2010年06月03日

「すっぽん料理」@「与佐」




2ヶ月にも及んだバンコクでの騒乱がタイ全土に飛び火して、
バンコクやチェンマイを含む多数の県で夜間外出禁止令が発動され、
それも段階的に時間が縮小、いずれ解除されていきます。

五月雨式にようやく落ち着きを取り戻し、、、
ここチェンマイでも、あの混乱がどこか絵空事のように、
以前の平和を取り戻しつつあります。

ただ、相変わらず、超〜〜〜暑〜〜〜い。。。
このクソ暑さの中で、真綿で首をしめるように、
徐々に体力を消耗しながら、いつしか精魂尽き果ててきました。



こうした折、、、6月1日、、、

先月の初旬に、自分の生涯の夢でもあった「ホールインワン」を達成し、
まずは、同伴競技者に大きな敬愛と感謝の意を込めまして、
「与佐」の「すっぽんコース料理」ご招待と相成りました。


「与佐」の場所は、、、ちょっとわかりづらいのですが、、、

ハンドンロードをロータス方向に南進し、それを過ぎて、
タイ免許証の交付&更新などでお馴染みの陸運局のチョイ手前の小道を左折、
道なりに店の看板に従って奥まった先の一軒家が、まさにそうです、、、

チェンマイに日本食関連のお店は、、、
高級、大衆、モドキ!?も含めて、
ザ~っと、少なく見積もっても100軒以上ありますが、、、

ここ「与佐」は、知る人ぞ知る、、、
チェンマイで日本料理の真髄を味わえる貴重なお店。
その丁寧な手造りの仕事ぶり、味、食材の新鮮さ、調理の妙、雰囲気、、、

さらには見た目に無口で頑固一徹職人気質の日本人の親父さんと、
愛嬌タップリ明るく日本人以上に日本人っぽいタイ人のおかみさん、、、
そのお二人に厳しくしごかれたであろうタイ人スタッフの面々。。。

そのメニューの斬新さ、良心的なお値段とも相まって、
間違いなく北タイエリアでは日本料理店トップ3に挙げられる、
チェンマイでも数少ない本格日本料理のお店のひとつです。




さて、自分の生涯においても、
すっぽんのコース料理は、正直初めて。。。

メンバーは、、、
ホールインワンの際にお世話になりましたN社長とO氏に加え、
非常にチャーミングなO氏夫人と、ワスの計4人。。。

すっぽんのコース予約を入れた定時の6時スタート、、、

まずは、冷えたビアシンで乾杯・・・

<効く〜〜〜>

予め、新鮮な刺身の特盛りをお願いしてあり、それをつまみつつ、、、
「与佐」手造り豆腐の冷奴がこれまた絶品。。。
チェンマイでこんな新鮮で美味しい豆腐はそうそう食せません。


「すっぽんコース料理」のトップは、
噂に聞いていた生き血の真っ赤な食前酒???

おそらくワインか何かで割ってあるのか、、、
これが予想に反して全く臭みもなく、
滑らかな口あたりで非常に美味・・・

何だか、元気印を注入されたようで、
ますます食欲をそそられます。

続いて、、、「すっぽんのお造り」でしょうか、、、
色彩豊かに内臓その他のお刺身が出てきて、とりわけ目を引きましたのが、
明らかに活きて鼓動を繰り返す心臓のその部分。。。

恥ずかしながらちょこっとビビッておりますと、
流石に手馴れておられますO氏が、躊躇なく、
その一片をパクっと召し上がられました。

「すっぽんのお造り」は全くの初めてで、好奇心の塊になり、
舐るように、いとおしむように、ひとつひとつをトコトン味わいました。
心なしか、萎えた精神がシャキっと息を吹き返した感じです。


途中、オチャケの肴に何品か追加注文し、
持参の北海道産焼酎「鍛高譚」と併せて、
次々に懇親の手料理を堪能していきます。


酔い心地が沁みてきた折、、、
待ってましたとばかりに、、、
ドカンとてんこ盛りの「すっぽん鍋」、、、

嗚呼、、、
すっぽんのエキスそのままを味わうように、
骨やエラにこびりついた肉汁の部分に貪りつきました。

トドメは、その出汁で作った「すっぽん雑炊」。。。
まさしく御代りを繰り返し、後を引く旨さです。



いつしか焼酎も空いて、
O氏がご持参下さったウィスキーを愛で、、、


デザートは、、、
塩を振ってある甘みが際立つよく冷えたスイカを完食。。。

超満腹となりました。


時間を観れば、すでに午後10時、、、
入店してからアッという間に4時間を数えます。




日頃から酷暑で参り、疲労気味の折、、、
この珍奇な「すっぽん料理」は、
そのまま体の細胞の隅々まで「精」のつくのが実感できました。


ご同伴の方々にも非常に喜んで頂けましたようで、
こちらをご紹介、ご案内しました手前、
自分自身、とても嬉しかったです。


「ホールインワン」の一期一会の恩恵を、
同伴競技者の方々とご一緒の時間を共有しながら、
一ヶ月経ってようやく、記念の感謝御礼できました次第です。


与佐は、勿論、先の「すっぽん料理」だけではなく、、、
「各種刺身&鮨」、「地鶏の焼き鳥」、「しゃも塩焼き」、「合鴨鍋」、「ナマズの蒲焼」等々
その他にも舌鼓を打ちます数多くの魅力的な品書きが存在します。


チェンマイ在住の方で、まだお越しでないなら、
是非、「与佐」のお手料理の数々をご賞味なされて下さいませ。
メッチャ、旨いですよ〜・・・

「すっぽん料理」で、精神高揚、元気爆発、、、
叶うならば、今後はゴルフのスコアの方でも、
(いい方向に!?)大きく進化爆発したいです。



嗚呼・・・



この記事へのコメント
タイフリークさま
テレビで其方の事を見る度に心配して
おりました。
あ〜らゴルフをしておられて安心しましたよ。
ホールインワンですか、おめでとうございます。
すっぽん料理を堪能されて最後は西瓜ですか
面白く読ませていただきました。
私は、友達の家の子供さんが 亡くなられて
友達が倒れたので介護に行っています。
ブログもお休みしておりますが、元気で
頑張っていますよ〜
まずは、タイフリークさまがお元気で安心
しました。
双子のバアバ
Posted by at 2010年06月05日 07:24
★お啓様、、、
タイでの騒動が、日本でも大きく、
報道されておりましたことでしょうね。
暫く続きました夜間外出禁止令も解け、
チェンマイもごくごく普通の、
日常生活を取り戻しております。
また、ブログの方にお邪魔させて頂きますね。
いつもどうもありがとうございます・・・
Posted by タイフリーク at 2010年06月05日 14:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。