2011年08月02日

「嗚呼、踏んだり、蹴ったり・・・!?」




雨が夜通し降っている。。。


昨日、サンカンペンの工場の前の路地は、
完全な湖!?状態で、車で進入することができず、

途中の安全地帯!?に駐車して、
覚悟を決め、ズボンを膝までまくりあげ、

100数十メートルをやっとの思いで、
工場という名の浮島!?まで歩き辿り着く。



11時、バンコクからの大事なお客様をお迎えに、
チェンマイ空港に向かおうとするも、、、
水嵩が増して、駐車した場所まで、歩くのが非常に困難。。。


周りを見れば、子供たちが果敢に水遊びを楽しみ、
海やプールで泳ぐような感覚で、はしゃぎまわっている。


嗚呼・・・


ふと何を思ったか、これは、写真にとるべ・・・と思い、
肩に掛けたポシェットバッグからカメラを取り出し、
カシャカシャやっていると、、、


嗚呼・・・


ズドンと穴場の深みはまり、すっころんで、
あろうことか、胸や頭まで浸かり、

首にかけていた携帯電話とデジカメも、
瞬間的に水に溺れてしまった。。。


嗚呼・・・


何とか、車まで行き、ズブ濡れ状態の身から、
元々汗まみれだった過去の脱ぎ捨てのシャツとズボンに着替え、
一路、空港へ。。。


非常に不細工で小汚い格好ながら、
何事もなかったように、お客さんをお迎えし、
チェンマイオーキッドにチェックイン。。。


カバンや人形、小物グッズのサンプルについて話し込み、
その後、バーンタワーイ近辺の人形関連の某工房にご案内。


この辺りから、何だか、ズキズキと頭痛に悩まされ、
喉の痛みが激しくなり、眩暈とたちくらみが何度も襲ってきた。


夕刻、お客さんをホテルにお送りして、工場に電話すると、
水は全く引く気配がないうえに、さらに、逃がし水のため、
上部の方から放流される予定があるという。


体中が無性にだるく、熱まで帯びてきて、
その後、夥しい下痢状態に襲われる。


洪水内歩行の折、ズコっと沈み込んだ際、
ドボっとマッ茶色の泥水を飲み込んだせいかもしれない。


嗚呼・・・



今日も工場前の水は引かない。。。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。