2006年05月23日

チェンマイでレーシック1周年、良好!(下)



サミティヴェートをキャンセルして、昨年の5月4日、
チェンマイのBest Eye Laser & Vistaで、
まずは、手術のための入念な眼科検査診断。

<まず、手術の適正具合も診察されます。
当院では、残念ながら、日本語でのケアはありません。
タイ語あるいは英語でのやり取りになります。>


やはり、自分の場合は、右目の角膜に問題があるということで、
いろいろドクターの方が検討されていたようでしたが、
最終的に<(迷ったら)GOサイン??>を頂きました。

翌日から、1週間のパタヤドライブ旅行を満喫し、
(いつか、このときの模様もレポートしたいですが、、、)

5月12日、2時より、
待ったなしのドキドキのレーシックオペ。

このときのことをいろいろ思い出そうとするのですが、
どうも遠い白い靄の彼方で、
記憶の糸がアヤフヤに絡み合っているかのようです。

手術自体はそれこそ、あっという間に終わりました。
<両目で、10分もかかっただろうか?>

<パカ>っと眼の表面の膜を剥がされたような感覚があり、
<ジー>っとこれまたレーザーで焼かれるような妙な雰囲気。
それが、2回繰り返されたかな、、、と思ったら終わってました。

あまりにもあっけなさ過ぎて、
恐れ、身構え、ビビル部分の間もなかったほどです。

個人差はあるのでしょうが、
ワスの場合は、ほとんど痛みすらも感じなかった。

ただ、手術が終わった直後のことだけは、
鮮明に感動的に覚えている。
手術室の上のライトが、天井が、くっきりと裸眼で見えたことだ。



それからの経過としては、
翌日、3日後、1週間後、2週間後、1ヶ月後、3ヵ月後の、
検診を経て、問題なく現在に至っている。

当初は、サウナ、プール、ダイビング、ゴルフ等、
激しいそして目に負担のかかるスポーツ等は厳禁だったが、
ドクターの許しを得て、術後2週間で、ゴルフプレーに走りました。

最初の3ヶ月ぐらい、
なかなか慣れなくて(何せ30年の習慣が身についてます)、

起きて眼鏡を探しながら、、
<アッ、ワス、もう見えるんだっけ>

顔を洗って、眼鏡を探しながら、
<アアッ、ワス、もう眼鏡使ってないんだっけ>

の繰り返しです。

大好きな映画を観に行く際も、
以前はいつもほとんど前列の方でかぶりつきでした。

スカス今は、わざわざ後方で、その余韻を噛み締めるように、
大スクリーンの迫力をクッキリ、スッキリ、楽しんでます。

また、レーシック後は、<これだけはしたい、、、>
という長年の願望がありました。

分厚い眼鏡ではなく、
クールに黒のサングラスをかけて外に繰り出すことです。

早速、「ターミネーター2」ばりのサングラスで悦に浸りました。
<本人はシュワちゃんのつもりでも、寅さんなんですよねー>

はっきりいって、言い古された言葉ですが、
人生観がまさ180度変わりました、、、!

実は、レーシックを受けて、
半年後、1年後は、病院側の責任で、
術後の経過を測るうえで、定期検診を施されます。

スカス、ワスの場合、すっかり忘れてしまって、
その検診日も知らずに通り過ぎてしまっておりました。

それぐらい、何の支障もないし、
そういう不便さや不具合を日々考えたこともなかったのです。

自分の気持ちの中では、実際、手術後の1週間で、
レーシックの施しは完結してました。

むしろ、最近の方がますますよく見えるようで、良好です。

費用については、手術前の適正検査が1000B
そしてレーシックの手術自体が、59000B
合わせて、60000B(術後の定期検診代も含む)。

(日本円で、約18万円前後でしょうか)

ワスの場合は、右目の角膜に問題があり、
オーダーメイドの特別な手術ということで、料金は割高でしたが、
本来は、当院で、4万B前後ということらしい。

最近は、レーシックの手術料金も格段に安くなり、
その安全性も高まってきていますが、

レーシックオペを受けるにあたっては、
十分、ドクターの言に耳を傾け、
万全の体制で臨まれてほしいと念じます。

(ワスの場合は、
まるっきりの行き当たりばったりで説得力がありませんが、、、)

半年後の定期検診をすっぽかしており、
この1年後の方も知らず知らずのうちに過ぎてましたが、
アメリカから戻ってきたら、ちょこっとドクターにご挨拶に伺おう。



1年が過ぎた今でも、酔っ払ったときなんか、

<アー、メガネ、メガネーーー>

と探していたりする可愛いくて間抜けな自分です。

<恐るべしは、長年に亘って染み付いた習慣か。>

<さらに恐るべしは、
視力を取り戻してくれた医療技術の進歩と有難さよ!>


<最後に、参照として、
タイで日本語でレーシックを受けられる病院をご紹介。
レーシックの具体的な詳細については→こちら!

(やはり、日本語で、正しくやりとりできるところが、
一番、安全かつ安心であるかと存じます。)




この記事へのコメント
目がなにもなくてよく見えるってそれだけで幸せですよね!!
僕も今はコンタクトを使っていますが、つけっぱなしで寝ちゃったり、はたまた眼鏡を踏んで壊してしまったり。。。
目に限った話ではありませんが、五体満足、健康でいることがすべての原点ですね!
よく体の中で存在感を突如あらわす場所があったらそこが悪いって言います。
ようするに、普段胃がどこにあるかなんてあんまり意識しないのに、胃が痛むときは、胃の存在がハッキリと自覚できるって感じです。
そう思うと眼鏡にしても、コンタクトにしてもいつも存在を感じます。
ごまかすことは出来ても、存在は感じます。
そう思うとレーシックは魅力的ですよね!!
考えちゃうな〜
そのときはまたご相談させていただきますのでよろしくお願いします!!
これを読むのは到着してからでしょうか?
アメリカはいかがですか??
体調管理お気を付けください!!
とくにビールの飲みすぎには、、、
Posted by freedom at 2006年05月21日 18:39
freedom様
いえ、出発はまだですよ。
(22日、夜行列車でバンコクに出て、
24日、早朝、ユナイテッドで飛びます)
昨日はちょっと一日中ゴタゴタしておりまして、
ご返事がさしあげられませんでした。
力の入ったいつもの熱いメッセージ、本当に有難うございます。
レーシックについては、お勧めですが、
今、日本でも相当料金が安くなってきていると聞いてますが、
実際のところ、どうなんでしょう?
でも、まだまだ、レーシックに対する、不安感や不信感といったものが、
根強くあるのも事実でしょうね。
自分でお役にたてますことでしたら、いつでも喜んで、、、!
Posted by タイフリーク at 2006年05月22日 12:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。