2011年08月19日

「嗚呼、再びの陸の孤島@サンカンペン!?」



8月18日、、、

朝方、サンカンペンにある
チェンモードの工場の前の路地が、
再度、河べり状態になっていた。


ただ、水深が20cmぐらいで、
ギリギリ車で入っていけるようで、
工場の敷地内まで進んでいけないこともない。


翌日、秋冬物の最終出荷505pcsを控え、
この日、最後の追い込みに臨む。


同時に、訪マイ中のKさんご夫妻からのオーダー
帽子6種205pcsも、
翌日までに仕上げにかかる。


本来ならいつもギリギリまで、
配送の業者さんがピックアップに来る直前の直前まで、
作業納期に追われているところ、


今回、こんなことは初めてであるが、
秋冬物の梱包も、一日早く済み、
すでに大箱4つに納められ、出荷書類も整えられた。


Kさんの方も修繕を含めて、
急ぎ、全品仕上がり、
夕方6時前に直接お届けにあがる。


<嗚呼、、、ホッと一安心。。。>


次には、
9月1日の時節変わりで東武百貨店に納める分が、
大きなプレッシャーとなって残っている。


ただ、これまでの流れの中で、
順番に、それぞれ、残業や内職の形で、
かなりピッチをあげた結果、先の仕上がりもかなり早まった。


<嗚呼、DP、もう暫しお待ちを・・・>



スカス、、、


明けて、、、19日、日の出前。。。

街中やワスの住むハンドンはそうでもなかったけれど、
サンカンペンを強烈な雨が襲ったようだ。


工場近くに住む大カンチャナさんからコンタクトがあり、
工場が完全に水浸し状態になっているという???


唯一の男手であるターイ君も、朝の4時から工場に出て、
流れ出る水と格闘して、工場を守ってくれていた。


急ぎ、工場に向かう。

確かにスンゴイことになっていた。

車を工場からだいぶん離れた安全な場所に停車し、
腰まで浸かりながら、逆流に押し流されないように、

ソロリソロリと100m強の、
道というより河!?の中をつき進んでいく。


工場では、ほとんどのスタッフがすでに集まって、
防水作業にとりかかっていた。



濁流の勢いは衰えず、完全に床下浸水状態で、
急ぎ、ミシンや生地を全部高いところに移動させる。


去年も予期せぬ大きな洪水に一度襲われたけれど、
今日の規模は、まだ、それよりひどい。


電気は使えず、ネット回線もアウトで、
スタッフの皆も腰近くに浸かりながら、
歩いて工場までやってきて、水出しに作業にかかる。


今後の天候次第ではあるけれど、
これ以上、水かさが増えないと仮定して、
工場再稼動まで、2〜3日を要するだろうか???


さて、まさに不幸中の幸いだったのは、、、

一日早くKさんのオーダー分を前日に直接お届けし、
日本向けに梱包された大箱4箱も水に浸かる前に、
大カンさんの息子が車で、別宅まで移動してくれていた。


2011年度秋冬物の最終出荷も
19日中に、無事に発送できる見通し。


世界各地の異常気象に倣うべくでもなく、
ここチェンマイも、去年から今年のこの時期、
予期せぬ以上の雨量とそれに伴う洪水被害には、途方に暮れる。


どうしても自然には勝てないけれど、
何とか、早く、通常稼動に戻れるように、
スタッフ一同、力を合わせていきたい。


嗚呼。。。陸の孤島チェンモード・・・

嗚呼。。。洪水よ・・・洪水よ・・・


P1020826.JPG


P1020827.JPG


P1020828.JPG

P1020830.JPG



嗚呼・・・













この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。