2006年06月21日

嗚呼、雨の「チェンマイ・グリーンバレー・カントリークラブ」!


ここ、2、3日、かなりの降雨量が断続的に見て取れます。

アメリカからのIさんのためにグリーンバレーで、
19日、20日とプレーの予約を入れました。

同伴競技者は、
Iさんと同郷の会社経営社長で温厚な紳士のW氏。

19日、宿泊のエムプレスホテルに、
朝、5時半、お迎えに伺う。

前夜、土砂降りの後、とりあえず雨は上がるが油断はできない。
熱帯性低気圧がすっぽりと停滞しているからだ。

Iさんのゴルフは実に豪快だ。
ツボにはまるとティーショットで300ヤード飛んでいく。

W氏もその細い体から信じられないようなナイスショットを連発。
流石、年季が入っておりますので、
初めてのコースも何のその、実にパワフルで堅実なプレー。

ワスはというと、、、
過日、本場、アメリカのプロのコースでプレーして以来、
肩の力が抜けて、何となく全体的に飛距離が伸びてきました。

不思議と欲がなくなってきた分、
(以前は、親の敵みたいに必死になってやっていたので、、、)
逆にスコアがまとまるようになってきたのかもしれません。

相変わらずアイアンが使えないので、
150ヤード以上は200ヤードまで、
クリーク(5番ウッド)1本のみを使ってのヘボプレー。

この日は、1番、2番、ときて驟雨に遭遇。
雨脚もだんだんと強くなり、3番ホールの休憩所で雨宿り。

結局、1時間弱、プレー中断を余儀なくされたが、
その後は、雨も上がり、清々しくプレーを楽しみました。

前半は、ロングホールで1つパーを取り、48

後半は、途中からIさん持込の冷えた缶ビールをご馳走になり、
グイグイ飲みながら、パーがヒョコヒョコと取れる。

久しく記憶にない魔の13番ホールのパーを含む、
計4つのパーで、46。(トリプルもしっかり叩きますが!)

体調はすこぶる悪いのに、思ったよりスコアはいいんです。。

Iさん推奨の「ピンポンパン」とかいうあまり馴染みのない、
ちょっとした賭けゴルフがまたスリリングで興趣をそそります。

つまり各ホール、早乗せ、ニアピン、早入れにつき、
ポイントをカウントし、後に清算。

やはり、IさんがぶっちぎりでOの数を増やし、
一人勝ちで持っていかれました。

本当に伸び伸びと楽しいゴルフを満喫でき、
そして同じメンバーで2日目に臨むはずだったのですが、、、


20日は、夜半から継続的に激しい雨が降り続け、
朝になっても、とても止みそうにない。

同じように、5時半にホテルに出かけ、
工事中のスーパーハイウェーを迂回しながら、
前日と同じグリーンバレーに向かう。

「チェンマイグリーンバレーカントリークラブ」は、
チェンマイでも老舗の部類に入るゴルフクラブである。

8年程前に、偶然に成り行きでここのメンバーになりました。
(今、考えると、非常にラッキーです。)

今年から、少し値上がりはしたけれど、
キャディーフィー込みで、
平日は400B、土日祭日は500Bで安価にプレーできます。

アメリカから、年、4−5回いらっしゃるIさんも、
ワスのお勧めで、昨年、
しっかりとグリーンバレーの会員になられました。

(当時会費は9万B強で、今は、若干値上がりしているようです。)

とまれ、この日は気合十分でありながら、
ゴルフ場に到着しても、いっこうに雨脚は衰えません。

逆にどんどん雨の勢いは増すばかり、、、

クラブハウスのカフェテラスから雨の風景を垣間見ます。

今は、ちょうど雨季で、木々の緑がいっそう映えます。

雨のグリーンバレー
雨中のグリーンバレーゴルフ場

これまで、闇雲にプレーに邁進してきましたが、
こんなふうにのんびりと、
ゴルフ場の風景を愛でたことはなかったような気がします。

<エー、グリーンバレーって、
こんなに綺麗なゴルフ場だったっけ>


全くの新発見でした。

「グリーンバレー」はその名のとおり、
緑に囲まれた敷地内に、縦横に池が入り組んでいます。

18ホールを通じて、必ず、どこかしらウオーターハザードが、
しっかり絡み、プレーのアクセントになっているのでしょう。

雨の9番グリーン
トラウマの9番池越えグリーン

しばらく、眼前に広がる風景を楽しみながら、
1時間半ほど待ちましたが、
結局、この日はプレーできずにそのまま帰りました。

これまでグリーンバレーで何百ラウンドとプレーしましたが、
ゴルフ場まできて、そのまま何もせずに引き返しましたのは、
後にも先にも、この日が初めての経験です。

IさんもWさんも本当に残念そうでした。

次回の機会を固くお約束して、
後ろ髪を引かれながら、グリーンバレーを後にしました。

スカス、皮肉なもので、ホテルに着く頃になると、
雨も止み、そのうち陽射しも強くなってきたんです。

雨季のタイの天候不順にすっかり振り回された一日でした。

残念ではありましたが、
雨のグリーンバレーの光景がしっかりと目に焼きついています。

これからは、スコアもさることながら、
自然を愛でるゆとりをもちながら、
ゆっくりとゴルフを楽しめるようになりたいと心に沁みました。

この記事へのコメント
北タイはかなり雨が振っているのですか?ところで私はゴルフはしない人間ですが、タイでのゴルフ料金はかなり安いそうですね??ドンムーアンに降りるときもゴルフコースが見えて、一体なぜこんなところにゴルフコースがと、
いつも不思議がっています!?(笑)
Posted by アッサニー at 2006年06月21日 13:08
アッサニー殿
いらっしゃいませ!
そうですよね、不思議ですよね。
実は、チェンマイでも空港に隣接して、
軍のゴルフ場があります。
そこは、かなり安価にプレーできます。
タイは、ゴルフ好きにとっては、
まさしく天国ですよね。
ワスもタイにきてゴルフにはまってしまった口です。
お恥ずかしい!!!
Posted by タイフリーク at 2006年06月21日 18:02
もうそんなに雨が降っているんですね!!
悔しい気持ちはよく分かります
最近そう言うときに思うようにしていることは、きっと何かの思し召し、そのおかげで怪我することも事故に遭うこともなく今文句を言っていられる
健康と同じ、無事だから文句が言えるんです
そう思うようにしてます
Posted by freedom at 2006年06月22日 01:30
タイフリーク殿
そうそうチェンマイ空港も空軍との共同使用?でしたよね。ところでスワンナプーム空港は9月28日開港だそうですが、本当にその日に開港出来るのでしょうか??また延期になったりして??
Posted by アッサニー at 2006年06月22日 11:26
>freedom 殿
今、北タイは、ガンガン雨降ってますよ。
雨が降るといろいろ恨めしい気もしますが、
空気が洗われたように、
わずかに凌ぎやすく穏やかな陽気になりますので、
良しとしましょう!
何事も自然には逆らえませんからね。
あるがままに受け止めねばいけないのでしょう!

>アッサニー殿
スワンナプーム空港につきましては、
ワスもずっと気になっておりました。
どうでしょうね???
タクシンさんが威厳を持って、
今度こそ期日を守るように云ってられますが、
タクシンさんの神通力も落ちてきましたですから、
まだまだ一波乱あるのではないでしょうか?
でも一個人としては、早く、スワンナプーム空港の颯爽とした光景を、
見てみたい気がしますです、ハイ!
Posted by タイフリーク at 2006年06月22日 12:12
一番の心配事はスワンナプームから市内へのアクセスがどうなるかと言うことです。BTSも地下鉄も通っていないので、やはり交通手段は車しかないですよね。ドンムーアンの時よりも時間がかかりそうな気がします。
Posted by アッサニー at 2006年06月22日 17:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。