2006年09月22日

ナットミリヤを間近に観て、聴いて、、、



時間軸を、19日に戻します。

SLYの親爺殿はわざわざレンタカーを借りられ、、
会場でありますアメリカ大使館近くの、
「コンラットホテル」に少々遅れて着きます。

某有名保険会社の60周年記念の、
ゲストとして、
かのナットミリヤさんが招かれていたのです。

ナットミリヤといえば、

オシドリ夫婦ともてはやされ祝福されていた、
タオ・ソムチャーイと4月20日に離婚したばかり、、、

いわゆる日本でいえば、
「松田聖子」に匹敵するタイポップス界のスーパースター、、、

正式には、、、

NAT MYRIA BENEDETTI
(ナットミリア・ベネデッティー) 
 

誕生日は、1975年2月6日(水瓶座)


生で観ました、聴きました、堪能しました、、、

2ショットで写真撮りました、、、

当社製作のオリジナルタイシルクハットを直接手渡しました。

VCDのジャケットにサインを頂きました。

沁みました、、、



その後、その模様を撮った、
デジタルカメラが盗・ま・れ・ま・し・た。

<泣きました、、、エ〜ン、エ〜ンもうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)


スカス、SLYの親爺殿が同情して下さり、
そのいくつかの写真を頂きました、、、

<オヤピン、どうもありがとうございます!>

同じく、そのお心尽くしに、、、

また、泣きました、、、もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)(泣いてばかり!)


40分ほど、ナットミリヤさんの歌を、

手を伸ばせば届くような、真ん前の真ん前、、、
会場内のベストポジションで、
しっかりと見惚れ聞き惚れました、、、

<確かに、美しか女性です!>

SLY親分は、ポツリと、、、

「これで二人の結婚に何の支障もなくなった、、、、」

とほざかれておりますが、、、

一皮剥けて、いいオンナがさらに磨きのかかった、
妖艶なレディーの姿がありました。

その後、SLYのオヤピンの後ろに、
小判鮫のようについていき、

まさに控え室で待機していたところ、
運良く、オヤピンの口利きで、、、

ナットミリヤさんと直に遭遇し、
感激の握手、、、

Nat-san 084.jpg
ナットミリヤネーム入りの100%タイシルク帽子

うちの帽子も喜んで受け取って下さり、、、

遠くバンコクまでやってきた甲斐もあったというものです。

Nat-san 087.jpg
ナットミリヤさんと身近に接し、、、

まずは、第一ミッション完了、、、

Nat-san 083.jpg
<VCDジャケットにサインを頂きます!>

その60周年記念式典は、、、
莫大な費用が投じられておりましたようで、、、

会場の広間3室がぶち抜きで、、、
ディナー形式で食べ放題、飲み放題、、、

その日バンコクで一番活きのいいマグロやトロなどの寿司が、
ズラ〜と並んでいたようです、、、、が、

ワスラはナットミリヤさんの方に忙しく、
それをつまむチャンスを逸したのが、
唯一心残りといえば心残りです。

ただ、手渡されるままに、
冷えたビールとワインを交互に試飲、、、

それはそれは、至福の一時でございました。

ソステ、この後、
マイミクのFさんのハッピーバースデーで、
有難くタニヤデビューを飾らせて頂きました。

その密室にて、

タイクーデター、、、

戒厳令の夜を迎えることになるのですが、

この日の、ナットミリヤさんとの邂逅は、
一生、瞼の裏に焼きついて離れないことでしょう。

振り返っていみれば、、、
19日の夜は、本当に凄まじいまでの密度の濃さと、
誠に波乱に富んだ一日でございました、、、!


この記事へのコメント
先生!毎日ハードですなぁ〜。
お体にお気をつけあそばせ。
楽しいことばかりだからいいかぁ〜。
Posted by プンプ〜イ at 2006年09月22日 12:52
☆親方様、、、

いえいえ、いろいろと大変なのでございます。
日々、反省の毎日です!
Posted by タイフリーク at 2006年09月25日 07:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

デジタルカメラプリント
Excerpt: デジタルカメラで撮影した画像等を選択し、プリント注文できます.お店で写真を注文するのとおなじように、インターネットで簡単に注文できます.家にいながらにして、お好みの画像を気軽に印刷できます.オンライン..
Weblog: 旅行情報 Gメン
Tracked: 2006-09-22 19:17
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。