2008年07月04日

嗚呼、今年のラムヤイ

あまり季節感のないチェンマイではありますが、、、
雨季のこの時期、市場を彩る果物などで、
僅かばかりの風物詩を感じます、、、

チェンライの某真翡呑様某真暈天殿の大邸宅とは程遠く、
もう築15年になろうかと云うボロ家の庭先には、

当初、ゴルフのパターの練習用に芝生を刈り入れたり、
いろいろな植物を添えて、無聊を慰めておりましたが、、、

子供たちの成長に合わせて、家を増築した際に、
スッパリと庭の半分方を処分しました、、、

雀の額程の庭はさらに見る影もなくなりましたが、、、
バナナジャックフルーツはそのままで、

その庭先のど真ん中には、
一際どでかい一本の「ラムヤイ」の樹が鎮座しております、、、

肥料など一切施した事もないですが、
毎年、勝手に適当に実を成してはいましたが、

昨年は、ほとんど実をつけることなく、
ラムヤイも一口食べたに過ぎませんでしたが、、、

今年は、もう早い時期からタワワに実り、
近所中に配り歩き、それこそ売るほど!?茂っています、、、

「ラムヤイ」は、タイ北部の代表的な果物で、
中国名では「龍眼」、英語名 では「Longan」などと呼称され、
小粒ながら、何ともジューシーで甘い味覚が癖になります、、、

ただ、旬の出始めはもう、口いっぱいに頬張るぐらいに食しますが、、、
そのうち、だんだん飽きてきて、勿体無いながらも、、、
知らないうちに腐らせてしまうのがオチです、、、



ラムヤイはまだ1ヶ月やそこらは、
市場を賑わしておりますでしょうが、、、

この時期、チェンマイにお越しの際には、
是非、ご賞味されてみて下さい、、、
(何なら、お裾分け致しますわーい(嬉しい顔)・・・)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。