2006年08月16日

第1回ミクシーMBT杯ゴルフ in 「チェンマイランプーン」



今回、マイミクのBさん、Mさんの来チェンマイに際して、
Mさん、Bさんと個別にゴルフを楽しみましたが、
3人が一緒に顔を合わせた事はまだありませんでした。

Mさんとの日本からのコンタクトで、
8月13日と14日を、
チェンマイでのゴルフ初顔合わせ決戦日と予定、、、。

事前に場所の選定とコース予約等は、
すべてワスに一任されておりました。

残念ながら、13日は日曜日、、、
14日も「母の日」の振り替え休日扱いで、
どこのコースも値段がチト高い、、、

ワスのホームグラウンドであるGVでならば、
全く問題ないのであるが、、、

今回は、ちょっと込み入ったことがあり、
3人でご一緒にプレーするにあたって、
GVだけは避けねばならない事情がありました、、、

いろいろ検討しました結果、

13日は、新興の「チェンマイハイランド」=CH
14日は、老舗の「チェンマイランプーン」=CL


を予約させて頂きました。

どちらも休日料金なので、ゲスト扱いではなく、
飛び込みでいきますと軽く2000Bを越えます。

直前の直前まで大いに悩みに悩み考えましたが、
13日の「チェンマイハイランド」の方は、
結局、断腸の想いでワスは辞退させて頂きました、、、

13日当日は、MさんとBさんはお二人で、
何と2ラウンドをこなされたそうです。

Bさんにとっても、
1日2ラウンドは初めての体験だったらしく、
顔から頭のてっぺんまで、すっかり赤く日焼けしてました。

もういろいろなハプニングやエピソードがあったそうですが、
それはそれは、楽しくもおかしい、
二人での初顔合わせゴルフだったようです。

14日に関しては、一つの段取りをしておりました。

バンコク在住のタイ人の友人Pさんにコンタクトを取り、
Pさんの威光をもって、
「CL」で格安にプレーするという算段です。

Pさんの奥さんのお父上様が、何と、何と、
「CLゴルフ」場のオーナーなのです。

→「不思議なご縁、チェンマイランプーンG&117」

Pさんは、仕事で、15日に来チェンマイするところ、
お願いして一日早く繰り上げて下さり、
バンコクから朝一の飛行機でチェンマイ入り、、、。

結果、休日通常2000B以上プレーフィーがかかるところ、
キャディーフィーを入れて700Bに落ち着いたのです。

CLwithB 001.jpg
チェンマイランプーンゴルフクラブ


<Pさんに、感謝、感謝、感謝!!!>

ソステ、Mさん、Bさん、ワスの3人が初顔合わせの

第1回MBTミクシー杯(仮)

が、「CLゴルフ」場にて開催されました。




晴れ男のBさんのおかげで、
この日も雨に晒されることなく、
ちょっと遅めで10時ティーオフ、、、

1番Hパー5、500Y
左ドッグレッグで、斜面を上がるトリッキーなコース。

Mプロはきっちり初パーセーブ、、、
BさんもPさんもボギーで上がり、
ワス一人が3パットでダボスタート、、、

<非常に悪い予感が走る、、、>

2番Hパー4、、、Pさんのダボ以外、MBT3者ボギー、、、

悲劇は早くも3番Hパー3でやってきました、、、

3番Hパー3、177Y、、、
Mプロはしっかりとパーセーブ、、、
Bさんはちょっとこけましてダボと後退、、、

ソステ、ワスはというと好調の5番ウッドが、
ショットは最高ながら、わずかに左にそれて、

2連続のOB、、、

完全に気落ちしたワスは7オン2パットの、、、
何と何と

トリプルパー、、、9、、、

ここ最近、Bさんのおかげで、
毎日わずかではありますが眠りにも就き、
体は、好調のはずが、、、逆に空回り、、、

3ホールを終わってすでに9オーバー、、、

こうなったらハーフ50など切れる道理などありません、、、

スカス、スカス、、、

ここからの自分がこれまでの自分と違ってました。

* *4番パー5、5番パー3の際どいコースで、
開き直りの連続パー

逆に、巧手のPさんが4番Hで10の大叩き、、、
Mプロもまさかのトリプル、、、
Bさんもダボで、今ひとつ調子に乗れないよう、、、

6番Hパー4で、Pさんがこの日、初パー、、、

*続く7番Hパー4のトリッキーなコースで、
Mプロはちょっと調子が出ず、我慢のボギー、、、
ここで、Bさん、Pさんが痛恨のWパー、、、

ワスはというと、、、
この日3つ目の超ラッキーなパーを拾い、
完全に息を吹き返しました。

8番Hパー4は、
Pさんがトリプルを叩き自滅していく中で、
MBTは、ボギーで切り抜けます、、、

アウト最終9番ホール、、、
最後にいや〜な池越えが待ってます、、、

ワスは、3番Hの悪夢のトリプルパーを経ながらも、
ここまで、盛り返して12オーバー、、、

ここをボギーで切り抜ければ、待望の40台、、、

ティーショットは最高、、、
2打目もうまく池を越えるがアプローチをチョロし、
胸が痛い3mを残した4オン、、、

これが見事にワンパットで決まり、
13オーバーのギリギリ49、、、

このホール、Mプロは2打目を池に落とし、ダボ、
アウトの結果は、、、

M:45、B:52、T:49、P:54


難しい「チェンマイランプーン」のコースで、
スランプ中のワスは、自分なりによく健闘した方です。

後半は、4者とも、波がありながらも、
調子が上向きになってきます。

イン10番Hパー4、、、

Mプロが早速のパー

でも今度はMプロに落とし穴が待っています。。。

11番Hパー3、200Y,,,
Mプロらしくないチョロミスやトラブルがあり、
Wパーの6、、、

ここで、Bさんがこの日初めてのパーで、
ワスも1オン2パットできっちりパーセーブ。

* 12番H、パー4は、
Mプロがボギー以外は、他3名ダボ以下に沈む、、、

* 続く13番Hパー5、544Yのロングホールは、
Mプロが意地を見せ、キッチリ、パーを死守。
残り3名もしぶとくボギーをキープ。

13番ホールを終わった時点で、、、後半は、、、

ワスとMプロが4オーバー、、、、
BさんとPさんが6オーバー、、、


となかなか手に汗握る試合展開になってきました。

これ以降は、一進一退が続きます。

14番Hパー4で、Bさんが痛いトリプルボギー、、、

CLwithB 024.jpg
15番H池越えのパー3

*続く15番Hパー3で、Bさんは集中力が切れたのか、
ガス欠なのか、、、7を計上してしまいます、、

やはり、前日の「ハイランド」2ラウンドが、
効いているのでしょうか?

ここからが、上がり3ホールの大事な場面、、、

ワスは15番を終わって、
前半よりははるかいにいい7オーバー、、、

Mプロは、6オーバー、、、
Bさんは、ちょっと痛い12オーバー、、、
Pさんも我慢のゴルフで10オーバー、、、

CLwithB 025.jpg
16番Hパー4

16番H、比較的短いパー4で、
ワスとMプロが揃ってダボ、、、

一方、BさんとPさんが見事にパーを奪取、、、

CLwithB 026.jpg
17番Hパー4

* 17番Hパー4は、逆にワスがパーを取り、
ボギーのMプロとこの時点で、
9オーバーで並ぶことになる、、、

CLwithB 027.jpg
最終18番Hパー5

* 最終18番Hパー5、500Yは、

Mプロがボギー、
Bさんがダボ、Pさんがトリプル、、、

ワスは、何とか4オン7mにつけながら、
ファーストパットが1mのオーバー、、、
これを、きっちり?!と外し、、、

3パットのダボで、、、後半は口惜しい47、、、
後半に限ってもMプロに1打届かず、、、
Mプロの背中はやはり広いですがまたも実に遠かった、、、

最終結果は、、、

M:アウト45 + イン46 =  91→パーX4
B:アウト52 + イン51 = 103→パーX2
T:アウト49 + イン47 =  96→パーX5

P:アウト54 + イン51 = 105→パーX2


と、なかなかの好勝負を展開しました、、、

CLwithB 030.jpg
今回のCLプレーでの立役者愛すべきPさん

本当なら、この日で、
今回でのチェンマイでのMBTマッチは、
終焉するはずでした、、、

それが、ひょんなことから、、、
Bさんがチェンマイを発ち、日本の帰途につかれる最終日、

15日(終戦記念日)決戦

が待っていたのです???



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。