2006年06月18日

日米両恩人、同時期来タイ?!


グリーンバレー、9番、池越えパー4ミドルホール、
3オン、下りの1.5m、入れればパー、、、、


突然、携帯のバイブレーションが、、、

「もしもしー」

「−−−−−?」

「誰だかわかる?」

「あー、I さんですか?」

「違うよ、SLYだよーーー」


<ゲッゲッゲッゲッゲッゲッゲー?!臓


いつもの天然ボケで、思い切り大変失礼ブチかましました。

アメリカで全面的にお世話になりましたIさんが、
この日の前日、バンコク入りしているはずだった。

てっきり、分刻みに忙しいIさんによる、
チェンマイ入りの時間の確認電話と早合点してしまったのだ。

それしても、お二人の声がよく似ている。

どちらも、まるで「地獄からの使者」のように、
低音で不気味な響きを醸し出す。<失礼!臓

とはいえ、SLY殿からの電話は嬉しかったなー。

憧れのチェキさんとのご対面をセッティングして下さったり、
タイポップスに太いパイプがあるこの道の大先輩である。

タイミングが合えば、SLY殿の来バンコクに合わせて、
上京したかったぐらいだ。

さて、9番H、パーパット

しっかり沈めました、、、と云いたいところですが、
2m以上オーバーし、3パットのダボ。
(まあー、いつものことです!)





さて、このブログでも何・かご登場頂いております、
SLY殿のことは、何てご紹介いたしましょう?

一言で表わしますなら、

<実にインパクトのある、
それでいて掴み所のない飄々とした空気みたいな人臓


とでも申しましょうか?!

接する人によって、自由自在にその表情を変え、
どの人にも合わせられるフレキシブルな発想と行動の持ち主。

ワスは、どちらかというと初めて会った人に対して、
その第一印象の己の直観に忠実に信じるタイプですが、、、

SLY殿と実際に会うまでの彼のイメージは、
(本人に怒られそうであるが、、、)

1.華僑のボンボン
2.タイの隠れ御曹司
3.タイポップスの大御所


それが、実際にお会いしてみて、その人となりに、
なかなかに痺れました。

ワスの第一印象でSLY殿を他の有名人物に例えてみるなら、

1.天下の大泥棒、石川五右衛門
2.清水の村郎長親分
3.ルパン三世


とにかく頭が切れる、それでいて気配りの塊のような人。
実に興味深い人物ではあります。

SLY殿のコミュでのキャッチフレーズがまた素晴らしい。

<基本的に来る者は拒まず、
来なくてもこっちからも追っかけます! 臓


これって最高ですね。
自分も人と付き合う上で、こうありたいと念じます。

SLY殿が、
いろいろな人に好かれ慕われるのもわかるような気がします。

自分勝手に人の分析を始めると、
キリがないのでこの辺にしておきますが、、、

一方、
Iさんにはこちらから、タイ用のお電話を差し上げても、
繋がらない状態になっており、

その後は、
午後3時頃になってようやく、直接Iさんからのお電話。

例のごとく、

「今、チェンマイエアポート、、、」

<ゲッゲッゲッゲー、ガク、、、それはないよー臓

緊張してずっと待っていた自分は一体何だったのか?

Iさんの指示で、日曜日のゴルフはキャンセルで、
19日(月)、20日(火)にゴルフ予約を入れ直す。
場合によっては、21日もありという。(なかなかにハード!)

<22日からも雪崩的に別のお客さんが存えられ、
その間もずっとゴルフ三昧になりそう、死にそう、でも嬉しい!臓


夜、「リバーサイド北門」でIさんに食事をご馳走になる。

北門の門
北門の門

北門入り口
北門入り口

この日はI氏のお客様も大勢みえられ、

1.ニューヨーク駐在20年、今年からバンコク赴任のM氏
2.在タイ24年でバンコクで学校経営されているS氏
3.フォトグラファー、チェンマイ在住のI氏
4.Iさんの同郷山梨で会社経営社長のW氏


皆、朗らかで、話題が豊富で実に楽しい会食でした。

とりわけ、W氏持参の山梨のワイン、これがもう絶品。

ワスが食のバイブルとしている「美味しんぼ第80巻」で、
山梨ワインは和食に合うというのを耽読しており、
奇しくも初めて憧れの山梨ワインを試飲することになった。

焼肉
焼肉と山梨ワイン、これが極上!!

告・すれば、こういう席ではまず<ビール臓という流れを覆し、
単純にワインの美味さを味わい堪能したんです。

また、M氏のこの道ン十年という華麗なソムリエのごとき解説は、
ワインの美味さに彩を添え、飲むほどに五臓六腑に沁みました。

赤ワイン、・ワインが、日本の食材&焼肉に存事にマッチして、
何でも美味しいと感じるこのワスでさえ、
それ以上にアルコールと食の組み合わせに舌鼓を打ちました。

山梨・ワイン
恐るべし、山梨ワイン

この日は、日本から来タイのSLY殿のラブコールに始まり、
アメリカから来チェンマイのIさんとの会食で締まりました。

<SLY殿、この後、こっちからもラブコール送ります!押忍





この記事へのコメント
SLYさんがルパン三世?!あはは^^本人はただのおっちゃんやでーって言ってますが、「ただの」って感覚が人と違いますよねー!SLYさんのタイお土産話楽しみだなぁ〜
Posted by みずき at 2006年06月18日 12:50
楽しそうでいいですね〜
チェンマイに行きたくなっちゃいますね!!
焼肉、日本でも最近食べてないな〜
Posted by freedom at 2006年06月18日 17:40
>みず〜きさん、
内緒だけど(ってすぐ本人にわかっちゃいますけど)、
SLY殿、もうちょっと痩せたら、
ズバリ、ルパン三世。
ワスの直観はけっこう、そう訴えてます。
(って、またSLY殿には怒られそうですが、、、)

>freedom さーん
また、是非、チェンマイ来てくださいよ!
楽しみにしてます!!!
今、けっこうタイ好き、チェンマイ好きの
人がたくさんいらっしゃるようで、
そういう人たちとお知り合いになる機会も多々ありそうです。
freedom さんもその節はどうぞヨロシク!
Posted by タイフリーク at 2006年06月19日 02:08
わてがルパン3世になるには50KG以上痩せないとアカンなぁ〜。 峰不二子みたいのが居たら頑張るかも。。。
Posted by SLY at 2006年06月19日 18:32
オー、真打ち、SLY殿
ご謙遜を、、、
それに貴殿の周りには、
数え切れないぐらいの峰不二子さんがいるのでは???

Posted by タイフリーク at 2006年06月19日 20:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。