2006年11月08日

バンコク激夜、5時間&30分の邂逅!?




11月7日、FD3237便
チェンマイ発バンコク行き、、、
22:15発
予定が、遅れ気味にずれ込み、

スワンナプーム空港を出るのは、
日付が変わって、0時を回っています、、、

ほとんど、頭は逝きっ放し!

若旦那や大御所様とのタチレク行きを、
直前になってドタキャンしたほどの、
突然のバンコク行き、、、

各格安航空券の手配がままならず、
このようなとんでもない時間に飛ぶことになり、
またとんでもない時間に戻ってくることになりました。

もう今回は時間との勝負なので、
迷わずタクシー乗り場に一直線、、、

事前に、頼りになる無料情報誌DACOの203号

<こんにちはスワンナプーム新国際空港>

を縦横無尽に読み込んでおき、

1Fでのサービスチャージ(50B)、
が掛かるタクシー乗り場はハナッカラ無視し、
一路4Fの随時到着する流しのタクシーをゲット、、、

高速代を入れても200Bちょっとで、
目指すフアランポーン駅前のCホテルに30分ほどで到着。

事前に入念に携帯電話でコンタクトを取り合っていた、
TMさんと真夜中の密会、7025号室、、、

<ノック、、、>


その刹那、軽やかな返事と共に、ドアが開きます。

<固い握手、、、>

格闘家を髣髴させるような精悍な体つき、
今風の洒落たダンディーな髪型&ファッション、、、

<年齢よりはるかに若い!!?!>

スカイプなどでは夜通し話したこともある、、、
あの憧れのTMさんと初ご対面、、、

<とにかくもう時間がありません、、、>


事前にスカイプのTV受像でご尊顔を拝見していたとはいえ、
実物のTMさんは、無駄のない身のこなしで、
頭が切れる人、、、というのを間近で非常に実感しました。

TMさんは、ハードにも、
午前5時半にはチェックアウトして、
日本に帰られます、、、

ご一緒できるのは、僅かに数時間、、、

ここに至る成り行きは、
今更、ツラツラと語れません、、、!

とにかく、<迷ったらGO!!!>で、
バンコクに飛んできました。



2時間弱でミッションは、終わります。



その当日は非常に忙しく、着の身着の儘で、
スカモ、サンダル履きでやってきていました。

ソステ、MTさんの部屋で、熱い湯舟に浸かり、
普通は一日に二度バスタブに入るところ、
ふとこの日初めてシャワーを浴びたことを知ります。

その後、二人で、駅前の屋台でビールと夜食、、、

そのまま、朝5時にホテルのビュッフェを頂きます。

定刻通り、5時半にはHISのガイドさんが迎えにきて、
ワスもそのまま、バンに便乗させてもらいました。

<慌しい夜でした?!>

TMさんは、無事チェックインされ、機上の人に、、、

さて、ワスのチェンマイ行きの便は、12:50、、、

しっかりとまだ、5時間はあります。

まるで映画「ターミナル」で、
主人公のトム=ハンクス演じる異邦人が、
JFK国際空港を徘徊するように、

ワスも隅から隅まで、時間の許す限り、
スワンナプーム国際空港を探索しました。

* 2分で1バーツの立ちんぼインターネット。
* 非常に安価で出している2件のファミリーマート。
* 格安の料金で提供しているフードコーナー。



1Fから2F、3F、4F、、、と端から端まで往復しました。
一応、両サイドは、自分のよたった歩幅で698歩、、、

<これって一体、何mになるんでしょう?!?>


ソステ、今、午前11時、3Fのベストポジションを見つけ、
電気プラグを接続して、このブログを書いてます。

さらに大きなサプライズは、
今回、チェンマイで僅かに1日で泣く泣くお別れした、
あのLさんこと盟友マスター殿にこの空港で再会の運び、、、

偶然にもマスター殿の帰国便が10分と違わず、
思いがけず、スワンナプーム空港でのクロス!

<TMさんとの初邂逅5時間、、、>

<マスターとの再会30分間、、、>



FD3234便、バンコク発チェンマイ行き、、、
定刻を少し過ぎて出発、、、

激夜は明け、目に眩しい一日が、
連動した時間軸の中で、
オボロゲながら繋がっていきます!




この記事へのコメント
相変わらずものすごいスケジュールですね。
私なら途中で倒れてしまいそうです(笑)
Posted by アッサニー at 2006年11月08日 19:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。