2006年08月14日

マイミクさん二人目のGVゴルフで2ラウンド目は、、、??




超個性派BさんとのGV1日目の結果は、
ワスが101、Bさんが111で、
お互い100を切れずに悔しい思いをしました。

8月11日、、、
雪辱戦として臨んだ同じくGV2日目、、、
ワスとBさんの二人でノンビリとプレーできました。

午前7時半、イン10番ホールスタート

GVwithB 015.jpg
10番Hパー4

10番Hパー4の比較的イージーホール、、、
ワスはいきなりのドタフリ、チョロでトリプルボギー。
対するBさんは、手堅くボギー、、、

GVwithB 016.jpg
11番Hパー5

* 続く11番Hパー5は、
Bさんの300Yドライバーショットが炸裂しましたが、
結果は、お互いボギー、、、

GVwithB 019.jpg
12番Hパー3

*悲劇は早くも12番Hパー3でワスに襲ってきました。



Bさんもダボでよくはないのですが、
ワスは何と5連続チョロで、
6オン1パットのダプルパー+1の7、、、

これには、泣きました、、、もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)

3ホールを終わって、
Bさんの4オーバーに対して、
ワスは、すでに8オーバー、、、

普通ならこの辺りで勝負はついてますが、、、
ゴルフは下駄を履くまでわかりません、、、

GVwithB 020.jpg
13番Hパー4

* GV名物ハンディキャップ1の魔の13番Hパー4、、、
ワスはティーショットとセカンドが冴えるが、
アプローチがチョロ、、、

スカス、残り20Y外からチップインの奇跡的パー、、

対するBさんの方に今度は悲劇が襲います。
池ポチャ、バンカー、アプローチ寄らず、3パットで、
ダブルパー+1の、、、9の大叩き。

GVwithB 021.jpg
14番Hパー4

14番Hパー4は、お互いボギーをキープ。

GVwithB 022.jpg
15番Hパー4

15番Hパー4も仲良くミスを繰り返し、お互いダボ。

GVwithB 023.jpg
16番Hパー3

16番Hパー3、210Yは、
Bさんが見事に1オン2パットの絵に書いたようなパー

ワスもティーショットは大きくショートしたのにも関わらず、
アプローチが決まって、同じくパーを拾う。

この時点で、ワスは盛り返して11オーバー、、、
対するBさんは、13番Hが響いて、12オーバー、、
と二人は接戦でいい勝負を展開中、、、

GVwithB 024.jpg
17番Hパー4

17番Hパー4で、お互い2オン、、、
ワスはここでその日初めての3パットで痛恨のボギー。
対するBさんは、きっちりパーを決める。

勝負は俄然面白くなってきました。

イン最終18番Hを残し、
お互い奇しくも12オーバーで並んだのです、、、

GVwithB 025.jpg
18番Hパー5

18番Hパー5、、、

ワスはティーショットセカンドとも完璧で、残り100Y、、、
これをミスり、4オン1パットのかろうじてのボギー、、、

一方、Bさんは、池ポチャとバンカーが絡み、痛恨のダボ、、、

インの結果は一打差で、
ワスが49、Bさんが50でハーフを折り返します。

振り返れば、インの9ホール、ワスは14パットに対し、
Bさんは20パットを要しています。

豪快な300Yショットを随所にみせながら、
勿体無いパットの不調さがありました。

GVwithB 027.jpg
1番Hパー5

* 気分を変えて、アウト1番Hパー5、540Y、、、

お互いミスが絡み、ダボの7スタート、、、

GVwithB 029.jpg
2番Hパー4

2番Hパー4、ワスのボギーに対し、
Bさんは、しぶとくロングパットを決めパー

GVwithB 030.jpg
3番Hパー3

3番Hパー3は、
自分がラッキーのボギーを拾ったのに対し、

Bさんは、きっちり1オンしながら、
痛恨の3パットでボギー。

ここがちょっとした運命の別れ道だったかもしれません。

GVwithB 031.jpg
4番Hパー4

4番Hパー4は、右側に大きく池がせり出した、
実にいやらしくてトリッキーなレイアウトになってます。

ワスは、4オンでラッキーな1パットでボギー、、、

一方、Bさんは、池ポチャ、バンカーが絡み、
痛恨のダブルパーの8、、、

GVwithB 032.jpg
5番Hパー5

* スカス、5番Hパー5で、
Bさんの怒りの300Yショットまたもや炸裂、、、

ワスのボギーに対し、パーを引き戻します。

GVwithB 033.jpg
6番Hパー3

6番Hパー3は、お互いしぶとくボギーセーブ、、、

残り3ホールを前にして、
ワスはわずかに7オーバー
Bさんも8オーバーで本当に一進一退の好勝負、、、

前半と違って、両者とも厳しいゴルフで、
スコア的にもまあままの調子、、、

まずは、どうあっても50切りは間違いないだろう、、、
と心の油断が忍び寄ります、、、

上がり3ホール、、、この詰めが非常に大切です。
これまでワスは、この上がり3ホールでいかに泣かされたか、、、

GVwithB 036.jpg
7番Hパー4

7番Hパー4、決してやさしくないコースですが、
両者譲らず、パーを取り合いっこする。
これで、このハーフ50切りは確信しました、、、

(、、、がそれが、お互い甘かったのです、、、)

これまでワスの1打リード、、、

落とし穴は次に待ってました、、、

GVwithB 037.jpg
8番Hパー4

8番H、長めのパー4、410Y、、、
やってしまいました、、、

ワスのティーショットはわずかに中央バンカーを超えられず、
目玉のごとく砂に埋没、、、
出すだけの後、リカバリーショットが無情にも左の池、、、

結果、屈辱のダプルパーの8、、、でトホホ、、、

Bさんも池にぶち込み、痛恨のトリプル、、、

最終9番Hを残し、この時点で、
両者、またもや11オーバーで並ぶ、、、

GVwithB 038.jpg
魔の9番Hパー4

アウト最終9番Hパー4、、、

何度も繰り返しますが、、、
ここはワスのワースト記録、、、
23オン3パットの26を叩いた魔のトラウマコース、、、

ワスのティーショットは、210Y程でラフ、、、
池越えでグリーンまで190Yあまり、、、
ワスは悔しいですが刻みました、、、

一方、Bさんもティーショット230Y程で、
果敢に池越えを狙い、目的は果たしますが、
左に大きくそれます。

結局、ワスの3打目はグリーンに乗らず、
4オン2パットのダボ、、、

残念なのが、Bさんで、アプローチをミスし、
同じく4オンながら、3パットでトリプル、、、

これで勝負ありました、、、

後半もワスは15パット、
Bさんが19パット、、、

結果は、ワスが13オーバーでこれまたかろうじて49、、、
一方のBさんは、14オーバーで惜しくも50、、、

イン&アウト合わせて、、、

ワス→ 49+49= 98
B氏→ 50+50=100


二人で実にいい勝負を展開しました、、、

この日、ワスがパー3つに対し、
Bさんの方はパーが5つ、、、
はっきり云ってBさんの方が役者が違います、、、。

実際、Bさんの潜在能力は計り知れないものがあり、

100を切る云々の低いレベルの話ではなく、
おそらくは、90を飛び越して、
早々と80を切ってくること間違いなしです。

自分もBさんのおかげで闘志に火がつき、
チェンマイで実にいいゴルフ相手が見つかりました、、、

Bさんは、カートに揺られながらも、
着替えを3回ぐらいなされ、
カートは即席の物干し竿に早変わり、、、

本当に底抜けに笑わされてしまいます。

次回は、いよいよ、
Mさんを交えてのリターンマッチ、、、

<シングルプレーヤーのMさん、、、>
<ド迫力のハクション大魔王Bさん、、、>
<不眠症&泥酔男&天然ボケのワス、、、>


三者初顔合わせのゴルフマッチは、、、
これ、、いかに???


この記事へのコメント
初めて訪問させて戴きました。
素晴らしいチェンマイの空ですね。
10番ホールからのスタート時の
芝を見ると朝靄のように見えます。
各ホール毎のチェンマイ空に心和み
鑑賞させて戴きました。
ありがとうございました。
Posted by TATA at 2006年08月15日 01:34
>>TATA様

初めまして、、、

こちらの方こそ、
ご丁寧にどうも恐れ入ります。

TATA様は、
タイにお住まいなのでしょうか?

この時期、チェンマイは天候が変わりやすいのですが、
幸いにして、ゴルフのプレーの間だけ、
うまい具合に雨に遭遇せず、
本当にラッキーでした、、、

またどうぞ宜しくお願い致します。
Posted by タイフリーク at 2006年08月18日 21:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。