2006年06月25日

チェンマイハイランドゴルフクラブ、初プレー!


2006年、6月25日(日曜日)

昨日に引き続き、同じメンバーで、
「第3回、I杯ゴルフコンペ」と銘打ち、
ハイランドゴルフクラブで死闘を演じました。

「チェンマイハイランドゴルフクラブ」、、、

ただ、一言、値段も高いですが、
本当に素晴らしいゴルフ場でした。

<土日のプレーフィーはキャディーフィー込みで2100B、
ただ、ワスとBさんはタイ在住プロモーションの恩恵で、
キャディーフィー込みで960B>


残念ながら、クラブハウスをはじめ、
建物自体は、まだまだ工事中であるが、
自然に囲まれたゴルフコースは目を瞠(みは)りました。

工事中玄関
表の顔、玄関はまだ工事中

ロッカールームに至る通路や壁も剥き出しで、
一体全体、どんなものだろうと不安になるが、
コースに出ると、そんな懸念は一変して払拭された。

チェンマイにいて、
これまでこんな素敵なゴルフ場に接したことはない。

初めてプレーするゴルフ場は、
初めて相手の女性とデートする状況に似て、
胸がときめき、期待感に心揺り動かされる。

ハイランドは、はっきり申しまして、
魅力一杯の麗しき令嬢でございました。
期待を裏切られることなく、コースを目一杯満喫しました。

練習場
練習場のバンカーも丁寧な造り

起伏に富んだフェアウェーは芝が張り巡らされ、
池もバンカーもOBも縦横無尽にスパイスが効いている。

とりわけグリーンの管理は徹底され、
アンジェレーションに富み、ボールの転がりが速い。

事前に懇意のゴルフ仲間のSさんから、
「ハイランドでは、カートを使った方がいいよ」
とアドバイスを受けていたが、その意味がよくわかった。

コースとコースの間隔が離れており、
カートがなければ、歩く、歩く、歩く、、、歩きます。

1番ホールに向かって
1番ホールに向かって歩く、歩く、歩く


ここで、もう一度、現在、チェンマイ近郊から通える、
一般ゴルフ場の実情を簡単に整理して記します。

1.ジムカーナー(9H)→一番の老舗的存在。
2.グリーンバレー(18H)→メンバー。
3.チェンマイランプーン(18H)→上々に整備。
4.ロイヤルチェンマイ(18H)→根強い人気。
5.ランナー(27H)→ローカルに人気。
6.空軍基地(9H)→費用がすこぶる安い。
7.メージョー(18H)→急ピッチに改善される。
8.ガッサンクンタン(18H)→家人の実家。
9.ハンドン(9H)→うちから車で10分。
10.ガッサンレイクシティー(18H)→ここもいい。

11.ハイランド(18H)
→評判どおりの三重丸印。

12.ガッサンマリーナ→近日オープン予定。

太字はいずれもお勧めのコースでありますが、
今日の「ハイランド」は、本当にピカ一でした。

朝、6:22、ティーオフ
メンバーは、I師匠、Uさん、そしてBさん。

この日、一番目のスタートで、
一瞬、このどでかいゴルフ場全体を貸切したような、
そんな錯覚で、性懲りもなく大興奮しました。

Bさん
二枚目で笑顔が素敵な心優しいBさん

1ホールごとにドキッとさせられる、
コースなりのキャラクターが見え隠れしています。

雄大な自然の中に身震いする程の感動がありながらも、
心憎いばかりのレイアウトで、
随所に落とし穴が潜んでいます。

ワスのような初心者ばかりではなく、
上級者をも唸らせる自然&コース設計と実感しました。

自然に囲まれたコース
雨季雲&目が奪われるような美しいコース風景

1ホール、1ホールごとに、
こんな素晴らしいゴルフ場で実際にプレーできる喜びに、
睡魔と五日酔いなどを忘れてプレーに夢中になります。

ただ、どんなにいいショットが続いても、
ここ一番でミスやポカを連発し、
なかなかスコアに結びつきません。

何度もパーチャンスがありながら、パットにも嫌われ、
ハイランド処女プレーでは、
とうとうパーが一度も取れませんでした。もうやだ〜(悲しい顔)

一方、Uさんは、昨日のグリーンバレーの好調を維持し、
13番、14番と2連続のパーで、お株を奪われました。

このメンバーでの初パーは、Bさんで、
7番のショートホールで、しっかりゲット。

ワスと主催者のI師匠は、
残念ながら、パーの女神には恵まれませんでした。

このメンバーの中では、一番ゴルフ経験の浅いBさんが、
実に伸び伸びと堅実にプレーされておりました。

素振りと実際のスイングにほとんど違和感がなく、
とても綺麗なフォームで淡々とプレーに臨みます。

終わってみれば、
昨日のグリーンバレーの後半から、
ワスとハーフ3連続のの同スコア(この偶然にはビックリ!)

すなわち、

グリーンバレー、イン:50
ハイランド、アウト:51
ハイランド、イン:51


こんなワスが、Bさん相手に各ホールエブリワン、
18もハンディーを進呈しているのは、少々厳しいっす!!!

ということで、ハイランド初ラウンドは、
パーなしの102、、、、
悔しいけれど、100が切れませんでした。

ちなみに、Bさんも同じく初ラウンドのハイランドで、
この102というスコアは、
Bさんのゴルフスコア過去自己ベストの由。

<Bさん、心より祝福申し上げます!>

振り返ってみると、昨日のGV前哨戦から今日にかけて、
スコアを落としたのはワス一人、、、<99→102>
(皆さん、難しい初コースでのスコアアップは実にお見事!)

Bさんの素直なアイアンの弾道を見るにつけ、
もう一度初心者に返り、謙虚な気持ちでゴルフに打ち込もうと、
大いに刺激を受けました。

<Bさん、今度やるときは、スクラッチですよ!>

ともあれ、昨日に続いての、
「第3回、I杯ゴルフコンペ」はつつがなく終了し、

Bさんがスコアもオリンピックも一人勝ちで、
Uさんが続き、
ワスと主催者のI師匠の二人ボロ負けとなりました。

でも、こんなに興奮してゴルフに取り組んだのも久々です。

次回の、I師匠のアメリカからの来チェンマイに合わせて、
(せいぜい1年から2年に1回という貴重な日程になります)
第4回、第5回と回を重ねていけるよう固く皆で誓いました。

チェンマイで気の合う仲間とゴルフ!
気の合う仲間と19番ホール!!

ゴルフの後のビールの美味さは、
何にも代え難い人生の大いなる至福の時、、、

初めてのハイランドゴルフプレーは、
深く深く、心に沁みました。わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)




この記事へのコメント
<初めてプレーするゴルフ場は、
初めて相手の女性とデートする状況に似て>

そうですか・・胸がときめいちゃいましたか?
ふふふ・・・d(ゝc_,・。)♪

私は、ゴルフやらないからわからないけど・・

がんばってねガンバ!(メlll・_・)ノ☆(#゜ロ゜#)ノノ
Posted by プーさん at 2006年06月26日 13:35
プー様
お恥ずかしい限りです。
でも、フェアウエーの具合、グリーンの状態、
土手、山、川、池、木々、花、その他自然の様子などなど、
実際にプレーしてみて初めてわかるトキメキがあります。
けっこう何も知らないというのは、ドキドキ興奮ものです。ハイ!
Posted by タイフリーク at 2006年06月26日 18:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。