

20本の内訳は、以下、いろいろある、、、

<米映画>
* RANSOM
* MATRIX REVOLUTIONS
* PAYBACK
* MINORITY REPORT
* I,ROBOT
* SPEED
* PAYCHECK
* PATRIOT GAMES
* SIN CITY
* GHOST
* MILLION DOLLAR BABY
* A BEAUTIFUL MIND


<タイ映画>
* <ナーングナーク>
* <ザ・レター>
* <プアンサニット>
* <コレステロールラブ>
* <フェイク>
* <スリヨータイ>
* <ヂャンダーラー>

<日本映画>
「羅生門」


などなど、、、

Dさんに映画の感想を訊いてみた、、、

スカス、情けないことに、彼女は、忙しくて、
実際は、この中の2〜3本しか観ていないと云う、、、

<ンジャア〜、なして???>


Dさんは、何となく、意味もなく、、、
先に返しておこうと云う気になったらしい、、、

<ワスとしては、全然、気にしていないのであるが、、、
むしろ、スッカリ、忘れていたぐらいなのだから、、、>


ただ、漠然と哀しく、心に湧き上がってきた事は、、、

<1年以上までは、どんなにどんなに忙しくても、
映画を観るその2時間前後の時間を、、、
毎日捻出していたよなあ、、、!?ふらふら


そんなことをつい思い出したからだ、、、

<スカス、今ではどうだろう???もうやだ〜(悲しい顔)


今、その2時間の時間があれば、
誰々さんにネット上でのご返事を書かねば、、、
そちらの方にばかり意識が集中している。

ブログを始めたのが、昨年の2月20日だから、、、
以来、一日も欠かさず、日記を埋めている。

その後、ミクシーに登録したのが、同じく昨年の4月30日
以来、ネットを通じて、数限りない出会いがあった。

「拾う神あれば、捨てる神あり、、、」

<何かを得れば、何かを失う>のは、必定の原理、、、

20本ものDVDのヤマを目の前にして、、、
ふと、センチメンタルに、
自分の日常生活を振り返ってしまった。

<スカス、普通に本を読んだり、映画を観たり、、、
心のビタミンは必要だよな、、、>



わかっちゃいるけど、
なかなか思うようにいかないのが人生である、、、

でも、少しずつ、また、好きな映画を観られる、
そんな心のゆとりを持てるようにしたい、、、かなあ〜!?



この記事へのコメント
タイフリーク様
以前もコメントしましたが、私は映画は
殆ど観ません。しかし、小学生の頃は
良く両親と封切りの映画には行ったのですが。。

ただ、個人的には、昔のヨーロッパの映画は
人間模様が描かれていて、暗い感じが
しましたが、名作が多かったと思います。

最近のハリウッドとかの映画には
あまり興味はないですね。。。
Posted by アッサニー at 2007年04月24日 12:32
☆会長、、、
自分も小さい頃は、
亡くなった父親と
よく東映のヤクザ映画路線へ、、、
上京してからは、「寅さん」にズッポリはまり、
総じて、ハリウッド映画、、、
ソステ、今では、タイ映画、、、
最近のハリウッド映画は、確かに、
商業主義にかなり偏っているような気もします。
Posted by タイフリーク at 2007年04月24日 16:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。