2006年03月23日

大相撲、勝負の世界は厳しいゾ!



大相撲春場所11日目は、勝負の明暗を分けた。

WBCの連日の報道で、ついつい見過ごされがちだったが、
大相撲も、いよいよ大詰めを迎えてきた。

今場所の見所は、大きく分けて3つ。

1.栃東の、久々に日本人横綱誕生なるか。
2.白鵬、大関昇進を決めるか。
3.朝青龍が二人に立ちはだかり、意地を見せるか。

それ以外に、千代大海魁皇のカド番脱出なるか、
さらには、ケガの琴欧州の勝ち越しなるか、、、。

そして11日目は、どうしても見逃せない大一番があった。
すなわち、栃東−魁皇戦、及び、
白鵬−朝青龍戦の2番である。

まずは、大関同士の対戦。

序盤で2敗している栃東は、もう一つも落とせない。
先日、WBCの日本の奇跡的な復活逆転優勝を、
栃東にだぶらせて記事にも書いたが、
栃東の残り全勝は十分ありうると密かに期待していた。

対する魁皇は、ここまで4勝6敗と崖っぷち。
もし、負け越せば、このまま引退もありうる。
過去、圧倒的な強さを誇りながら、
ここ一番でことごとくケガに泣いた、
この孤高の偉大な大関を応援するファンは多い。

全勝対決となった結びの大一番は、これまた大変だ。
関脇白鵬と横綱朝青龍は、ともにモンゴル出身。
関脇白鵬は、ここまで全く危なげない横綱相撲で10戦全勝。
対する横綱朝青龍は徐々に調子を上げてきて、
怖いぐらいの形相で、同じく10戦全勝。

勝負の行方は、神のみぞ知るであるが、
ほんのちょっとした呼吸の加減ででも勝負の流れは変わる。

この2番の大相撲に関しては、
直接、NHKのライブ放送で見られた分、
仕切りのうちから、胃が引き千切られる様な想いだった。

勝負の世界は非情である。
特に、大相撲はやり直しがきかない一発勝負。

結果は、、、



ああー、、、
栃東魁皇に寄り切られて3敗目を喫し、
今場所の綱とりの望みは完全に断たれた。
カド番の魁皇は薄氷の5勝6敗。

この勝負、栃東の負けはまずないだろうと踏んでいた。
それは、魁皇の調子云々ではなく、
勝負の大きな流れが、
栃東
に分があると思っていたからだ。

立会いで、栃東が左を差されやばい態勢になっていた。
その瞬間、あれよあれよと魁皇に寄り切られた。
思わず、ため息が漏れた。

決して、魁皇に負けてもらいたかったわけじゃない。
むしろ、魁皇の最後の踏ん張りには大きく期待もしていた。
しかし、それでも、栃東が負けるとは考えていなかった。

たらればはいけないけれど、もし栃東が今日勝っていれば、
今後の関脇白鵬戦と横綱朝青龍戦で、
WBCの日本代表のごとく奇跡が起こっていたかもしれない。

この結果、気落ちした栃東には残り全敗もありうる。
そのぐらい、勝負の世界は微妙で、
憮然と右にも左にも結果が分かれる。

勝った魁皇もまだ、白鵬朝青龍戦を残している。
今の魁皇にとってこの二人に勝てるとは思われない。
残り2つ星を落とすと、自動的に負け越しであるから、
まだ、崖っぷちの状況は一向に変わらない。

反対に、カド番の大関千代大海とケガの琴欧州がともに、
嬉しいこの日の勝ち越しを決めた。
この瞬間、大関千代大海は、
魁皇と並ぶ史上最多タイの9度目のカド番を脱出した。

残るは、結びの関脇白鵬−横綱朝青龍戦
これも不思議なもので、もし栃東が勝っていれば、
横綱が番付けどおり勢いのある白鵬を仕留めるだろうと、
そういうふうに予想していた。

しかし、栃東は早々と散ってしまった。
こうなると、この結びの全勝同士の大一番も、
何となく落ち着かない気分になってくる。

結果は、白鵬が絵に描いたように、
上手出し投げで横綱を下し11連勝。
単独首位に躍り出ると同時に、
大関昇進に向けて大きく前進した。

白鵬
<横綱朝青龍、関脇白鵬に完敗>

転がされた朝青龍の呆然とした顔が印象的だった。
まず、同じ相手に2度続けて負けない磐石の横綱が、
先場所に続けて白鵬に不覚を取った。胸騒ぎは当たった。

白鵬に勢いがある。
もう、誰にも彼を止められないのか?
すでに先場所から続けて18連勝となる。

栃東に暗い影が見える。
横綱昇進の望みを来場所に持ち越すためにも、
残り4日間、全力で頑張って欲しい。

朝青龍の超人伝説が崩れる。
このまま、白鵬の独走を許していいのか。
しかし、直接対決はもう終わってしまった。

大相撲春場所11日目は、いろいろな意味で明暗を分けた。

カド番大関千代大海が、勝ち越しを決めた。
ケガに泣く大関琴欧州も、自力で勝ち越しを決めた。
大関栃東の今場所後の横綱昇進の目は消えた。
カド番大関の魁皇の負け越しに待ったがかかった。
無敵の横綱朝青龍の連勝がストップし、優勝に黄信号。
11連勝中の関脇白鵬の大関昇進をほぼ確実にした。


何度も繰り返すが、勝負は下駄を履くまでわからない。

しかし、今日11日目が終わって、
だいたいのおおまかな流れは見えてきた。

ワス個人としては、
朝青龍白鵬琴欧州を決して嫌っているわけではない。
むしろ、ワスは、外国人力士を積極的に応援している立場だ。

幸か不幸か、外国人力士恐るべしである。
今場所も幕内に12人(十両に3人)ひしめいている。
(この外国人力士については、機会をみてじっくり触れたい。)

しかし、何となく淋しいし、何となく落ち着かない。
この心悲(うらがな)しい気分はどうしてだろう。

いずれにしても、
日本人力士の冬の時代は当分続きそうな気配だ。

 
この記事へのコメント
らんきんぐ一位になってました
おめでとー

そして継続は財産なり
Posted by hama at 2006年03月23日 00:26
コメントどうもありがとうございます。
もしかして、もしかして、
あの、Hama様ですか?!
人違いでしたら、すみません。
今後とも、どうぞよろしくお願い致します。
Byタイフリーク
Posted by タイフリーク at 2006年03月23日 02:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。