2006年07月01日

「北方の薔薇」チェンマイと「青い薔薇」!?



我が愛する「チェンマイ」は、またの名を

「北方の薔薇」

と呼ばれています。

長年、チェンマイに住んでいて、
何故、「北方の薔薇」なのか?
イマイチ、ピンとこなかった。

「北方」はわかる、、、
チェンマイは、北タイに位置し、独特の文化を育んできたのだから。

この「薔薇」の由来が、
インターネットで調べても、その類の本を漁っても、
どうしてもわからないでいた。

仕方がないので、いろいろ身近な周りのタイ人に尋ねてみた。

若い人は、概ね、適当な答えに終始していたが、
年配の方は、それぞれのチェンマイに対する想いから、
だいたい次の3点に要約された。

1.昔ながらの奥ゆかしく美しい北タイチェンマイの佇まいが、
薔薇の花のもつ独特の神秘的なイメージを喚起させること

2.現王妃が北タイチェンマイに大量の薔薇を植樹され、
それが、見事なまでに綺麗な花を咲かせていること。

3.昔からチェンマイの通り名として語り継がれている、
「クラープウイアンピン」から言葉が派生したこと。


少々、解説を加えれば、、、

1.白い肌が美しいと誉の高いチェンマイ女性を称して、
花の女王、「薔薇」に例えられる。

2.国王&王妃の別荘が、ここチェンマイにあり、一年の一時期、
喧騒のバンコクを離れて、チェンマイで自然とお過ごしになられる。

3.「クラープ」は「薔薇」、
「ウイアンピン」は北部タイ、すなわちチェンマイを指している。

チェンマイの街並みの美しさや、女性の艶やかさを、
「チェンマイの薔薇」という代名詞に置き換えられた。

以上、3つの点がいろいろ相互に加味し合い、現在の、
「北方の薔薇」という何とも魅惑的な呼称に定着したのだろう。

また、古都チェンマイは、「タイの京都」と称えられ、
そのしっとりと落ち着いた風情で、多くの観光客を魅了する。

そうしたチェンマイが「北方の薔薇」と賞賛されるのは、
実に嬉しいことではあるが、もう一方で、

<美しい花(薔薇)には、棘がある!>

とも云われる。

何事にも、物事にはその両面、
二面性が存在しているということである。



話は横道にそれるが、
「薔薇」にはいろいろエクセントリックな謂れがあって、
その一つに長い間、

<「青い薔薇」は存在しない!>

というのが、通俗的にも科学的にも一般化されていた。

英語でいうところの「Blue Rose」は、
「不可能」の代名詞であり、
何とも好奇心をそそられるではないですか!

それが、日本のサントリーが、
2年前の昨日、6月30日、
世界で初めて、「青い薔薇」の開発に成功したのである。

800年間に亘って、世界中のありとあらゆる人が、
「青い薔薇」の開花に取り組んできたのが、
その通説を大きく覆し、「青い薔薇」が日の目を見たのだ。

青い薔薇
「不可能」の代名詞とされた「ブルーローズ」

このニュースが世界中を席巻したとき、
大きな衝撃と同時に一抹の淋しさがありました。

「遺伝子組み換え」、「バイオテクノロジー」、、、

最先端の科学を駆使して、
不可能を可能にするということは、まさしく素晴らしいことです。

その一方で、自然の摂理に逆行した人間の飽くなき開発は、
自然の昔ながらの神秘的な一面をも削ぐことにもなりかねません。

一時、この「青い薔薇」という独特の字面と語感からくる、
何とも不思議でミステリアスな響きは、
小説の題材にならないだろうか、、、と真剣に考えたことがあった。

ワスにその才能がないのはもちろんであるが、、
ずっと心の中でこの「青い薔薇」のイメージを温めてきた。

今日は、7月1日、、、

由々しく考えてみれば、
昨日で1年間の半分が終わり、
今日からその後半が始まる第1日目である。

日頃、「石橋を叩いても渡らない」消極的な男であるが、
今後、いろいろ自分を変えていかねばならない時期にきていると、
痛切に感じてきている。

一昨日から昨日にかけて、「mixi」のことに触れ、
自分の頁に記念すべき1000人の訪問者があったことを述べた。

単なる独りよがりの思い込みに過ぎないかもしれないけれど、
今の、自分の直観を信じてみたい気もする。

何か、迷っていたら、いつまでたっても始まらない、、、

「青い薔薇」、
「チェンマイ」、
「北方の薔薇」、、、、


とりあえず、自分を窮屈な位置に追い込んで、
何か、今、アクションを起こさねば、、、
という気持ちが沸々と湧いてきました。

昨日、ちょこっと触れていた、
「mixi」のコミュニティー運営の話、、、

<チェンマイに通じて、
チェンマイが好きで、
チェンマイに興味がある、、、>


そんな人が自然に集まるコミュを、今、そう、たった今、
立ち上げようと思い立ちました。

「mixi」には、他にもチェンマイ関連のコミュが、
いくつかありますが、、、、

チェンマイに住んでいて、
チェンマイを外すわけにはいかないでしょう。

コンセプトは、

「チェンマイ」&「青い薔薇=不可能を可能にすること」

コミュニティーのタイトルは、、、

「北方の青い薔薇、チェンマイ」
<ちょっと言葉の座りが悪い、、、かな、、、>

「チェンマイの青い薔薇」、、、

<青よりもちょっとくすんだ色合いの蒼の方がいいかな?>

「チェンマイの蒼い薔薇」、、、

よし、これで、決まり!!!

早速、今から、「mixi」のコミュで立ち上げてみます!

まだ、誰にも話してませんし、
このブログを書き込みながら、
たった今、決めたことですから、、、!

自然とそういう気持ちに突き動かされてきました。

完全に見切り発車ですが、、、

いつものごとく、

<迷ったらGO、GO、GO!!!> です。

今、会員は、絶対的に 当然、ゼロですが、、、

今日中に、それらしい体裁を整えますので、

チェンマイにご縁とご興味がおありの方は、
どうか、「mixi」の中で、コンタクト下さい!

また、その肝心の「mixi」についてご存知のない方は、
前日の6月30日の記事をお読み下さい。

ご関心のある方は、
こちらから、喜んで「mixi」の招待状をご連絡致します。

謹んでヨロシクお願い致します!

この記事へのコメント
いつも楽しく拝見いたしております。「チェンマイの蒼い薔薇」ぜひ会員になりたいです。「mixi」の招待状よろしくお願いいたします。
Posted by tukta at 2006年07月01日 13:35
「青い薔薇」の実物を見ちゃいました!!
確か2年前だったと思いますが、静岡県で開かれた花博という博覧会を観に行ったのですが、そこでこの、不可能だった青い薔薇を見ました
ただ、実物は決して青ではなく、白に近いものでしたが。。。
mixiの知識はまったくありませんが是非招待状送ってください!!
よろしくお願いします
Posted by freedom at 2006年07月01日 22:31
ご無沙汰しております。地元静岡で開かれた浜松花博行きましたが青い薔薇見ませんでした。mixi 是非招待状送ってください。
よろしくお願いします。
Posted by Ryuta at 2006年07月02日 09:30
>tukta 様

初めまして!

お世辞でも、そういうふうに云って頂きますと、
根が素直ですから、正直に嬉しいです!!

7月1日付けで、
「チェンマイの蒼い薔薇」
    &
「一日一分タイ語一語一会」
の2つのコミュニティーを同時に立ち上げました。

でも、当然ながら、まだ会員はおりません。
もし、チェンマイにご興味があるようでしたら、
是非、ご入会下さい!
(当然ながら、全くの無料です!)

<mixi>の招待状ですが、便宜上、
tukta様のメールアドレスが必要になってきます。
ここまで、書いたのですから、自分も覚悟を決めて、
メールアドレスを、チラッと公表しますので、
そこ宛に、<mixi希望>と書いてお送り下さい!
折り返し、すぐに、<mixiの招待状>を送るようにします。

私のブログに書き込み下さいまして有難うございます。
tukta 様のご連絡をお待ちしております!


>freedom 殿

凄いですねー、
実物の「青い薔薇」、直接ご覧になられたのですか?!
羨ましいです!

さて、ブログを通じて、貴殿と知り合い2ヶ月あまり、
できれば今度は、<mixi>を通じても同じように、
貴殿ともっと濃い〜いお付き合いをしたいと常々願ってました。
(ネット上でのやりとりのスピードが格段に違います!)

熱いメッセージ、本当に嬉しいです!
喜んで、招待状を送らせて頂きますので、
自分のメールまで、早速ご連絡下さい!

freedom 殿、今後とも、どうぞヨロシク!!!



Posted by タイフリーク at 2006年07月02日 09:39
Ryuta 様

どうも温かいメッセージ有難うございます。
書き込みが前後しまして、すみません!
喜んで、<mixi の招待状>を送らせて頂きますので、
ご連絡下さい!
お待ち申し上げております!
Posted by タイフリーク at 2006年07月02日 09:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。