2006年11月07日

夫婦で11年連続ローイグラトン!



仏暦2549年(西暦2006年)、、、
11月6日、、、
ローイグラトン最終日、、、



R氏こと大御所様と、ナイトバザール内にて
新しく移ったチェンモードの出店で待ち合わせ、、、

今年の厄を水に流し、新しい年への祈りを込めて、
ご一緒にローイグラトンと相成りました。

大御所様は、チェンマイにおける、
ローイグラトンのパレードやイベントを、
精力的に歩き、眺め、激写、激写、激写!

一方、ワスはというと、会社の都合で、
花博会場の道路沿いにある掘っ立て小屋を引き払い、

新しくナイトバザール内の、
アヌサーンマーケットに出店のため、
その準備や手続き&移設でテンヤワンヤ!



アヌサーンマーケットは、
シーフードレストランが軒を揃えているので有名です。

花博期間中、広く小造りのブースが提供され、
その一角を借り受けることになりました。

loykuraton2 007.jpg

花博近くのブースより、格段に人通りが多いのですが、
時間が午後6時から11時と非常に中途半端です。

事前にコンタクトを取っておりました、、、
汗ビッショリの大御所様と、午後10時過ぎ、
チェンモードブース前にて家人と共に合流、、、


ナイトバザール周辺は、依然パレードやイベントが続き、
最後の一花を咲かせるべく、賑やかさもピーク、、、


花火、、、

爆竹、、、

コームローイ、、、

チェンマイ美人、、、



目くるめく光と影の雑踏と喧騒の中、、、
ひたすら、ピン川沿いを歩く、歩く、歩く、、、

目指すはこういった儀式やタンブンで、
非常にご利益があることで有名なチャイモンコン寺、、、

そういえば、毎年、家族あるいは家人と二人で、

<けっこうローイグラトンをしているなあ、、、>

とふと思い、、、

道々、家人にいつ頃から一緒に、
「灯篭流し」をしているかと尋ねたところ、

何と仏暦2539年から毎年欠かさず、
夫婦でローイグラトンをどこかで流していると云う?!?

<恐れ入りました、、、>

少なくとも11年連続、、、

<まあ、夫婦円満ともいえるのでしょうか?!>




毎年、家人手作りのバナナの葉でこさえたグラトンに、
大御所様、家人、ソステ、ワスたちの爪や髪の毛を入れ、

ワスはなけなしの9バーツをちょこっと添え、、、

家族のこと、、、仕事のこと、、、
遠く広島に独りで暮らす年老いたお袋さんのこと、、、
大御所様、SL氏&L氏、、、



いろいろな人や事象が頭を去来しては、
静かに祈りに代えて、線香に火を灯し、、、
穏やかな気持ちで「心」を流していきました。

我々の祈りを込めたグラトンは、、、
暗闇の黒い水、面の上を緩やかに、
沈むことなく、灯が消えることなく、、、

どこまでもどこまでも流れていきます。

<後は、もう、心キレイサッパリ、、、>


体中の厄が洗い流されたような、、、
不可思議な清涼感がありました。

今年は、親愛なる大御所様をチェンマイにお迎えしまして、
仏暦2549年の「灯篭流し」はつつがなく幕を閉じました。


この記事へのコメント
タイフリーク様
11年とは本当に夫婦円満ですね!?
Posted by アッサニー at 2006年11月07日 15:44
☆会長、、、
夫婦円満さ?!では、、、
会長にはとても敵わないでございます!
Posted by タイフリーク at 2006年11月08日 21:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。