2006年10月08日

夜逃げスタイルで、チェンマイから「スワンナプーム空港」へ!?




「ピアノカラオケ」から帰り、
7日未明、、、ショボショボと、
ブログ、日記、コミュを書き込みするも、、、

文字が意味不明、、、本人の意識は行方不明、、、

スカス、この日は、朝から気合が入っておりました。

近くて遠かったPさんと、ソステMさんとの初邂逅、、、
ご一緒に、チェンマイ鮮魚ツアーへの運び(のはずでした)、、、

その後、バンコクに飛んで、
敬愛する親方様ことCPさんの大きなオフ会に参加、、、

さらに連続して、タニヤで同じくTさんのオフ会に、
雪崩れ込み参加予定、、、



それが、朝から微妙に歯車が狂ってきます。

まず、9時頃、急にオフィスから電話があり、
どうしてもオフィスに戻らなければいけなくなりました。

そのため、午前中の鮮魚ツアーの参加を断念、、、。

二転三転した結果の参加でもあり、
また、この日を人一倍楽しみにしていたので、
こういう形でのドタキャンは非常に残念でもありました。

そこで、急遽、待ち合わせのFコンドに車を走らせ、、、
同時に、電話にて、Pさんに事情をご説明し、、、

とにかく、ここまで来ましたら、是が非でも、
Pさん&Mさんのご尊顔を拝見したく念じました。

待ち合わせの10時半に、
いとしのPさんは現れました、、、

いや〜、事前に、電話で声を聴きました限りでは、
「サザエさん」のイメージがあったのですが、、、
Pさん、、、ごめんなさい!)

お若いステキなお嬢さんで、
逆に焦ってしまいました。

それでなくても、
ワスはこのムサ苦しいおっちゃんスタイルで、、、

徹夜明けのため、
両目がどうしても同時に開きません、、、、

続いて現れましたMさんが、
またステキにマダム然としておりまして、
スリムにお美しく、その立ち振る舞いが自然で魅力的、、、

ワスは、もう飛んだ頭の片隅にでも、
僅かに理性の破片が反応し、己の恥ずかしさの余り、
その場を急いで逃げ出したくなりました次第です。

<Pさん、Mさん、本当にその節はすみませんでした、、、
また、次の機会がございましたら、
是非、お誘い下さい、、、お願い致します!>


チェンマイ在住で非常に近くて非常に遠かったPさんと、
ご対面の儀が済み、次回は、チョンゲウ(乾杯)の儀
ソステ、モッゲウ(イッキ)の儀を約束してお別れしました。

さあ、それから、
もうノックエアのフライト時間2:55まで、

めぐるましく、慌しく、、、
時間があっという間に過ぎていきます。

直前になって、会社のKさんが、宣伝を兼ねて、
自分のロゴ「Thai Freak」を刺繍した、
黒の帽子を製作してくれ、それを被っていくことになりました。

もう、ほとんど、準備の余地もありません、、、

着の身着のまま、、、
パソコンと着替えを黒のカバン3つにぶち込んで、

チェンマイ空港に到着したのが、2:45、、、


もう、ギリチョンでアウト、、、
一時、ホントに観念しましたが、
かろうじて、ギリギリ、滑り込みセーフ、、、

<このとき、何か無性に胸騒ぎがして、
何か大切なものを???
忘れているような気がしてなりませんでした、、、>


座席に着いて、ようやく、何日かぶりに爆爆爆睡、、、
完全に全く意識をなくしていました。

気づいたら、90分以上が過ぎています。

通常、バンコクまでのフライトが1時間あまり、、、
4時には新国際空港に着いていなければいけないところが、、、
すでに4時半を回っております。

新バンコク国際空港

「スワンプーム」


いやになるぐらい、
とてつもなく広かった、、、

何人かのミクシーのマイミクさんにより、
事前に情報を頂いていたとはいえ、、、
勝手が全然わかりません、、、

punpui 001.jpg
新空港の広々とした空間

とにかく、出口を求めて、、、

<歩く、歩く、走る、歩く、、、>

punpui 004.jpg
延々と続く空港内の廊下

時間との勝負であったので、
荷物は何も預けず、機内持ち込みで、、、

3つのクソ重い黒カバンと黒サングラス、黒帽子の黒ずくめ、
まるで夜逃げのおっちゃんスタイルで担いで歩きます。

小一時間後、ようやく、出口に辿り着き、、、



今度は、
それから所定のバス乗り場がサッパリわかりません、、、

<そんなのケチらずに、タクシーで行けよ、、、>

もう一人の自分が叫びますが、
タクシーなんて贅沢はとてもできません。

「普通バス乗り場」に運んでくれるはずの、
無料の「シャトルバス」に乗り込む直前に、

「悪魔が来たりて、笛を吹く、、、!」

<SLY親爺殿より電話だ、、、!>

オヤピンは、一足先にバンコク入りしており、
アリーナで、Golf&Mikeのコンサートに突撃中、、、

オヤピンからも、
「タクシーで行けよ、、、」と云われながら、、、

しばらく、バスでの移動の様子を実況中継で電話リポート、、、

10分ばかり、無料シャトルバスに揺られ、
普通バス乗り場に到着、、、

オフ会会場は、スクンビット26、、、

目的の宿泊先は、いつものフアランポーン駅前の安宿、、、

バス係りの人に尋ねて、
どのコースを取れば、目的地に最短かを、、、
一応、チェック、、、

おおまかな筋書きとしましては、
BTSオンヌット駅まで出て、
アソークで地下鉄に乗り換え、フアランポーンへ、、、

<それにしても、荷物がクソ重い、、、>

そこで、一旦、荷物を置いて、そのままUターンする形で、
それでもオフ会には定刻で参加する予定ではいました。

スカス、、、この時点で、
もうすでに5時を大きく回っております。

途中、渋滞にぶつかり、、、
ますます時間が読めません、、、

<親方様のオフ会は6時半、、、スタート>

間に合うわけがありません、、、

参加予定のDMさんIさんと携帯でコンタクト、、、

そのうち、WさんFさんからも催促のコンタクト、、、

気が急いても、、、もうどうにもなりません、、、

そこで、突然、大切な物を忘れていることに気づきました。

今回のバンコク入りの大きな目的の一つ、、、、

新たなマイミクさんで、今回、一番近い、
ワスの1万番切り番の予想日時をブチ当てて頂きました、、、
Iさんに進呈するはずだった、、、

<永田玄著「チェンマイ満腹食堂」直筆サイン入り、、>

持参するのを、すっかり完璧にど忘れしていたのです。

<Iさ〜ん、ごめんなさ〜〜〜〜〜い!!>

(幸いにして、Iさんはその後、来チェンマイされるとの由で、
後日、お手渡しできますことを確認しました、、、<ホッ!>

さらには、ここで、何故か、
目元がスースー軽いことに気づきました。

<唖然!騒然!!愕然!!!>

超お気に入りの、
けっこういいお値段のするあの、、、
ワスのトレードマークの黒サングラスがありません、、、

<また、やっちゃいました、、、!>

バスの中で、お座敷を広げるように、
カバンの中身をくまなく探しますが、
出てきません、、、

<そりゃあ〜、そうでしょう、、、
ずっとこの目にかけていたはずなのですから、、、>


オンヌット駅に着いたのが、もう6時半を回っております。

もうタイムリミット、、、

宿にチェックインして、
荷物を預ける時間がありません、、、

覚悟を決めました、、、

途中のプロンポン駅で下車して、
そのまま、見苦しい格好でオフ会に参加することを、、、

オンヌット駅の屋台の店で
急遽、適当な黒サングラスを199Bで求めます。


<だから、云っただろう、、、
最初から、タクシーで行ってたら、
こんな出費もなかったのに、、、>


もう一人の自分が、耳元でガンガンと叫びます!

タクシーで新空港からフアランポーン駅まで、
せいぜい200Bあまりでしょうか?

<実際のワスの出費、、、>
新空港→バス停:無料シャトルバス!
→オンヌット駅:35バーツ
→プロンポン駅:20バーツ
黒サングラス:199バーツ


余計に高くつきました、、、!

<それよりも何よりも、ワスの分身でもあった、、、
あのUVカットの骨太黒サングラスがまさしく痛い!!!>


プロンポン駅までわずかに十数分、、、

クソ重い夜逃げ同然のスタイルで、
そのまま、オフ会会場であります、、、
日本料理店Tにバイタク(10B)で向かいます、、、

その夜は、魑魅魍魎、、、
怒涛の疾風が吹き荒ぶ中、
さらなる嵐の中へと巻き込まれていきます!

→ 続く!


この記事へのコメント
続きを楽しみにしています!!
でも大体、想像はつきますが!?(笑)
Posted by アッサニー at 2006年10月08日 18:58
す、すさまじぃ〜・・・。
Posted by Akko at 2006年10月09日 06:04
☆会長、、、
ご想像の通りです。
けっこう、落ち込んでおります。
ソステ、もう笑って誤魔化すしかありません。
チェンマイでお会いしました時にでも、、、

★Akko様、、、
いえ、何もございません、、、
(あらまあ、、、もう遅すぎますね!)
Posted by タイフリーク at 2006年10月12日 14:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。