2011年05月01日

「嗚呼、オー・チン・チン」



一月は、逝き、、、
二月は、逃げ、、、
三月は、去り、、、
四月は、四月は、沈みました。


月が変わり、五月・・・


五月は、ごねる、、、
五月は、ごり押し、、、


何か、もう少しで、殻が破れそうな勢いで、
迷いに迷い、戸惑いに戸惑い、、、


後、もう一歩が届きそうで届かず、
微妙に気持ちが右に左に揺れながら、、、


唐突に、軽快なテンポに乗って、
昔懐かしい強烈なフレーズと旋律が脳裏をよぎった。。。
一瞬、何かに取り憑かれ、頭がおかしくなったかと思った。



*******************************

「オー・チン・チン」
里吉しげみ作詞・小林亜星作曲(1969年)


チンチン チンチンチン
チンチン チンチンチン
ヤイヤイ ヤイヤイヤイ
チンチン チンチンチン
こどもの頃の 雪の朝
白くつもった 庭に出て
ちんちんつまんで おしっこで
雪に名前を 書いたっけ
オー チンチン オー チンチン
あのチンポコよ どこ行った


チンチン チンチンチン
チンチン チンチンチン
ヤイヤイ ヤイヤイヤイ
チンチン チンチンチン
夕焼け空が 燃えていた
トンボつりした 帰り道
ちんちんつまんで おしっこで
日暮れの町に 水まいた
オー チンチン オー チンチン
あのチンポコよ どこ行った


チンチン チンチンチン
チンチン チンチンチン
ヤイヤイ ヤイヤイヤイ
チンチン チンチンチン
夏の河原の 水遊び
ちっちゃくちぢんだ ちんちんを
つまんで伸ばして ひっぱって
大きくなれと 泣いたっけ
オー チンチン オー チンチン
あのチンポコよ どこ行った


*******************************








今にして思えば、画期的な革命的な歌詞だった。
まさしく、名曲中の迷曲!?である。


何だか、これまでウダウダ、悩み苦しんでいたことが、
まるで霧が晴れるように、スッカリ、軽くなってきた。



おかげさまで、東京池袋東武百貨店の弊社チェンモードの帽子が、
GWに突入して、ガンガン、売れているらしい。



五月は、五月は、五月は、、、

嗚呼、迷ったら、、、

GO, GO, GO・・・




今月はTF改め、王珍珍・・・


嗚呼・・・



この記事へのコメント
懐かしいですね。^^

他にも「じんじろげ」や「老人と子供のポルカ」など変な歌が色々ありましたよね〜〜。
Posted by さう痔 at 2011年05月06日 15:33
☆親愛なるさう痔様、、、
何と、こちらの方まで、
お越し下さいまして、
どうもありがとうございます。
さう痔様におかれましては、
懐かしい???という年代なのでしょうか。
もし、そうなら、何だか、とても嬉しいですね。
第一印象が、スゴク、若々しく感じられましたが、
比較的、近い年代でしょうか???
嗚呼・・・
Posted by タイフリーク at 2011年05月07日 02:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。