2006年03月24日

春の選抜高校野球も始まるが、、、



まずは、連日の大相撲春場所について触れてみたい。

昨日、大関栃東が3敗目を喫し、ワスも大いに落胆し、
言わずもがなのことを述べた。
それだけ、栃東に期待していた裏返しでもある。

しかし、今日、大きな波乱があった。
栃東がやってくれた。

結びの一番前で、
あの11連勝中の関脇白鵬に一矢報いたのだ。

白負け
仰け反りながら、全勝の白鵬に土

この日の白鵬はちょっとおかしかった。
立会いが合わず、2度彼の方から突っかけた。

栃東の顔も昨日と同じで、悲壮感が漂っている。
彼も気落ちしなかったといえばウソになる。
どう自分自身の気持ちをコントロールして、
今日の土俵に向かうか、内心、ワスもいたたまれなかった。

ワスは連日白鵬の相撲を、横綱相撲と形容しているが、
腰が低く、ケツの位置が相手力士よりどんと座っているので、
安定感があり、土俵際の万全の寄り切りは、
往年の大横綱大鵬、北の湖、貴乃花を彷彿させる。

しかし、この日の栃東戦はチョット違った。
まさか、初優勝を意識してガチガチになったとは思われないが、
少なくとも立会いの鋭さもなく、腰高で、浮ついていた。

本来、前捌きのうまい栃東が、うまくまわしを与えず、
押しを決めると、白鵬はあっけなく土俵を割った。

今となっては、栃東の前半戦の2敗が何とも悔やまれる。
下位の力士との取りこぼしがなければ、
俄然おもしろくなってただろうに、、、。
(イカン、イカン、たらればを考えちゃーーー。)

しかし全勝の白鵬を止めて、やっと存在感を示した。
今場所の綱取りは消えたが、
残り3日間、全力を尽くして欲しい。

残り3日といえば、もう一方の大関魁皇は7敗目を喫し、
いよいよ後がなくなってしましった。
残り、3連勝は、あるだろうか???
(厳しいよなあーーー。)

大相撲にかかりっきりになっている折、
今日より、春の選抜高校野球も始まったようだ。

全く、うっかりしていた、、、。


昔は必死になって、高校野球を応援していたが、
いつごろからだろうか、、、?!
あまり、高校野球に関心を示さなくなってしまった。

ここタイのNHKでも放映されていなかったので、
結果だけ、ニュースで知った。

第78回選抜高校野球大会は、
初出場12校を含む32校が参加。

開会式に続いて1回戦3試合を行い、
地元の神港学園(兵庫)、
成田(千葉)、
智弁和歌山(和歌山)が初戦を突破。

これから高校野球も熱戦を繰り返すのだろうが、
プロ野球パリーグも来週早々開幕する。
まだ、WBCの興奮冷め止まぬまま、
いよいよ、球春がやってきた。

このブログは、タイのチェンマイ長期日記を標榜しながら、
ここ連日、スポーツの解説ばかりに終始している。
とりあえず、まずは大相撲の残り3日間は、
やはり気になって仕方がない。

ただ知らないうちに、また大変ありがたいことに、
このブログも全体で100位内に入ってきた。

どういうふうに、流れていくか定かではないが、
<激初タイ験(タイのかみさん)>の連載も公にした。

少しずつ、ブログの体裁を整えながら、少しでも、
チェンマイの危うい妖しい香りをお届けできれば、、、と、
気は高ぶり、同時に気を揉んでいる。

さあ、その前に、大相撲春場所の賜杯の行方は、
横綱朝青龍か、それとも関脇白鵬か、
大関栃東は、来場所に続くキーマンになりえるか?

申し訳ないが(誰に?!)、高校野球春の選抜よりも、
大相撲春場所から、今は目が離せない。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。