2006年03月21日

ブログ開設30日(ブログ村登録2週間)の節目


2月20日にこのブログを開設して、ちょうど1ヶ月になる。

当初は、ブログの何たるかも知らず、
レイアウトの仕方も分からず、
写真の貼り方もさっぱり見当つかず、
お気に入りのリンクへの飛ばし方もままならず、

そんな自分が曲がりなりにも、1ヶ月の日記を更新できた。

長期滞在チェンマイ日記と謳いながら、
全く的外れの内容で、心苦しく感じながら、
それでもこうして続けてこられましたのは、
DIYとらべるのMiki様はじめ、
このブログをご支援下さいました皆様のおかげです。
この場を借りまして、本当にどうもありがとうございます。

それに、もし、1ヶ月という一つの区切りを、
1日も欠かさずブログを更新できたら、
恥ずかしながらご報告したい人物がおりました。

その人は、チェンマイでの自分の知恵袋であり、
大目付であり、ご指南役でありますD師範です。

D師範は、チェンマイのご意見番でもあり、
日本人以上に日本人の精神を常に有しながら、
米国の大学を優秀な成績でご卒業された、
英語のネイティブスピーカーの才を持ち、
とりわけ、あらゆるジャンルの映画や書物にも造詣が深く、
どう足掻いたって太刀打ちできない心底尊敬できる人です。

D師範とは、1ヶ月に1度ぐらいの割合で会食させていただき、
近況を報告し合い、貴重な情報を教えていただきながら、
文字通り、人生の武者修行の道を説いて下さる傑物。

その人には、どう転んでも恥ずかしさが先に立ち、
ブログのことは下手に触れられませんでした。、
あらゆる意味で自分の未熟さを棚に上げて、
物事を一蹴に処せられるのを危惧し、恐れたためです。

それが、よりによって、昨夜、
その当のD師範からの電子メールでの連絡で、
こちらのブログの件が、すっかりばれておりました。

すぐさま、折り返し、メールでの書信でも触れましたが、
もう、穴があったら入りたい心境でした。
逆の意味で、沁みました。痛いほどに、、、。

何を取り繕っても、今さら言い訳にしかなりませんが、
自分にとって、D師範の視点が確かな試金石であり、
大げさなようですが、超えねばならない心のハードルでした。

ですから、D師範にご報告するタイミングを慎重に、
見計らっておりました。それがこの体たらくです。

D師範、どうか、一刀両断に切り捨てるのではなく、
長〜い目で見て下さいませ。
そしていずれ改めて、D師範の厳しくも的を得たご教授を承り、
ブログ内容の充実に取り組んでいきたい所存です。押忍。

またまた、前口上が長くなりましたが、、、

今日は、ブログを開設して1ヶ月の区切りであると同時に、
ブログ村ランキングに登録してちょうど2週間でもあります。

そもそも、このブログという形式が多方面に渡り、
あらゆるジャンルを網羅していることに驚きました。

そして、このブログ村ランキングのように、
ブログのアクセス頻度を計上するランキングサイトが、
種々存在することもようやく知り得ました。

このランキングサイトに登録した直後から、
他の見ず知らずの人が自分のブログを読み、
コメントを下さり、こちらからもコメントを送り、
といったそういうやり取りを通じて、
ランキングアクセスにも反映されていきますのが、
とても新鮮で、不思議な感覚でした。

ブログ村ランキングの旅行部門だけでも、
1400近いサイトがあり、日々、まだ増え続けています。
一生懸命、何かを自分のブログに書き連ね、日々更新し、
ランキングが少しずつでも上昇してきましたのは、
何にも代え難い喜びであり、
目で追える具体的な励みにもなりました。

この旅行部門で、最初に100位以内に入ってきたときは、
素直に嬉しかったですし、正直、夢のようでした。

それが、そうこうするうちに、
ベスト10をクリアーし、
ここ2、3日はベスト3にも顔を出すようになりました。

また、大局的な見地から比較しましても、
総合で28000以上あるサイトの中で、
200位内に入ってきております。
何十ものジャンル、カテゴリーがある中で、
総合での200位というのは、決して小さくないはずです。

自分のサイトは、どうしてもタイ、チェンマイという、
一つの枠に囚われがちですが、
とにもかくにも、日記を日々、更新していき、
その途上で、自分の書きたいことを少しずつ表現できれば、
素晴らしい意義あることだと考えるようになりました。

この、<長期滞在チェンマイ日記>を足掛かりに、
タイ語、タイ映画、タイ歌謡、タイフード、タイカルチャーを、
紹介発信していけるサイトに一歩ずつ育んでいきますので、
どうぞ皆様、今後ともご支援の程、よろしくお願い申し上げます。
<D師範も謹んでよろしくお願い致します。重ねて、押忍。>

今日の日記の先出し更新に伴い、

最後に、、、

今日は、他でもないWBCの決勝戦、
日本−キューバの大一番があります。
見逃せません。

といいつつ、ここチェンマイでは、
時間差でのNHKやインターネット等での速報でしか、
その試合の動向がつかめませんが、

日本の気力、根性、踏ん張り、プラスアルファに期待し、
勝利の栄冠を掴み取って欲しいと心より祈っております。

「フレー、フレー、にっぽーん、
 フレー、フレー、にっぽーーーん、、、、、!!!」



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。