2006年04月13日

タイ正月初日、「祠参り」、、、



いよいよ、タイ正月「ソンクラーン」の朝が来た。

結局、いろいろチェンマイ脱出を画策したが、叶わず、
とうとう心の準備もないまま、当日を迎えた次第である。

家人は、昨日来、それこそずぶ濡れになりながら、
市内の市場を徘徊し、必要な種々の供物を調達していた。

家人も御多分に洩れず、一般タイ人同様、
仏教に対する信仰心が一際篤い。

毎週、土曜日のタンブン(お布施)を欠かさず、
いつも朝早くからお坊様に供する食物を嬉々として準備する。
しかも心を込めて調理した家庭料理である。

それが、我が家の食卓に並ばないこともあり、
タンブンの供物がことさら美味しそうに見えて、
そのことを告げると、いつもしっかりと窘められ叱られる。
お坊様に献上する供物は、それこそ特別なようだ。

さて、ソンクラーン初日の朝、
家人は、忙しそうに庭先で、立ち働いていた。

本来、各タイ人家庭、店先、会社、工場、百貨店に至るまで、
タイ中のありとあらゆる建物のどこかかしこに、
<サーンプラプームジャウティー>と呼ばれる、
土地の神をを祀(まつ)る祠(ほこら)がある。

通常、目の高さほどのところに祠を設け、
屋敷内の一隅にひっそりと鎮座奉る。

あるいは、ホテルなどで見かける、やたら大きく華麗で、
装飾品を施し設置された「土地神祠」もある。

一方、それよりもうちょっと小さめで、
故人や、先祖の守護霊を祀る祠、
<サーンプーヤー>も見逃せない。

ということで、例外に洩れず、
二祠とも、うちの庭先にしっかりとございます。

2対
左がサーンプラプームジャウティー、右がサーンプーヤー


まず、供物の一切合切を、それぞれの祠の前に奉り、
<プアングパーライ>と呼ばれる花輪7束を、
土地神様に手向けます。

花輪
色鮮やかに綺麗に映える7束の花輪

次に、<パージェットシー>と呼ばれる布地7色
赤、青、白、緑、黄、橙、桃の各色の布地を重ねて、
土地神様の祠の首の部分に結わえます。

布地
何か、神仏様がお色直しをしたように厳粛

そしてタイ式のやたら細長くて煙のたつ線香を、
それぞれワスが9本、家人も9本引火し、
お供え物の前に立てます。

線香火
<この独特の線香の香りもいいものです>

同様のことを、ご先祖様祠の前でもやります。

鳥に刺す
鳥丸ごとの上に線香を突き刺すのは何となく忍び難い

この日のために用意したタイ産ウイスキーを開け、
お神酒(みき)代わりに捧げます。

お神酒
お神酒の感覚は日本人にも相通ずるものがある

神仏前に供された食物の類には、それぞれ意味があるようだが、
大切なことは、以下のようである。

1.必ずや昔ながらのお神酒を奉る。
(今はウイスキーなどで代用)
2.鳥は必ず2羽で一組丸ごと献上する。
3.果物を供する。
4.菓子等のデザート類を供する。
5.ご飯を含むお惣菜を供する。


ここで、家人は、ひたすら読経しながら、
「家内安全」、「無事息災」を祈祷していることだろう。

自分も、<何とかゴルフがうまくなるように、、、>
とひたすら祈り続けました。<後、仕事の件も、、、>

不謹慎ではあるけれど、薄目を開けて供物を眺めてみると、
いろいろあります。

儀式終了
いろいろな想いを込めて祈ります

御水、
タイ産ウイスキー1本
チキン丸ごと2羽
バナナ一房
蜜柑一盛り
リンゴ一盛り
マンゴー一盛り
チョンプー一盛り
スイカ1個
ココナツ(椰子)1個
パン一斤
タイ菓子3種
豚バーべキュー盛り合わせ
ご飯一椀
   などなど、、、

どれもこれも美味しそうに見えて仕方ありません。

しかし、いつものお坊様へのタンブンと違って、
お供えをしてしかるべき後に、
我々でしっかり食すことができます。

ちょっと油断するとどこからともなく現れる、
犬や猫の攻撃をかいくぐりながら、
後で食べたお供え物の何て美味しかったこと。

タイ式に鑑みてみると、今日から新しい年の初め、、、。

<改めまして、
皆様のご多幸とご発展をお祈り申し上げます。
今年は前年よりは、すべてがうまくいきますように!!!>


この記事へのコメント
ご無沙汰してしまいました!
Mikiです。

ソンクラーンですね。
私も4年前(もうそんなに経ってしまったと今気づきました)、ちょうど4月にタイにいることができました。

デジカメをダイビング用のハウジングに入れて持ち歩いていました。

ファランに担ぎ上げられ、プールに服のままドボーン!!! 楽しかった。

サーンプーヤーの記事とても興味深いです。
いつも気になっていたんですよね。
私の夫も、是非家に欲しい、とタイにいるときはいつも言っていました。

では
Posted by Miki at 2006年04月16日 00:47
Miki様
どうもご無沙汰致しております。
2日ばかり、ランプーンにて雲隠れしておりました。
ようやく、今年のソンクラーンも終わりです。
Miki様の4年前のタイソンクラーンはいかがだったのでしょう?!
毎回、Miki様の記事は楽しく拝見させていただいておりますが、
Miki様の守備範囲の広さに本当に驚かされてしまいます。
ところで、また、今度質問があるのですが、よろしいでしょうか?
どうぞよろしくお願い致します。
Posted by タイフリーク at 2006年04月17日 12:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。