2006年07月25日

「ポッドキャスト」に初挑戦 in チェンマイ!




イヤ〜、驚いてしまいました。

自他共に認める、超機械オンチ、、、

そんな、自分が、あの、

「ポッドキャスト」

を初体験してしまいました。

たまたま、本業のアパレル関係で、
オーダーを頂きましたTシャツのデザインの件で、
懇意にしております某オフィスにお邪魔しましたところ、、、

成り行きで、何の理屈もわからないまま、、、、
いわゆる、「ポッドキャスティング」してしまったんですね〜!

このブログ上に、ワスの声が確かに記録され、
ブサイクな声が、インターネットを通じて、
確かに、しばし、流れました。

すんご〜い、カルチャーショックでした。

インターネットでこんなこともできるんですね、、、

感激屋のワスとしましては、
ただただ、驚き、おそれおののき、
しかる後に、ジワ〜っと感動が沁みてきた次第です。

そもそも、「ポッドキャスティング」なるものとは?



<ウィキペディアのフリー百科事典より>

「ポッドキャスティング」

は、米国アップルコンピュータ社のポータブルオーディオプレーヤーであるiPod(アイポッド)と、"放送"を意味するbroadcasting(ブロードキャスティング)を組み合わせた造語である。iPodなどの携帯プレイヤーに音声データファイルを保存して聴く事が可能な放送(配信)番組という意味合いから名付けられるものとなった。実際はMP3オーディオファイルが扱われるため、iPod以外にもMP3オーディオファイルを保存して再生できるあらゆるプレイヤーでこのポッドキャスティングを聴く事ができる。

ポッドキャスト(英表記:Podcast)は、ほぼ同義語であるが、ポッドキャスティングが英語上の現在分詞形で表現されているため、実際にそれを行うことを指し、ポッドキャストはそのもの自体を指すことが多い。ポッドキャスター(Podcaster)は、一般的にそのポッドキャストを放送(配信)している人物を指す。

名称の由来がiPodに関係しているため、ポッドキャスティングはiPodを使用しなければ聴く事が出来ないという誤解を招き易く、ビジネス的不公平感を排除しようとする意見もある。しかし、ポッドキャスティングはiPodが(かつてのウォークマンのように)一般名詞に近い状態になった段階においてアップルコンピュータ社外から派生した名称であることなどから、名称の代替は比較的少数意見にとどまっている。名称の代替案としてはブログキャスティング(blogcasting)などが挙げられる。

また、こうしたRSSを利用した配信はオーディオのみに留まらず、ビデオ配信も容易に可能にする。これらはビデオ・ポッドキャストやビデオキャスティング、もしくはVodcasting、Vlogなどと呼ばれている。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「ポッドキャスト」という言葉については、、、

これまで、かろうじて、耳にしていたことはあったけれど、
その実、内容については、
ほとんど知識を持ち合わせておりませんでした。

この<seesaa>ブログ上で、、、

「ポッドキャスト初挑戦」と題して、

簡単にコメントを打ち込み、

自分の声を吹き込みました、、、

これが、また、実に妙な感覚で、
マイクを前にすると、
全く、話せなくなるんです。

確か、こんなことを云ってたと思います。


<こんにちは、、、
タイフリークです、、、

ポム・チュー・タイフリーク・ナ・クラッ(プ)、、、
エー、、、%&&((())&%$#”=#$、、、>


子供じゃあ〜ないんだから、、、
もうちょっと、何とか云いようがあるでしょうに、、、

それを、ブログ上に貼り付けて、更新し、
アップロードすると、、、

ア〜ラ、不思議、、、

そのリンク先をクリックすると、、

ブチャイクな、疲れた中年のおっちゃんの声で、

<こんにちは、、、
タイフリークです、、、

ポム・チュー・タイフリーク・ナ・クラッ(プ)、、、
エー、、、%&&((())&%$#”=#$、、、>


全く同じトーンで、再生されるじゃあ〜、あ〜りませんか!

恥ずかしさのあまり、
すぐさま、消去したのですが、、、

モニター上にその顛末が反映されるに、
少々のタイムラグがあり、、、

タイ時間で、夕刻の4時から5時の間、、、

そのポッドキャストがブログ上で、
しっかり機能しておりました。

すぐさま、日本の親しい方から、国際電話が、
ワスの携帯に入り、、、一言、、、

「聞いたよ、、、」

赤面の至り、汗顔の嵐、、、

<イヤ〜、恥ずかしいったりゃあ〜、ありゃしない、、、>

でも、落ち着いてくると、、、
この「ポッドキャスト」のとてつもない可能性に想いが及び、
これは、しっかりと自分のモノにしたいと痛切に感じました。

いずれにしましても、
ひょんな交通事故のようなもので、
ワスの生声を聴かれました方、、、、、

大変、大変失礼致しました。

日を改めまして、、、
今度は、ちゃんと最低限度、話す内容を練りました後、
「ポッドキャスト」のテストに臨みたいと存じます。

夢は、ポッドキャストによる、

「タイ語やチェンマイ情報の発信」

道程は、遠いですが、、、

「千里の道も一歩から、、、」

まずは、ポッドキャストの、

最初の最初の半歩を踏み出してしまいました。
この記事へのコメント
コメント不可能です。。。(汗)
Posted by アッサニー at 2006年07月25日 16:16
>会長、、、

同じく、
コメント返し、不能です。
いや、失礼しました。
不可能です。
Posted by タイフリーク at 2006年07月25日 17:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。