2017年07月21日

<地震・雷・火事・親父/ช้างสาร ・งูเห่า・ ข้าเก่า ・เมียรัก>

日本語の旧くからの言い回しで、
まさしくコワイモノの4つの代名詞が
泣く子も黙る「地震、雷、火事、親父」

地震:{แผ่นดินไหว}
雷:{ฟ้าร้อง}
火事:{ไฟไหม้}
親父:{พ่อ}


4番目の親父の神通力は今、
完全に衰えておりますが

前者の3つは、
確かに非常に恐ろしいものです。

翻って、タイ人の子供に、
コワイものを訊くと、

決まって返ってくる答えは
<ピー>「お化け」

年代が上がってきますと、
それぞれの怖いモノの対象は多様化しますが、

日本人と同じように
自然災害に関連した、
「地震」や「雷」

あるいは、日常茶飯事的に
「洪水」などの答えもあります。

ただ、日本のこうした4つの代名詞を
列記したのと同様に、

タイにはタイのこわい代名詞も
見事に4つ存在します。

すなわち

象、コブラ、昔の召使、愛する妻

怖いと同時に、これらは、
あまり信用がおけないという
解釈も出てきます。

タイ語で書くと、
ช้างสาร /งูเห่า/ ข้าเก่า /เมียรัก

ここで、非常に興味深いのが、
日本語版は自然災害に関わるものが主であるのに、

タイ語版では、もっとより生活に密着したところで、
動物が二組あげられ、さらには、人に関しても二組

日本語版の親父に対して、
タイ語版の昔の召使と妻というのも言い得て妙

実際に検証してみると、

象はそれこそタイの強者のシンボルであり、
コブラは単純におっかない

昔の召使あるいはメイドというのは、
ちょっとハテナマークが出るところ
実はここがミソで、

家の様子や主人の秘密を
すっかり握っていて、
敵に回すと確かに怖い存在である。

愛する妻は、
それこそ普通は従順でおしとやかであるが、

一度でも浮気でもした時には、
旦那の一物をちょん切るぐらいの
恐ろしさを秘めているので、これまた怖い。

こうしたタイの昔ながらの言い伝え、
言い回し、格言などを紐解けば、

タイの伝統、文化、歴史に見え隠れする
タイ人気質というのが浮かび上がってくる

いずれにしても、
日本語版とタイ語版を比較してみて、

地震、雷、火事、親父、
象、コブラ、昔の召使、愛する妻

ときたら、どうしたって、
親父が怖くなくなってきているかも?
後は、けっこうみんなこわいかも??