2006年03月13日

いよいよエアコン全開ーーー



例年、チェンマイでは乾季から暑季の変わり目移行に頭を悩ます。

タイは総じて、1年中、いわゆる夏の気候である。
日中は、本当に暑い。

日中外にいると、思考回路を著しく低下させる
とりわけ、ここ数日、本当にひどい。
どのぐらい暑いのか、
何か比較検討の余地がないものかと模索していたところ
ちょうどいい指標を見つけました。

いつも拝読、拝見しております
「チェンマイ・田舎・新明天庵だより」
新明天庵さんの記事は、→こちら (3月12日の記事です。)

確かに外からタイという国を傍観すると、
まるで時が止まってしまったかのような錯覚に陥る。
なぜなら、この季節感という風流に極めて乏しいからだ。

ただ、このタイにも四季ならぬ三季は確実に存在する。
すなわち、雨季、乾(寒)季、暑季のそれだ。
しかし、誰が言ったか、タイの三季の違いは、
暑い、メチャ暑い、そして滅茶苦茶暑いーーーと。
確かに実感として、云い得て妙である。

雨季は、5月中旬から10月にかけて、
それこそ、バケツをひっくり返したようなスコールに襲われる。
ただ、チェンマイでは、ここ数年、日本の梅雨に近いような、
ジトジトした粘っこくしつこい雨脚になってきたような気がする。
この時期、いろいろな果物が店先を彩る。

続いて、2月いっぱいまで続く乾(寒)季の一時期、
朝方は、けっこう寒い。
とりわけ、チェンマイは山間部に位置し、海に面していないため
内陸性気候の様相で、日中間の温度差がすこぶる激しい。

この時期は、ほとんど雨が降らないため、
日本、欧米を含め世界中からの観光客で賑わう。
ここチェンマイでも例外ではない。

軒並みホテルは満室となり、とりわけここ数年ひどいのは、
ゴルフ場が韓国ツアー客で、向こう2ヶ月間予約で一杯になり、
チェンマイ在住のゴルフ愛好家の方々とすれば実にいい迷惑だ。

そして、それが3月に入ると、いきなり暑季の到来を実感する。
朝方は、それほどでもないが、日中が有無を言わさず暑い。
暑いったりゃーありゃしない。

昨年の暮れぐらいから扇風機にて暑さを忍んでいたけれど、
日中の暑さに耐えかねて、どのぐらいから、
エアコンをかけるか、例年そのタイミングに窮する。

なぜなら、ひとたびエアコンを使い始めると、
もうなかなか止められなくなり、
それなしでは生きていけなくなるからだ。

電気代もバカにならない。
通常と1000〜2000Bは軽く違ってくる。

そこで、冒頭に戻り、新明天庵さんの記事に触れ、
はたっと納得した次第である。

さて、32、3度ぐらいに思っていたが、
38度を超えているとなるともうなりふり構っていられない。
耐え難きを耐え、忍び難きを忍んでいたが、もう我慢できない。

今日、13日をもって、堂々とエアコンを使い始めるとする。

フニャー、アー、その快適なことといったら、、、。


この記事へのコメント
こんばんは〜!

今日は日本は真冬の寒さでした。
九州も雪が降りましたよ。
昨日に比べて10度以上気温が低かったです。

ごめんなさい、ご質問の返信が出来ていませんね。なんだかばたばたしちゃって落ち着いてPCに向かえなかったので。

記事は何とか更新したって感じです。

タイフリークさん、がんがん順位上がってますね!!!!!!
Posted by Miki at 2006年03月13日 22:52
前略、Miki様

お忙しいのに自分なんかに、お気にかけて下さいまして、
本当にありがとうございます。
おかげさまで、ランクがどんどん上がってます。
正直びっくりです。
これからもアドバイスをどうぞよろしくお願い致します。
(そうですか、日本は、そんなに寒いのですか?!)
Posted by タイフリーク at 2006年03月14日 01:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。