2011年03月16日

「東北関東大震災」に関わるタイ人とのコミュニケーション!?

「仏暦2554年、仙台地震と津波」


2011年、3月11日、日本時間、14:46に三陸沖で勃発した、
日本名、「東北地方太平洋沖地震(東北関東大震災)」は、
暫定値ながら、M9.0の超ド級の海溝型地震であり、

その直後に襲った大津波の影響で、
夥しいまでのさらなる多数の死傷者を出しています。
このような痛ましい天災はありません。

さて、このニュースは世界を駆け巡り、ここタイのメディアでは、
地震を襲った代表する地域として仙台を取り上げ、

{แผ่นดินไหวและคลื่นสึนามิในเซ็นได พ.ศ. 2554}
<ペンディンワイ・レ・クルーン・スナーミ・ナイ・センダイ・
ポー・ソー・ソーン(グ)・パン・ハー・ローイ・ハー・シッ(プ)・シー>

と命名しています。

<ペンディンワイ>「地震、、、」
<レ>「と、そして、、、」
<クルーン・スナーミ>「津波、、、」
<ナイ>「〜内、〜における、、、」
<センダイ>「仙台、、、」
<ポー・ソー>「タイ仏暦、、、」
<ソーン(グ)・パン・ハー・ローイ・ハー・シッ(プ)・シー>「2554(年)、、、」

つまり、直訳すれば、、、
「仏暦2554年仙台(エリア)における地震と津波」
になります。。。

ここタイでも、信じられないようなオゾマシイ映像が、
これでもか、これでもかと、繰り返し映し出されています。

それを観た多くの一般タイ人方々からも、多くの同情とお悔やみが寄せられ、
さらには、いろいろな質問を浴びせられ、
日本の地震と津波に対する大いなる関心事の表れに相違ありません。


そうした背景を踏まえて、タイ人社会との関わりの中で、
「東北関東大震災」における一般タイ人から質問されるであろう内容を吟味して、
こちらで、よく見聞きする言葉、会話を、急ぎ、ご紹介します。

至らない点も多々ありますが、ご参照になられて下さいませ。



1.{ครอบครัวและญาติพี่น้อง・・・ 
・・・เป็นอย่างไงบ้าง
・・・โอเตไหม }
<クロー(プ)クルア・レ・ヤー(ト)・ピー・ノーン(グ)・
・・・ペン・ヤーン(グ)・(ン)ガイ・バーン(グ)!?>
・・・オーケー・マイ?!>
=「ご家族や親類の皆さんは、どうですか(大丈夫ですか)!?」


{โอเต K}<オーケー・K>=「オーケーです」
{ไม่เป็นไร K}<マイ・ペン・ライ・K>=「大丈夫です」

(もし、多大な被害に遭われていたら、またいろいろな表現があるでしょうが、
口語的な、<オーケー>や、<マイペンライ>が、通じやすいです。)



2.{คนเสียชีวิตมีเยอะไหม}
<コン・シア・チーウィッ(ト)・ミー・ヨォッ・マイ!?>
=「死者は、大勢ですか!?」

{เยอะแยะ K}<ヨォッ・ヨェッ・K>
{มาก ๆ K}<マー(ク)・マー(ク)・K>=「大勢です」
{มากกว่าหนึ่งหมื่นคน K}<マー(ク)・グワー・ヌン(グ)・ムーン・コン・K>
=「1万人以上です」

(実際に、「たくさん」という表現を使うと、相手に余計不安をあおりますので、
具体的な数字がわかれば、その数字をあげた方が伝わりやすいです。)



3.{แผ่นดินไหวรุนแรงไหม}
<ペンディンワイ・ルンレーン(グ)・マイ!?>
=「地震はすごかったですか!?」

{รุนแรงมาก K}<ルンレーン(グ)・マーク・K>=「大変、激しかったです」

(<ルンレーン(グ)>は、かなり激しく強烈な修飾語です。)



4.{บ้านสะเทือนไหม}
<バーン・サトゥアン・マイ!?>
=「家は揺れましたか!?」

{สะเทือนนิดหน่อย K}<サトゥアン・ニッ(ト)・ノイ・K>=「少し揺れました」
{สะเทือนมาก K}<サトゥアン・マー(ク)・K>=「かなり揺れました」

(感覚的な小さい揺れなら{สั่น}<サン>もありますが、
グラグラ揺れる感じであれば、{สะเทือน}<サトゥアン>が適切です。)



5.{สึนามิหยุดไปหรือยัง}
<スナーミ・ユッ(ト)・パイ・ルー・ヤン(グ)!?>
「津波はおさまりましたか!?」

{หยุดไปแล้ว K}<ユッ(ト)・パイ・レウ・K>=「おさまりました」
{ยัง K}<ヤン(グ)・K>=「まだです」

(タイでは、以前、プーケットで津波の恐ろしさを肌で感じていることもあり、
ローカルのニュースでも、度々、大波が、家屋を押し倒す映像を流しています。
ちなみに、<ツ>は、タイ語の発音にないので、<スナーミ>のように表記されます。)



6.{ได้ข่าวว่าจะเกิดแผ่นดินไหวอีกไหม}
<ダイ・カーウ・ワー・ヂャ・カゥ〜(ト)・ペンディンワイ・イー(ク)・マイ!?>
=「ニュースで聞きましたが、まだ地震が起きますか!?」

{ไม่แน่ใจ K}<マイ・ネー・ヂャイ・K>=「はっきりしません」
{คงจะมี K}<コン(グ)・ヂャ・ミー・K>=「きっとあるでしょう」
{อาจจะมี K}<アー(ト)・ヂャ・ミー・K>=「たぶんあるでしょう」
{คงจะมีบ่อย ๆ K}<コン(グ)・ヂャ・ミー・ボイ・ボイ・K>=「かなり頻繁にあるでしょう」

(タイでは、日常的に、あまり地震に接することがないので、
その真の恐怖はわかりづらいでしょうが、
こちらのニュースでも、日本で、何度も余震があることを伝えています。)

7.{จากศูนย์กลางที่เกิดขึ้นถึงโตเกียวระยะทางเท่าไร}
<ヂャー(ク)・スーン・クラーン(グ)・ティー・カゥ〜(ト)・クン・
トゥン(グ)・トーギヤウ・ラヤ・ターン(グ)・タオライ!?>
=「震源地から東京までどのぐらいの距離ですか!?」

{ประมาณ สามร้อยห้าสิบ กิโลเมตร K}
<プラマーン・サーム・ローイ・ハー・シッ(プ)・ギロー・メッ(ト)・K>
=「だいたい350kmsぐらいです」

(一般タイ人が把握して知っている日本の地名は、ごく限られていて、
震源地が、日本の中心地首都である東京との距離感を知りたがっています。)



8.{ได้ยินว่า รัฐบาลไทยส่งความช่วยเหลือให้ทางญี่ปุ่น
ขอบคุณมาก K}
<ダイ・ジン・ワー・ラッ(ト)タバーン・タイ・ソン(グ)・クワームチュアイルア・
ハイ・ターン(グ)イープン、
コー(プ)・クン・マー(ク)・K>
=「タイ政府が日本に援助を送ってくれたと聞きました。
どうもありがとうございます」


(事実、タイサイドにおいて、過去に日本がタイを援助してきたお返しとし、
最大限の援助をいちはやく表明して、施してくれています。
例文では、物資、金銭、薬、器具全般を、「援助」の言葉で代用しています。)



※<K>は、末尾につける丁寧語であり、
男性は<クラッ(プ)>、女性は<カ>の略で、省略してもかまいません。


「参考単語」
*{แผ่นดินไหว}「地震」=<ペンディンワイ>
*{(คลื่น)สึนามิ}「津波」=<(クルーン・)スナーミ>
*{สะเทือน}「揺れる」=<サトゥアン>
*{อิทธิพล}「影響」=<イッ(ト)ティポン>
*{ล้ม}「(物などが)倒れる」=<ロム>
*{พังลง}「(家やビルなどが)倒壊する」=<パン(グ)・ロン(グ)>
*{คนเสียชีวิต}「死者」=<コン・シア・チーウィッ(ト)>
*{คนศูนย์หาย}「行方不明者」=<コン・スーン・ハーイ>
*{โรงไฟฟ้านิวเคลียร์ฟุกุชิมะ}「福島原子力発電所」
=<ローン(グ)・ファイ・ファー・ニウクリア・フグチマ>
*{ระเบิด}「爆発する」=<ラバゥ〜(ト)>
*{(กัมมันต)รังสี / (จากนิวเคลียร์)}「放射能」
=<(ガムマンタ・)ランシー/(・ヂャー(ク)・ニウクリア)>
*{รั่ว}「漏れる」=<ルア>
*{กระจาย}「拡散する、伝播する」=<グラヂャーイ>




此度の「東北関東大震災」で被害に遭われ、
命を落とされた多くの方々のご冥福を、
心よりお祈り申し上げます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック