2006年08月28日

<前編>第98回N杯ゴルフコンペ、その顛末は?!


ワスが、チェンマイで再度、
ゴルフに燃えるきっかけになりました,,,

[N杯コンペ!]


毎月、最終日曜日に行われます。

今回で、積み重ねること実に98回目、、、

ワスは、一昨年の8月ぐらいより参加しております。
たぶん、第75,6回目ぐらいからだったでしょうか。

余程のことがない限り、グリーンバレーゴルフ場で、
チェンマイの親しいゴルフ好きが集まり、
プレーを楽しみ、その後の会食に酔いしれます。

A 021.jpg
チェンマイホームグラウンドGVゴルフ場!

昨年、ワスは、1月、2月、10月と、
年間で3回も優勝しており、11月以降、
ハンディが11に設定されておりました。

確かに調子のいい頃は、
85前後でラウンドできていましたが、
今では、100が切れるか否か、、、

これは、自分には過ぎた数字であり、
実際のハンディーは20〜25がいいところです。

事実、その後、極度の長〜いスランプに陥り、
いまだに復調の兆しは見えません。

昨年の12月と今年の1月と連続して、
大会自体の中止などがあったり、、、

渡米の時期とぶつかり、
個人的にはその他2度ばかり欠場しましたが、、、
それ以外は、必ず出場しています。

ただ出場した今年の2月、3月、4月、7月の結果は、

<三度のブービー賞と一度のブービーメーカー、、、>

平たくいえば、参加したコンペで、、、
1回ドベと3回ケツから2番目という、
これ以上ない屈辱と情けないことこのうえなし、、、

スカモ、新ハンディは、
4回新たに参加しないと変更されません。

その後のその状況を加味され考慮され計算されます。

本番で100すら切れないワスのハンディは、
この4回を経て、

11のハンディが一気に24になって、

「第98回N杯コンペ」

に臨むことになりました。




8月27日、日曜日、、、うす曇り、、、

参加者は、一人急遽欠場で、計15名、、、

4、4、4、3、の4パーティー。

ワスは3組目で、同伴競技者は、

豪快なショットのW氏
いぶし銀のA氏
ソステ、今、チェンマイで一番上手いかもしれないO氏

正直、告白します、、、

ワスはこの日、

<優勝>

の一本のみ、狙いにいってました。

だいたいいつもの優勝ラインは、
ネット(実際のスコアからハンディ分を引いた数字)で、

72〜75、、、

ワスとすれば、96から99ぐらいで上がってくれば、
十分に届く数字の範疇ではあります、、、

内心、忸怩たるものがありましたが、
密かに告白すれば、
間違いなく優勝の2文字を目標に掲げていました。



*出だしで注意を要する1番Hパー5、、、

これをボギーで切り抜けました。

2番Hでアプローチをミスり、痛いダボ、、、

*スカス、3番Hパー3で、寄席が決まりこの日初パー、、、

滑り出しは上々、、、ボギーペースの90だと、
ネット66で、ほぼブッチギリの優勝になります。

4番Hイヤな感じの右ドッグレッグ池ありのパー4、、、
ここも何とかボギーで切り抜ける。

*ヤバイ予兆は、5番Hパー5にあった。

ティーショット、セカンドとも完璧、、、
残り80Y、、、
どうしたってここまできたらパーがほしいところ、、、

ここで最近のお約束のピッチングのダフリで、
結局5オン2パットのダボにしてしまう、、、

でも5H終わって、何とか我慢の7オーバー、、、

<まだまだ挽回のチャンスはいくらでもある、、、
あきらめちゃ、、、いけない、、、>


* それが6番Hパー3、ただの池超え、140Y、、、

普通ならズルして、得意の5番ウッドで調整して打つところを、
とにかく池を越せばいい、、、と妙な色気を出し、
苦手なアイアンをついつい、ミエで握ってしまう、、、

<これがとんだ間違いだった、、、>

6番アイアンを一閃、、、
無情にもすぐ目の前の70Y先の池右にポチャリ、、、

気落ちしたのか、その後も寄らず上らずで、
スカモこの日初めての3パット、、、、

<パー3で、、、ナナ〜、、、>

残りお三方はさすがで、いずれもパー

<わしゃ〜、一体なんなの、、、
情けないったりゃ〜、ありゃしない。>




***その後は、惰性のような感じで、
緊張の糸が切れたように、

7番、8番、9番と3連続してダボを叩きました。

アウト9ホール上がってみれば、
またもや最悪の52、、、
パー僅かに1個。

すごいのは、文句なしO氏、、、

鬼神のごとく、
8番ホールまで3バーディーを含むノーミス、、、。

残念ながら、惜しくも9番で池に落とし痛恨のダボ、、、

それでも1アンダーの35ですから、
ゴルフのレベルが根本的に違います!

後のお二方も自分よりはるかにいいのは当然至極!

スカス、後半は、一瞬の神風が吹いて、
とんでもない奇跡が起きました、、、

一時、全く先の見えない展開になっていきます、、、。


→<後編>に続く!



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。