2006年06月02日

PGA、FedEx St.Jude Classic大会最終日


5月28日、PGA、ゴルフトーナメント、

FedEx St.Jude Classic大会最終日。

この日は、丸山茂樹選手に密着することに決めました。

大会三日目、いいところまでいきながら、
最終18番ホール、池に2発で、痛恨のトリプルボギー。
いいところなく、自滅していきました。

何でも足に水ぶくれができて、体調がすぐれないようだ。

杖をつきながら、
痛々しいまでの悲壮な姿で丸ちゃんは頑張り通す。

スコアを大きく落とし、7オーバーで最終日に臨む。
ティーオフは7:26でかなり早い。





1番で幸先よくバーディーをもぎ取る。
続く2番も惜しいバーディーを外し、パーセーブ。
そして3番でもきっちりとバーディー。

8オーバーでスタートした同伴競技者エリスが、
どんどんスコアを崩していく中で、
丸ちゃんはほぼ完璧なゴルフを展開。

インに入っても、2つバーディーを奪い、
それまで、ノーボギー。

残る2ホールとなって、17番も見事にピンそばにつける。
これを沈めればバーディーというところが、わずかにそれる。
スカシ、返しを外し、痛恨のボギー。

これでプッツンしたわけではないだろうが、
前日の悪夢の再現か、
18番最終ホールティーショットをいきなり池ポチャ。

丸ちゃんの表情に苦渋と苛立ちの色が浮かぶ。

池脇からスーパーショットを見せるが、
結局、最終ホールもボギーとし、
通算5オーバーでホールアウト。

4日間トータルでは、本人としては不本意な47位タイ

サイン席で丸ちゃんの登場を他のファンとともに並び待つが、
そのまま、カートで足早に去って行った。

確かに、成績も体調も悪くそんな気にはなれないだろうが、
残された多くの丸ちゃんファンは肩透かしを食らったようで、
実に寂しかった。

かくいうワスも、三日酔いの体に鞭打ち、
1番ホールから最終18番までずっと一緒に歩いて回ったので、
やはり、最後は、チト、寂しかった。

その後、I氏宅のホームパーティーに参加し、
奥様自家製の手料理がところ狭しと並び、
寿司職人が目の前で握るネタをひたすら食べ続けた。

<こんなに至れり尽くせりでいいの???>

毎年このPGAゴルフ大会最終日恒例のパーティーとのことで、
多くのアメリカの友人方も日本料理に舌鼓を打っていた。

午後、健闘した丸山大輔選手の後、
2組遅れで今田竜二選手がほぼ連続してホールアウト。

今度はしっかりと、

丸山大輔選手には白い帽子に、

そして今田竜二選手には、

赤い帽子にそれぞれ日付入りのサインを頂きました。

アホ面でしっかり、ミーハーなことをやってしまいました。


ということで、
最終結果をチェックしますと、、、

丸山大輔選手は3アンダーで殊勲の堂々5位タイ

今田竜二選手は1オーバーで、敢闘賞ものの22位タイ

二人とも将来を嘱望される有力な日本ゴルフ界の逸材です。
これからこっそりこの2人を応援していこうと思いました。

優勝は、ぶっちぎり9アンダージェフマガート

最終日16番ロングホールのイーグルバットが、
美酒を呼び込み、逆転で優勝を勝ち得ました。

大会最終日になり、
ようやく目の前の現実を傍受することができるようになりました。

アメリカは、メンフィスにやってきて、、、、

本場ゴルフの、
しかもプロのトーナメントの熱き攻防を目の当たりにでき、
誠に貴重な体験をさせて頂いたものと感謝しています。

<合掌>



この記事へのコメント
あれれ、日にちや内容が前後してますかね??
いずれにしてもPGAが目の前で見れるなんて素晴らしいですね!!
持つべきものは友ですね!!
素敵な思いでを沢山作ってください
Posted by freedom at 2006年06月01日 03:10
あれれ、日にちのや内容がごちゃごちゃになってますか??
それにしても、素敵な知り合いがいてよかったですね!
持つべきものは友ですね
出会いは大切にしたいものです
のこりの滞在も体に注意して楽しんでください
Posted by freedom at 2006年06月01日 03:15
もう、ハチャメチャです。
実際は、デジタルカメラで200枚以上、
いろいろ撮りまくりましたが、
いずれご紹介できましたらと存じます。
Posted by タイフリーク at 2006年06月02日 04:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。