2007年02月26日

第103回N杯コンペ、惜しくも、、、!?

先日、2月9日、第2回ミクシー杯で、
何と1年ぶりに80台が出ました。

ゴルフに懸ける気持ちの高ぶりはあるけれど、
結果的に自分の想いとは裏腹に、
全くクラブを握る機会がありません。

せめて、自宅でパターの練習や、
寸暇を割いて打ちっ放しでもいくべきではあった。

結局、今回の月末日曜日恒例、
「第103回N杯コンペ」もブッツケ本番になる、、、

ワスは今回、ハンディ20頂戴しております。

毎回、ネット(グロスからハンディ分を引いた数字)で、
74前後が優勝ラインになっておりますので、
グロスで94を出せれば優勝の目も出てきます、、、

場所はいつもの「グリーンバレー」、、、

前日、チョコマカと雑事を済ますと午前2時半を過ぎ、
一応、2時間ばかり睡眠を取り、
朝も暗いうちから、5時半には出発、、、。


ワスは、3組目で、同伴競技者は、、、
実力者のS氏と飛ばし屋のKさん、、、

最初のティーショットをする前までは、
球に当たるかどうか、不安でさえあるけれど、、、

ワスの超苦手の1番Hパー5、537Y、、、
通常、ダボ・トリ以上スタートは当たり前なのだが、
前回のミクシー杯に引き続き、幸運を持続、、、!?

<何と4オン1パットのパー、、、>

結果から記せば、スタートの3ホール、
3連続1パットで、パー、ボギー、パー、、、

<超出来過ぎ!?>

ここで、またまた好事魔多し、、、

かなり、頭の中では色気が出てきて、
続く4番H、トリッキーな右ドッグレッグ池絡みのパー4

ここも大奇跡が起こり、ピン左横2mに2オン、、、
ファーストパットは、僅かに左を舐めあわやバーディー、、、

<過日のミクシー杯で、
同じく2オン4パットの悪夢が一瞬、頭を掠めます、、、>


ここで、九分九厘大丈夫なはずの残り20cmを、
チビって外してしまいます、、、
(N杯では、OKパットは一切ナシ、、、)

<痛恨の3パットでボギー、、、>がく〜(落胆した顔)もうやだ〜(悲しい顔)ちっ(怒った顔)


こいつが痛かった、、、

仕切りに気を静めようとするけれど、
動揺したのか、続く5番Hパー5で、
それまで好調のティーショットが池ポチャでダボ、、、。

それでも何とか気持ちを切らさずに、
前半は、9オーバーの45、、、

通常ならブッチギリの優勝も夢じゃないところ、、、
同伴のKさんがヒタヒタと好調を持続、、、

Kさんは、会員の中でも1、2位を争うズバ抜けた飛ばし屋さん。
ティーショットは通常アイアンで230ヤード前後をキープ。
ドライバーだと300ヤードをドライブする。

<そのKさんのハンディが、ワスより悪い25???>

この日のKさんは大叩きがないまま、
ワスより2打ビハインドで、
ハンディ差を考慮すれば、強力な優勝候補筆頭、、、

この時点からKさんを常に意識し始め、
それは、同時に、愚かにも、、、
ワス自身が優勝を意識し始めたに他ならない、、、

後半のワスは、またまたとんでもないことになってくる。

10番、11番ホールと、、、何と何と、、、

<2連続パー!!>わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

このままだと残りボギーぺースでも90を切り、
ハンディ分を引くとネット70を下回り、
かなり、優勝の予感に打ち震える???

続く12番ショートホール(155Y)でも何と何と何と、、、

<1オン、、、!!>

心の中では、興奮と葛藤で、
軽いパニック状態になります、、、

<普通に2パットで、3連続パー、、、
こんなに、簡単にパーが取れていいの??>


そんなずうずうしいことが頭をよぎり、
結果、好調のパットでビビリ、
3パットでボギーとする。

<嗚呼〜???>


スカス、当面の最大のライバル絶好調Kさんが、、、
何とこのホールでトリプルパーの<9>を献上、、、

(Kさんのスンゴイのが、155Yをピッチングで、
はるかにグリーンオーバーし、バンカーにて失速、、、)


ワスは、この時点で、
優勝の2文字に完全に舞い上がってしまった。

<後半3ホールを終わった時点で、1オーバー、、、
残り6ホールを普通にボギーペースで楽々80台、、、
そうなると、ドブッチギリの2年ぶりの<優勝>、、、>


まさに「取らぬ狸の皮算用!!」

そんな慢心に警鐘を鳴らされたのか、、、
続く13番ホールでこの日2個目の池ポチャでダボになる。

<まだまだ、大丈夫、、、???>

それから、守勢に回りながら、
ビビリつつも我慢の3連続、ボギー、、、

ここで、Kさんが実にクレバーなゴルフで、
タンタンと後ろから追いかけて来られる、、、。

Kさんはバーディーやパー絡みで、その他も悪くてボギー、、、
決して、決してハンディ25の方のゴルフではない、、、

16番、200Yパー3では、3人ともボギー、、、

ワスは、ここで、つい、計算に走ってしまった。
ソステ、恐ろしい事実に気づいてしまうのです。

ワスは後半、ここまで6オーバー、、、
対する、Kさんは、
パー3のトリプルパーがありながら10オーバー、、、

前半と併せて、ハンディ分を入れると、、、
ワスはKさんに僅かに1打勝っているのみ、、、

<たった、1打!?>


急に大きなプレッシャーを感じてきました、、、

<イヤイヤ、残り2ホール、普通にボギーで優勝!?>

自分に言い聞かせます!!

スカス、ちょっとしたメンタルな部分が作用したのか、、、
何でもない17番ホールパー4で、
この日3つ目となる自滅的池ポチャ、、、

スカモ、グリーン周りで慌てて行ったり来たりのアプローチ、、、
結果、この期に及んで、えええええっえ〜〜〜〜の

<Wパーの8>


対する、Kさんはそれでもダボにまとめ、、、

あろうことか、、、残り1ホールを残して、
逆にKさんに1打差負け、、、

最終18番H、パー5、500Y、、、

ワスの頭の中は、興奮と焦りで、
異常に高ぶってきていた。

ティーショットは右にフケルが、
それでも200Yでまあまあの位置、、、

対するKさんは、ここまでずっと、
ティーショットはアイアンであったのが、
ここ一番でドカチンと330Yドライブ、、、がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)

ワスの2打目は力が入り、アワヤ右の池をかすめ、
ギリギリセーフの残り140Y、、、

情けないのが、2年前であれば、
8番、あるいは7番アイアンを使うところ、、、

依然、アイアン恐怖症に陥っているワスは、、、
使うアイアンの番手がなく、、、

神に祈るような思いで、
池越えを5番アイアンフルショットに託す、、、

対するKさんは、
ここでキツイのが、残り170Yを楽々2オン、、、

ワスの5番アイアンフルショットは、
何とか振り切れ、かろうじて3オン、、、

ワスの10mバーディーパットは、
無情にも50cmショート、、、

一方、Kさんの5mイーグルパットは、
惜しくも10cm届かず、
余裕シャクシャクのバーディー、、、

ワスは、50cmのパーパットもキッチリ!?と外し、
3パットのボギー、、、

この結果、Kさんは、
自己ベストタイとのことで、グロス94
ネット69で文句ナシの優勝!!

<お見事!!>

ワスは、45、47のグロス92、ネット72で、
3打及ばず、、、

<準優勝、、、>

3位の方がネット78でありましたので、
Kさんの数字が、一際光ります、、、

チョッピリ、残念な気持ちもありますが、、、

ゴルフは思うようにならない、、、
そんなところが勝負の醍醐味であり、
是非、次回の雪辱を期したいです。

<Kさん、、、
心から優勝おめでとうございます、、、>


(スカス、そのスーパーショットで、
ハンディ25は、ないっすよ!!
←すみません、ちょっとしたボヤキです!?)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。