2006年06月16日

分数の足し算:1/2 + 1/3 = 答えはいくつ???


タイトルの、

2分の1 足す 3分の1 、

答えは、さて、いくつでしょう?

これから、記すことは、天地神明に誓ってウソじゃありません。
まして、ワスが愛してやまないタイ人を卑下するものでもない。

改めて、
上記の、1/2 + 1/3 = はいくつになるでしょう?

ちょっと、考えたりするでしょうか?
でも、最終的には、一つの答えに行き着くものでしょう、、、

今回の記事は、以前から書きたくて、
声を大にして誰かに云いたくて、

あえて、野球に例えるなら、正真正銘、直球勝負。
あるいは、トリッキーな語り口なら隠し玉とも言えるでしょうか?


あれは、ワスが、チェンマイの某大手日系企業で、
生産管理の仕事に就いているときでした。
もう、かれこれ、10年ぐらい前になります。

当時、一つの製造工程の管理を任されておりましたが、
ワスの下に、役職の班長が二人、リーダーが4人、
そして、一般オペレーターが多い時で、100人位いました。

班長の2人は、電気や機械といった技術系専門学校を卒業した、
日本でいうバリバリの理系のエンジニア。

機械オンチのワスの上司としての威厳はなく、友達感覚で、
そういったタイ人スタッフたちとの交流を楽しんでいた。

ある時、班長の二人と仕事の後に、一緒に酒を飲みながら、
何かの拍子に、ふと、上記の、

1/2 + 1/3 

は、、、という話になった。

すると、どうも二人の様子がおかしい。
<ああでもない、こうでもない>、と呟きながら、
一向に回答を出そうとしない。

じれったくなって、答えを催促すると、
一人は、1/5 と答えたり、

もう一人は<ウーン?>と唸ったきり、
<チョットマッテクレ??>と答えを保留したりした。

正直、二人とも冗談をかましているのだと疑った。

日頃、機械アレルギーの自分と違って、
現場でキビキビと、機械や電気のトラブルを、
いとも簡単に修復してしまう頼りになる役職の部下たち。

スカス、そうではなかった。

二人は、本当に、分数の計算ができなかったのだ!!!



タイ人は、人一倍、体面を気にする性質を持ち合わせているので、
このことを公にはしなかったが、こっそり内緒で、
仕事の合間にタイ人オペレーターたちにも順次尋ねていった。

全滅だった。

正直、我が眼、耳を疑った。

帰宅したワスは、愛する家人にこのことを話した。

家人も、<そうねー、昔、習ったような気がする、、、>
とお茶を濁しながら、即答しない。

日頃、計算高く、聡明だと踏んでいた家人への認識は覆された。
<OOちゃん、おまえもか???>

会社で仲のいい、チェンマイ大学出身でオフィス勤務の、
通訳の子達、5人、お茶の席で、まとめて聞いてみた。
笑いながら、照れくさそうに、家人と同じ受け答え、、、

<確か、昔、習ったような気がする、、、、>

ソクラテスではないが、、、
<OOOOOよ、おまえもか、、、>

チェンマイ大学は、タイ国屈指の有名地方国立大学である。
おそらくは厳しい受験戦線を勝ち抜いてきたタイ国のエリートたち。
それが現実は、この体たらくだ。

ワスは完全に、この事実に戸惑いながらも夢中になった。

当初は、こういう質問をすること自体、憚られた。

スカス、チェンマイ大学卒業生が答えられないんじゃー、
<一体、誰が、、、>と逆に、興味津々になって、
その質問とその彼らタイ人たちの回答の行方に狂気した。

ここで、もう一度、繰り返す。
これは、決して、ワスが愛してやまないタイ人を、
誹謗するものでも揶揄するものでもない。

単純に、興味が湧いて、
親しいタイ人に片っ端から、この同じ質問を繰り返した。

ワスの家人の親類、一族郎党、すべて、
酒の席で冗談げに尋ねたりした。
全滅だった。

その中には、現役の国立の大学生もいた。
結果は無残にも玉砕だ。

一人だけ、惜しい人がいた。

即答できずに間違えたが、1時間後に正解を出した。
スカス、これも一応アウトとカウントさせてもらう。

結論から述べると、200人ぐらいまで指折り数えた。

ここまでくると、偶然とか、タマタマだったとは、云えないだろう。
少なくとも、ワスが尋ねたタイ人は、皆、答えられなかった。

実に大傑作だったのは、
日頃親しくしていた私立大学の経済学部の教授だった。

ワスの質問に対して、痛くプライドを傷つけられたようで、
スカモ、しっかり答えは間違っていた。

何と、途中で、友人の数学科の先生に携帯電話で尋ねたりする。
<オイオイ、そこまでするかよ、、、>

これは、親しくなったタイ人へのワスの密かな儀式になった。
一体、いつまで、誰が、最初に正解が出せるか、、、、

この記録は、一昨年まで、保たれた。

前の別の会社で、ある経理のプロの女性が、
最後にいとも簡単に正解を出してくれた。
これでワスもようやく肩の荷が下りた。

振り返ってみると、
答えられなかったタイ人が皆、一様に、
<確かに、昔、習った、、、>と云う。

現に、娘の算数の教科書を見ると、
P.4(小学校4年生)で、すでにそれを習わされている。

<じゃあー、何故???>

はっきりいってしまえば、タイ人の日々の生活に、
この1/2 + 1/3 の答えなんて、
全く必要ないんだろう???

いまだに、その考察は続くが、タイ人を探るうえで、
なかなか興味深いアプローチ方法ではある。

ちなみに、
その最初にして唯一答えを出した経理畑のチェンマイ大卒Dさんは、
趣味で、数学が好きだったと云っていた。

<さも、ありなん>

そして、このDさんが今回ワスのワーキングパーミット申請に、
一役買ってくれた仕事の相方である。

一応、自分なりのタイ人社会人類学(?!)における、
ワスなりの仮説は崩れていない。

<どんな仮説???→ 内緒???>

とまれ、
親しいタイ人がいたら、さりげなく、上記の分数算を、
失礼にならないような形で、尋ねてみられて下さい。

驚きますよ、、、(、、、そして笑っちゃいます!)
大概、判で押したように同じ答えが返ってきますから、、、

<確かに、昔、習ったけどなー、どうするんだっけ???>

この記事へのコメント
よろしくお願いします。
Posted by reiko at 2006年06月16日 10:09
reiko様
(ちょっと返答に窮しますが、、、)大歓迎です。
こちらこそ、どうぞヨロシクお願い致します?!
Posted by タイフリーク at 2006年06月16日 11:17
チェンマイ大学の学生が答えられないなんて。。。今度、友達に尋ねてみます!!
Posted by ☆チェキ☆ at 2006年06月16日 14:06
チェキさ〜ん、こんにちは!
えー、そっと、尋ねてみて下さい。
けっこう、驚いちゃいますよ。
本当の話です。
Posted by タイフリーク at 2006年06月16日 19:13
こんばんわ☆
いつ即答できるのか、誰が出来るのか出来るのか。。。と
わくわくしながら読んでしまいました(笑)

早速超エリート集団タイ人に聞いて見ますね。
興味深々です♪
Posted by beau at 2006年06月16日 22:26
beau様
超エリート集団タイ人ですか???
手強そうですね、、、(苦笑
ただ、けっこう、こういった問題を尋ねるのにも勇気がいりますよね。
でも、もし、本当に返答に詰まったら、
それこそ笑っちゃいますね。
結果を楽しみにしてます!

Posted by タイフリーク at 2006年06月16日 23:30
この話はかなりおもしろいので、自分でいろいろ考えてみました。

1/2 + 1/3 

これを高校から使ったことがあるか。
たぶんないだろう。
私は理系だが、物理に電気の分野で使った記憶だけです。
コンピュータを勉強したときも使わなかった。
これはまさに必要ない。

それで、よく似た問いはないか考えてみた。

5.3割る0.73
7余りいくらか。

もちろんタイフリークさんはできますヨネ
Posted by バンコクの写真 at 2006年06月20日 13:28
バンコクの写真殿
実に興味深い書き込みをありがとうございます。
お尋ねの5.3割る0.73
これは割り切れないですよね。
7余りいくらかということであれば、
0.2602739726、、、、、
という回答になるのでしょうか?
ちょっと回答がすっきりしないのですが、、、
どんなものでしょう?
<あるいは、全く見当違いの答えでしょうか???>
Posted by タイフリーク at 2006年06月20日 15:23
余りを問うているのです。
たぶん、小学校の5年ぐらいで習ってから一度も使っていないと思います。
17割る3は5余り2です。

まさか、私が間違っていることはないと思いますが、誰か正しい答えを書いてください。

タイフリーク  さん
<あるいは、全く見当違いの答えでしょうか???>
その通りです。
全く見当違いの答えです。

Posted by バンコクの写真 at 2006年06月20日 16:53
バンコクの写真殿

ウウー、失礼致しました。
それでは、逆からやってみますと、
7余り0.19
どんなものでしょうか?

<17割る3は5余り2>
これはよくわかるのですが、
お尋ねの意味がよくわからず、
またまた見当違いの答えであれば、
どうぞご勘弁の程を、、、?

自分も偉そうなことを言えませんね!
どうもすみません!!!
Posted by タイフリーク at 2006年06月20日 20:46
いやー、丁度カミサンが来たので聞いてみましたが、おっしゃるとおり
「チャムマイダーイ」だって。
日常生活で使わないから忘れる、覚えていないって事を5分間説明を聞かされました。
今度、医大出のいとこに聞いてみます。

Posted by トゥッ・ムー at 2006年06月21日 23:33
トゥッ・ムー 様

初めまして、、、
ようこそいらっしゃいました!
奥様もそうですか?
安心しました。

とにかく、うちのかみさんの家系は全滅でしたので、
なかなかに根は深いと存じます。

その医大出のいとこさんには、
是非とも軽くクリアーして頂きたいと願います。

ところで、
トゥッ・ムー 様のブログにもつい先程、お邪魔させて頂きました。
どうぞ、今後ともヨロシクお願い致します。
Posted by タイフリーク at 2006年06月22日 01:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。