2006年11月23日

チェンマイも時至り、ようやく、エアコンを切る!





<ウウ、サムイ!?>


気づいたら、小さな小猿が、
ワスのベッドの中で、
薄い毛布にくるまっていた。

よく見れば、我が分身(白髪ではなく、、、)、
正真正銘、息子のアトムだった。

幼稚園、小学校1年生、2年生、、、と、
クラスで一番のチビで、そのくせ、

ずっとカケッコだけは一番早くて、
毎年運動会で金メダルの表彰を受けている。

それが、娘と同じで、
この一年の間に急激に背が伸びて、

今、小3のクラスの中で、
背丈はちょうど中間ぐらいになっている。

最近、この小猿がワスによく絡んでくる。
何となく、この小猿が可愛くて仕方がない。

家人が子供たちの学校の放課後、
それぞれの塾が終わったぐらいに、、、

バイクを飛ばして、二人を迎えにいき、
そのまま、ナイトバザールで過ごします。

それから、夜の8時前後に、今度は、
家人をそのままナイトバザールに残して、
ワスが子供たちを出店に迎えにいくことになります。

それまで、子供たちとは、すれ違いが多く、
ほとんど会話らしい会話もなかったけれど、

<怪我の功名からか、、、?!>

どこかで、一緒に食事をしたり、車の中なんかでも、、、
自然と言葉を交わす時間を共有するようになった。

そうこうするうちに、娘が白髪を探してくれたり、
息子がワスのシングルベッドの中で、
寝転がるように近づいてくれ始めたんですね。

子育ては、家人に、117%
完全に任せっきりになっていたうえに、

他ならぬ、ワスこそが、
一番手の掛かる大きな子供であったような気がする。

まあ、、、家族の話はどうでもいいのですが、、、

ちなみに、今年、エアコンを全開し始めたのは、
3月13日、、、
http://thaifreak.seesaa.net/article/14740930.html

ソステ、それから約8ヵ月後、、、

人一倍、暑がりの自分が、、、
昨日の夜、ようやく、肌寒さを感じ、
とうとうエアコンを切った。

毎年、10月から11月にかけて、年中行事のように、
エアコンを切るタイミングを見計らっておりましたが、

今年は、ダラダラと、
その時期を引き延ばしていた次第です。

ソステ、今朝は、その決断に確信を持ち、
網戸がついた2ヶ所の窓を全開にして、
くぐもった濁った空気をすっかり入れ替えました。

エアコンなしでも薄ら寒いぐらいで、
とうとうチェンマイの時節も、
乾季と同音異義語で寒季の様相を呈してきました。

ワスとしては、このぐらいがすこぶる快調で、
身体にも精神にも非常に衛生的な気候です。

それでも、日中は、やはり30度前後になり、
そこそこ暑いのではありますが、

夕刻から明け方にかけては、
間違いなくワンランク冷え込んできました。

家人も子供たちも束の間の寒い時節を楽しみ、
長袖や厚めの服をオシャレに着込んで、

寒季の穏やかなちょっぴり寒いぐらいの気候に、
心なしか、喜んでいるようにも思えます。

チェンマイは、これから、12月、1月、2月と、、、
雨のほとんど降らないカラッとした、、、
一年で一番凌ぎやすく快適なシーズンを迎えることになります。

ワスとしても、電気代が大幅に助かります。

明け方、ワスが眠りにつく折、
小猿の体がちょっとした湯たんぽ代わりに、
ほのかにあったかくて、ちょうどいい毛布加減です。

平成18年、11月22日、チェンマイの夜、
ようやく、エアコンを切りました!




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。