2006年08月29日

<後編>第98回N杯ゴルフコンペ、その顛末は?!



前半で、すっかり気落ちしたとはいえ、、、
ゴルフは下駄を履くまでわかりません、、、

アウト9Hの結果が52と最悪ながら、、、
後半、9オーバー前後、、、45ぐらいで上がれば、
グロス97は、ネットで73、、、、

まだ、全く優勝の可能性がないわけでもないのです、、、

一縷の望みに賭け、
後半、インスタートに全力を尽くします。


*10番H,パー4、、、

こんな自分が歯がゆくて、、、
ティーショットを目一杯引っぱたく。
何とかフェアウエーをキープ。

残り、約190Y
頼みの5番ウッドを渾身の力で振り抜くと、
真っ直ぐ、ピンそば1.5mにつきました。

いつもならビビッテ、絶対入りません、、、

ついには目を瞑って、祈るような気持ちでパット。
わずか最後の一ころがりで、ギリギリカップイン。
文句なし、会心の2オン1パット、、、

<バーディー>

でした。

そうなるとおかしなもので、

この日、奇しくもこのメンバーで、

初めてのオナー、、

奇跡は続きます。

* 11番Hパー5、

*12番パー3と、、、

人が違ったように、

<連続してパー、、、>

まるでシングルプレーヤーそのものです。
(自分で褒めてどうする?!)

後半3ホールを終わった時点で、
1アンダーなんて、
今の自分では、絶対に考えられません。

まさに一瞬の「神風」のようでした。

スカス、悲劇の序曲は、
すぐ、この後やってきます、、、




* 13番Hパー4、、、

1mのボギーパットを、わずか5cmの差で外しダボ、、、

<これが悲劇の前兆だったのでしょうか、、、
ウソでも入っていればその後の展開は???>


でもまだまだ大丈夫、、、
全体でもわずかに1オーバー、、
自分の心を落ち着かせます!

スカス、ゴルフは、

「一寸先が闇(あるいは光?!)」


*14番Hパー4、、、

2打目をミスり、それでも何とか3オンで、
別になんてことない普通の10mのパット、、、

ファーストパットをチビリ、
セカンドパットが1mオーバー。
返しも外し、何と、何と、

<4パットのトリプルボギー、、、>

<オ〜マイガッド?!>

<痛い、熱い、キツイ、シビレル!>



*次の15番H池超えパー4、、、

これがさらに悲惨、、、

ティーショットを右に曲げ林にぶち込み、、、
無理に樹の間を狙ったショットがキンコンカン、、、
で、となりのフェアウェーへ、、、

(まさに、ど素人、笑っちゃいます!)

さらに前の樹をアイアンで越せず、チョロ2発、、、

結局、全く池に落ちることなく、
それでもようやく7オン1パット、、、

<出たゾー、、、ダプルパーだ、、、>

同伴競技者の方もきっと呆れていたことでしょう、、、

後半、、、最初の3ホールが1アンダー、、、
中盤の3ホールだけで、9オーバー、、、
6ホール終わって小計、8オーバー、、、


出鱈目なゴルフです。
こんなゴルフもう無茶苦茶です。

*残り3ホール16番H197Yパー3、、、

ティーショットチョロで、ここもダボ、、、

* 17番Hパー4、、、、

決して容易ではないホールながら、ウソみたいに、、
今日一の見事なティーショットとアプローチが決まり、
一人だけ、ここにきて幸運にもパーを拾います。

<それにしてもアップダウンのひどいゴルフです!>


*ソステ、迎えた最終18番Hパー5、、、

優勝の目は諦めたけれど、、、
最後まで頑張る決意で、、、
ティーショット、セカンドと、まあまあ、、、

残り125Y,,,
グリーンに乗れば、文句なし、絶好のパーチャンス、、、
あるいは夢よ、もう一度の、バーディーだって、、、?!

普通は、8番アイアンあたりを使いたいところ、
自信がないので、2番手あげて6番アイアンを手にします。


気合と祈りを込めて振り抜くと、、、何と、、、

真横右にどシャンク、、、

<信じられない、、、池ポチャ、、、>

ワスって一体何年ゴルフをやっているんでしょう???

どうしてもアイアン恐怖症が抜けません、、、

<最後の希望の一葉も散りました、、、>

結局、最終ホールもダボで、、、

終わってみれば、

アウト:52、イン:48、
グロス:100、ネット:76、、、
(バーディー1、パー4)


驚きましたのは、
歯軋りしましたのは、
ここからです。

最後のスコアチェックで、、、、

後半少し崩れた同伴競技者のOさんが、
(4バーディー8パーというプロ並みの荒業)

ネット74、、、で優勝、、、

2位がネット75でKさん、、、


76が4人いて、ハンディの関係でワスは、

<第5位、、、>

この結果はマジに、熱かったですよ、、、

優勝の目は全然ないと思いながら、
たったわずかに2打差、、、

3打縮めていれば優勝の2文字、、、!!


<あの6番Hでの無意味なチョロ池がなければ、、、

何だったんだろう、、、あの4パット、、、

林の中で我を忘れて力んだ自滅のダプルパー、、

最終Hグリーン目前に右シャンクで池ポチャは、>



この中で、どれか1つでも2つでも、
普通にプレーできていれば、
3打ぐらいはいくらでも改善できたはず、、、

スカス、スカス、、、

ゴルフに、

「タラレバ、、、」

(ワスの好きなレバニラではありません、、、)

は、絶対、禁物、ご法度、言い訳無用、、、!!!

要は自分の実力が伴っていないことを自覚するのみ、、、

第98回N杯の屈辱をバネに、、、

次回、記念すべき、

第99回
あるいは第100回N杯において、

必ずやリベンジを誓うものである。

(でも、本当に悔しかったなあ〜)

押忍!!



この記事へのコメント
本当に惜しかったですね!勝負は下駄を履くまでわかりませんね!!来月も「ウマ」の頭は貴殿ですので、次回は稼がしてください!!
Posted by デコイ at 2006年08月29日 11:42
>>デコイ先生、、、

何をおっしゃいます、、、
自分はよく知っておりますよ、、、。

次回は、あなた様が真剣に、
勝ちに出てこられますことを、、、

できましたら、二人で、
1位、2位を取り、
馬を取りにいきたいですね!

1位は、、、う〜ん、、、
さて、どっち???
Posted by タイフリーク at 2006年08月30日 07:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。