2006年04月14日

アジアンテイストはパワフルでエキゾチック!



ソンクラーンで全く身動きが取れず、覚悟を決めて、
明日は、何年かぶりで家人の実家へ行くことにする。

家人の実家は、チェンマイから70〜80Km、
南に下ったランプーン県の山奥のド田舎で、この時期、
行けば、地獄の酒三昧で死をみるのは明らかなのだが、、。

家人の実家に行けば、<飛んで火に入る夏の虫>
間違いなく2、3日は何も出来ず沈没するであろうから、
今のうちに、記事の更新をしておいて、その分に充てます。

さてさて、つい先日、タイ人の友人のお誘いを受け、
超久方ぶりに、<ガートルアング>を散策した。

<ガートルアング>は、地元北タイの呼び名で、
<ガート>は「市場」、<ルアング>は「国の、王の、大きい
などの意味で、さしずめ、「大(王)市場」とでも云えようか。

つまり、チェンマイで一番人気の「ワロロット市場」のことだ。
ちなみに<ナイルアング>は口語で「国王陛下」の意味である。

このワロロット市場には、ありとあらゆるものが売られている。
その広さもさることながら、衣食雑貨、すべてに興味深い。

タイ人の友人のDさんは、以前から高級婦人帽子を手がけ、
最近、新たにビジネスを立ち上げたという。

帽子というのは、端的にいってみれば、
ファッションの最後の成否を決める、一番重要なアイテムである

また、その製造過程はその他の衣服やズボンなどの比ではなく、
繊細さを極め、複雑であり、より正確な技術を要するという。

つまり、Dさん曰く、
彼女にはそういった腕のたつ職人さんを抱えているので、
ベースの高級帽子だけではなく、何でも製造できるとの由。

試みに、市場の中でいろいろ見て回ったが、その一部で、
ちょっとラフっぽくてカジュアルで可愛い帽子が、
山と積まれていた。シンプルだけどお洒落!!

帽子1
色がカラフルだけど、変にタイ製っぽくない

値段を聞いてびっくり。Dさんの交渉で、
最初、100Bのところが、80Bになり、
もしまとめ買いするなら、まだ安くしてくれるという。

ワスは、思わず、家人にひとつ買いました。
80Bなら日本円にしてわずかに200円ちょっと。

帽子2
生地がしっかりしていて機能的で実用的

店主の方が言われるのは、
遠くヨーロッパからも多くバイヤーさんが駆けつけ、
他ならぬ日本からのお得意さんも少ないないという。

帽子3
色も形もデザインもお客の注文どおりにできるという

びっくりしたのは、Dさんが言われた次の一言。
「私のところでは、もっと安くもっと仕上がりよくできるわ」

自分は商品の流通経路のことはよくわからないが、
この手の帽子なら日本なら普通に2000円、
安くても1000円なら間違いなく売れるに違いない。

また、いろいろアクセサリーの原料になるショップも覗いたが、
そこもとても興味深かった。

数多くの色とりどりの木製品やプラスチック片に混じって、
自然から成るなどを加工した装飾品に目を奪われた。

アクセサリー
とにかく素材の色サイズ形、種類の多さに圧倒された

素人考えだけど、前述の帽子やその他アパレル製品全般に、
そういうワンポイントを誂(あつら)えば、
扱い方によっては、とても面白い素敵なアクセントになり、
商品的にもちょっとした付加価値がつくのではないかと、、、。

もちろん、デザイン的にセンスやニーズを要求されるが、、、。

その他、自分が実際に購買意欲をそそられた、
ワイルドで、パワフルで、エキゾチックな、
興味深い布地カバンや様々な衣服や小物も沁みました。

ワスは自慢じゃないが、相当財布の紐はかたい方だけど、
確かにこういうアジアンテイストの商品が、
<これこれこのぐらいなら、そりゃあ、日本でなら買うわなあ>
と妙に実感できた。

早速うちに帰って、インターネットでいろいろ検索したところ、
楽天のショッピングモールでもありました、ありました。

手広く、アジアンテイストを全面に押し出して、
商っているところが次の4つ。
すぐさま、お気に入りのリンク先にも加えさせていただきました。

アジャラ → は こちら

Asian デザイン民族東巴 → は こちら

アジアンパレット → は こちら

アジアン&琉球雑貨店石敢當 → は こちら

きっと他にもいろいろあるのでしょうが、
上記の4箇所ともその情熱度は甲乙つけがたく、
また、実際に、その商品を仕入れられるだろう、
それぞれのバイヤーさんにも頭が下がる思いです。

ただ、いろいろアジアの独自色を出されていて、
その品揃えの数々には目を見張るものはありましたが、
売れ筋の商品が皆懐かしく、こちらの馴染みのものばかり。

改めて、
<タイの商品は商売になるゾ>
と納得した次第です。

<こりゃあー、Dさんに真剣に相談して、
日本やヨーロッパ向けに商品を開発すれば銭になるかな??>


ソンクラーンの中で、一人、物思いに耽る狂介さんでした。



この記事へのコメント
こんにちは
当ショップをリンク頂きありがとうございます
またメールを頂きありがとうございます
内容も充実していておもしろいですし
頭脳のよさ実感しています。
商いにつなげれれば良いなぁ!と

いろいろ店長とも話をしていますが
いろんな面で検討いたします。
時間が少しかかるかもしれませんが
宜しくです。

Posted by アジアンパレットの寺西です at 2006年04月14日 11:16
アジアンパレットの寺西様
早速のご返事、誠にありがとうございます。
どうぞよろしくお願い申し上げます。
Posted by タイフリーク at 2006年04月14日 11:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。