2008年09月08日

「白夜行」

白い夜、、、白夜、、、


まるで、時間が止まったような薄明かりの中、
夜明けとも、陽が沈み行く黄昏とも云えなくはない、、、

それは、希望と不安が綯い交ぜになって、
どこか宙ぶらりんな何とも物悲しいダークな調べ、、、


東野圭吾さんの「白夜行」(集英社文庫)



お気に入りの彼の作品は、かなり読み込んでいるつもりながら、
この「白夜行」だけは、まだ、手にした事がなかった、、、
片想いに似て、ずっと、読みたくて読みたくてたまらなかった。


1週間ほど前、オフィスを移ったばかりの相棒の頭領のボックスに、
このブ厚い「白夜行」が顔を覗かせていた、、、

高鳴る胸のトキメキを抑えながら、
頭領にお願いし、この1冊をお借りした、、、

日曜日、、、昼下がり、、、満を持して、、、
「白夜行」のページをめくる、、、





どこまでも原野が続くような地平線、、、

登場人物が章ごとに入れ替わり、
まるで、手品の目くらましに操られているような、、、

「一体、どこに導かれていかれるのだろう、、、」

その先が見えない不安定さも、
決して苦になるどころか、
心地良いまどろみに似た陶酔感がある、、、

数限りない、パズルのはめ絵がゴチャマゼに倒錯し、
1つの接点を結び、平面になり、立体化していく、、、

無数の小波(さざなみ)が、濁流となって、
それは、やがて一本の貫流となり、
最後は圧倒的な津波に押し潰される、、、

一人の謎に満ちた可憐な少女と一人の陰を秘めた少年、、、

二人は、まるで、太陽と闇、、、どうしても交わることができない、、、
けれど、時の流れの中で、闇は太陽を必要とするように、
太陽も闇があってこそ、輝く事ができる、、、


「白夜行」


<何て、何て、秀逸なタイトルなんだ、、、>

二人が生きていくその茨の道が、
まるで緑も樹も何もない荒野を進み行く、
「白夜行」の心象風景そのものだからだ、、、

途中、その出口の見えない「白夜行」を読む事自体が、
まさに白夜の原野をソロリソロリと歩いている錯覚に捉われ、
何度もページを伏せながら、心の涙を絞る、、、

二人の生きてきた過程は、周りの視点からのみ描かれ、
二人の心の内は、一切、明かされてこない、、、

それだけに、第三者の推測や、読む者のイメージで、
如何様にも、ミステリーの幅が広がり、
その張り巡らされた伏線と整合性に舌を巻いてしまう。

全く意図せぬままに数時間の時が流れていた、、、

854ページをイッキ読みである。

時には、嗚咽するような涙の跡に、
最後のページを置いた時に、心を深く貫かれた、
何とも切ない幕切れ、、、

解説の馳青周氏の一行目に総てが集約される、、、

「読み終えて本を閉じる。余韻にひたる暇もなく、強烈な嫉妬に襲われる」

ノワール小説の旗手であり、最高の読み手として名高い馳氏をして、
「白夜行」は、ノワールの最高傑作だと云わしめたこの大賛辞、、、

ノワールとは、元々、ミステリー小説の一分野で、
犯罪者の視点に立ったものや、
とりわけ過激な暴力やセックスシーンを盛り込んだリアルな社会的作品を指す。

ただ、この「白夜行」には、
そういった、暴力やセックスのシーンが、
如実に語られているわけでは決してない、、、

人間の底知れぬ暗部にメスを入れ、
それを淡々とした行動描写によってのみ、
逆に人の内面を抉るように浮き上がらせている、、、

天空にか細く浮かんでいる薄暗い白夜の太陽が、
かろうじて、心身を支える仄かな希望のように、、、
二人の生き様は、陰と陽、、、

切っても切れない、密接な繋がりがある、、、


<それが意図すべきことであっても、無意識ながらでも、
本来、人を愛するということは、自己犠牲に似て、
何て、何て、尊く、何て、何て、痛いんだろう、、、>


「白夜行」は、ノワールの最高傑作であると同時に、
究極の愛(哀)の小説であると、、、
強烈に心に楔を打たれました、、、





追伸1:娘の映画は無事にタイ国内での上映を終えました。
お世話になりました皆々様方、本当にありがとうございました。



追伸2:私事で、前々から考えていたことですが、唐突ながら、
暫く、不定期に大好きなオチャケを控えようと心に期しました。
「特別な時以外」は、決してアルコールを口にしないようにします。
意思が非常に弱い男であり、こうして、チョコットでも公にすることで、
少しは、その効用が活きてくるように念じます。
実際は、「完全断酒」と宣言したいところなのですが、
それもままならず、「特別な時以外、、、」と、まずは暈しておきます。
この記事へのコメント
ですね^^

私も禁煙2ヶ月半になります。やはりブログでの公開は励みになりますので、いいと思います。

私もタバコが吸いたい時がありましたが、今は幾分か煙が気になるようになりましたので・・・・もう大丈夫のような気がします。

頑張って下さい!
Posted by ben at 2008年09月08日 18:35
素晴らしい本なのですねぇ
明日は車の点検の日です、待って
いる間に本を探して見ます。
感動のお裾分け・・・・・。
禁酒??
でもお酒は百薬あるった言うので
何かあった時は飲んだら?

タイは今、大変なんですってね。
大丈夫ですか?
心配しています・・・・。
Posted by at 2008年09月15日 08:16
☆ben様、、、
励ましのお言葉、
どうもありがとうございます、、、
禁煙、2ヶ月半とか、、、
頑張られておりますね、、、
自分も、始まったばかりですが、
少々、禁酒の方でトライしてみます・・・

★親愛なるお啓様、、、
早速、図書館の方で、
借りられましたとの由、、、
その迅速な行動力にビックリです。
ステキですね、、、
>>>禁酒につきましては、
宣言しました以上、
ちょっとだけ、頑張ってみます、、、
せいぜい、3週間ぐらいかと、、、
仰いますように、
オチャケは、百薬の長ですからね、、、
(今から、もう、言い訳の態勢に入っています)
>>>タイが大変なように、
いろいろと報道されておりますが、、、
こちらに住んでいる分には、
そんな風には、あまり感じられませんよ、、、
いつか、是非、いらして下さいませ・・・
Posted by タイフリーク at 2008年09月18日 17:08
御無沙汰していまーす。
お元気ですか?
こちらは秋真っ盛りでお花も
萩の花・金木犀が香りが良くて
季節も好いでーす。
私は相変わらず、ボランティアやガイドで
忙しくしていますが読書もね!
秋の夜長を楽しんでおります。
また、お邪魔しまーす!
Posted by 啓 at 2008年10月07日 08:55
★親愛なるお啓様、、、
いつもどうもありがとうございます、、、
日本は、随分と涼しくなったんでしょうね、、、
どうぞ、秋の夜長をお楽しみ下さいませ・・・
Posted by タイフリーク at 2008年10月09日 18:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。