2006年03月22日

祝日本、WBC初代王者!!!



王ジャパン万歳、栄えあるWBC

初代チャンピオンに輝く!


胴上げ決勝は、

皆の夢を乗せて、

日本が、

10―6で、

キューバを破った



いやー、今日は朝から落ち着かないったりゃありゃしない。
キューバとの決勝が、日本時間朝11時プレーボール、
ということは、タイ時間は、2時間早く、朝9時スタート。

NHKを始め、メディアというメディアをチェック。
それにしましても、日本はスタートダッシュで爆発し、
その後、痺れるような展開を経て、
最後は堂々の勝ちっぷりに、心から沁みました。

取り急ぎ、記録という形で、改めて、
この世紀の一戦を振り返ってみたいと思います。

王貞治監督が率いる日本の先発メンバーは以下の通り

 1番・遊撃・川崎(ソフトバンク)

 2番・二塁・西岡(ロッテ)

 3番・右翼・イチロー(マリナーズ)

 4番・DH・松中(ソフトバンク)

 5番・左翼・多村(横浜)

 6番・捕手・里崎(ロッテ)

 7番・一塁・小笠原(日本ハム)

 8番・三塁・今江(ロッテ)

 9番・中堅・青木(ヤクルト)

 先発投手は、松坂(西武)
   (敬称略) 

<前回に続いて、イチローが3番に座り万全の布陣>

試合の詳細は、、、以下のごとく、、、。

【一回表】
日本は一死満塁から多村(横浜)の押し出し死球で1点を先制すると、二死後、小笠原(日本ハム)の押し出し四球で2点目。さらに今江(ロッテ)が中前へ2点適時打を放ち、一挙4点を先行した。

<この先制の4点が、どれだけ、大きな希望の灯となったか。
これほど、幸先のいいスタートはない。>

【一回裏】
キューバは、日本先発の松坂(西武)から、先頭のパレがソロを放って1点を返した。

<絶好調のはずの松阪に、不気味な先頭打者ホームラン。
しかし、ソロでよかった。
その後、松阪は落ち着いてしっかりと役割を果たす。>

松阪
松阪、終わってみればWBC、初代のMVPに選出される

【五回表】
日本は先頭のイチロー(マリナーズ)が左翼線への二塁打を皮切りに、松中(ソフトバンク)、多村の3連打で1点。さらに一死二、三塁から小笠原の犠飛で加点した。

<日本の押せ押せムードで、俄然、期待が高まる。>

イチロー2
イチローはここでもしっかりチャンスメーカーになる

【五回裏】
日本は松坂から2番手の渡辺俊(ロッテ)へ。松坂は四回まで毎回安打を許しながらも、初回の1点に抑えた。

<松阪よ、あなたは、ようやった。
これで立派に勝ち投手の権利。大舞台でいい仕事をした。>

渡辺
必死の形相で、2番手渡辺の力投

【六回裏】
キューバは一死一塁から3連続短長打で2得点。なお、一死一、三塁と日本の渡辺俊を攻めたが、併殺で加点ならず。

<一瞬、嫌な予感がしたのではないか。
赤い稲妻軍団の恐るべき底力。最後まで油断できない。>

【八回裏】
キューバは一死一塁からセペダが左越えへ2ランを放ち、1点差に迫った。

<この辺から、もういてもたってもいられなくなった。
楽勝ムードから、勝負はどう転ぶかわからない?!>

【九回表】
日本はイチローの適時打、代打・福留(中日)の2点適時打など4点を挙げた。

<福留よ、準決勝といい、この決勝といい、
あんたは素晴らしい働きをしてくれた。
これで、勝利の栄冠ををぐいっと手繰り寄せた。>

【九回裏】
日本は八回途中から救援した大塚(レンジャーズ)の力投で逃げ切った。

<1点差だとどう試合が展開したか、わからなかった。
9回表の加点が大きかった。
大塚は、威風堂々と投げ切った。やったー、優勝だー。>

優勝
日本がWBC初代世界王者になった瞬間

王
王監督の胴上げ

王監督のコメント
「ファンの皆さんに支えられて、こんなに素晴らしい気分を味わえて、言うことはない。日本の野球を最高の形でアピールできて、うれしく思っている」
<王監督、日本国民すべてに大きな感動を与えてくれました。>

イチロー選手のコメント
「最高です。信じられない。正直言って、具体的にこんな所に来られるとはイメージできていなかったが、みんな本当にすごい。たくさんの人に、野球ってこんなに素晴らしいものだと思っていただけたら、うれしい」
<はっきりいって、イチロー選手のリードオフマンがすべて。
あなたがいなかったら、勝負はどうなっていたか。
よくぞ、日本代表として参加してくれました。>

松坂投手のコメント
「日本代表として大きな責任と誇りを持って戦いに来た。日本が一番だということを証明に来たので、この結果には満足している」
<松阪投手よ、男を上げた。
WBCの最優秀選手(MVP)は、大きな勲章だ。>


最後に、ここで、
日本の決勝までの足どりをちょっと振り返ってみたい

 

▽1次リーグ
 ○18−2中国(8回コールド)
 ○14−3台湾(7回コールド)
 ●2−3韓国

▽2次リーグ
 ●3−4X米国(9回サヨナラ)
 ○6−1メキシコ
 ●1−2韓国

▽準決勝
 ○6−0韓国

▽決勝
 ○10−6キューバ


決して、決して、平坦な道程ではなかった。
運も大きく味方してくれた。
都合8試合のうち、3つも星を落としている。

しかし、ここ一番の大事な試合をしっかりものにした。
チームワークの力、組織力の賜物とも取れるが、
やはり修羅場を戦い抜いた、個々の力の集大成といえる。

日本代表の皆さん、本当にお疲れ様でした。
日本列島を包み込む熱い感動の嵐の中で、
そして海外に住む多くの同胞の皆様にも、
同様のそれに負けるとも劣らない程の、
大きな大きな喜びの迸(ほとばし)りを与えてくれました。

ごゆっくりと王者の喜びにに酔いしれて下さいませ。

我々もそれに肖(あやか)って、
今から勝利の美酒に酔いしれます。心沁みます。押忍。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。