2012年09月28日

嗚呼、哀車フロント硝子復活の日!?



当時、心的苦痛と慢性的な睡眠不足で、
4月初旬、自分の完全な不注意から、
哀車がガードレールにぶつかって大破。


ほとんど原型を留めていない状態で、
警察官である義理の兄さんの協力で、3ヶ月の時間をかけて、
中古の部品を取り寄せながら、最安値で修理にかかってくれた。


7月に入って、奇跡的に、一ヶ所の修復を除いて、
哀車がスムーズに走り始める???


スカス、事故の際の強烈な名残りを押し留める様に、
予算的なこともあり、フロントガラスが罅割れ状態で、
そこだけは修理できないまま、時間だけが過ぎていった。


P1040736.JPG



ただ、事故をする前より、すこぶる走りが快調で、
気が付けば、さらに3ヶ月を要し、
9月の後半にさしかかろうとしている。


その間、一番困ったのは、大事なお客様等を、
この今にも泣きそうな哀車カローラで、
チェンマイ空港にに何度もお迎えにあがる不始末・・・


恥ずかしながら、皆、一様に、驚きながら、
<大丈夫なの〜〜〜?〜>
って、この罅割れたフロントガラスを注視する。


時間の経緯と共に、心なしか、その罅割れの線が、
少しずつ、前面から左端っこに伸びているような気もした。


ワス個人としては、どこまでこの罅割れ状態が、
日々??、耐えていけるのか試してみたい衝動と闘いながら、
大事なお客様の困惑を解消するがためにも、ついに重い腰をあげた。


実際に、あれだけ、迷いに迷い、躊躇に躊躇を重ねていたが、
いざ、修理にかかると、一瞬で、綺麗に、
フロントガラスが見事に再生された。


あたりまえだけど、そこから観える風景も一新される。

P1040950.JPG


哀車カローラの走行距離は、35万キロを超えて、
暫く、ブランクはあったけど、
いつしか40万キロの大台にに到達しようとしている。



ワスの人生、一期一会、120年か!?

哀車カローラの走行距離が、120万キロか?!


またまた二人の(一人と一台)、
新しいデス(=ライフ)マッチが始まっていく。。。



嗚呼・・・

2012年09月20日

「嗚呼、無線LANのある風景@チェンマイハンドン!?」




ハンドンの拙宅に、
ネット回線が繋がったのは、
一体、いつだろう???

無論、ケーブル回線で、当初は、
しょっちゅう断線したりして不具合が多かったし、
回線スピードも決して速くない。

悔しいが、毎年、8月末に、
ネット代を1年分をまとめて支払う。
(そうすると、月額分x12から、10%分、割安になるので、、、)

スカス、まとまってくると、
この額も相当にバカにならない。

昨年の11月に、サンカンペンの工場で、
無線LANシステムにした。
サービスはTOTである。

一方、ハンドンの拙宅は、
3BBで契約しているけれど、
サービスや料金、回線スピード自体は、大差ない。

ここで、意を決して、
9月に入り、拙宅も「無線LAN」を施した。

P1040956.JPG


初期投資は、ルーターが1000Bぐらいで、
月々、590Bほどから、実際に、すこぶる回線スピードも速い。
(何で、もっと前にしなかったのだろう?!)

無線LANの登録名は、ついつい気まぐれで、
最近ふてぶてしく愛嬌丸出しの愛猫チュノから、
<JUNO>と決めた。

スカス、、、

ここで、アクセスするためのシークレットナンバーを、
さて、何にしたら、よかんべや、、、と思い悩んだ。

これまでは、いろいろな秘密のアクセスナンバーでは、
ついつい忘れがちになるので、
すべて自分の誕生日の生年月日で8桁の数字を選んできた。

スカスのスカス、、、

それじゃあ、いつも同じで、
セキュリティー上も問題があるので、
今回、初めて、自分以外の、

それでいて生涯絶対に忘れ得ない生年月日であり、
尊敬する人への熱い想い入れを込めて数字を選んだ。

嗚呼、、、<X9XX196X>

その方も、大の猫好きであり、
特別の意味をもってくる。

何となく、謎めいてくるけれど、
大切な方といつまでも繋がっていたいと、
心から願っている。


とまれ、、、

P1040958.JPG

拙宅での無線LANは、
(寝転がってどこでも大好きな映画が気軽に観られ)、
格安ですこぶる快適である。

嗚呼・・・





2012年09月17日

「嗚呼、2013年1月『タイ日額最低賃金一律300B』へ!?」




9月に入り、雨季のさなか、
曇天の裂け目から、時折土砂降りの雨・・・

そこで、さらなる暗雲立ちこめるがごとく、
いきなりガツンとタイ経済のニュースが飛び込んできた。

さて、この4月に、ここチェンマイでも、
最低賃金法が180Bから251Bに大幅上昇したばかり。

さらなる追い討ちをかけるように、
2013年1月1日から、タイ全土において、
日額の最低賃金が一律300Bが正式に適用されることになった。

BKKなど一部7県では、すでに300B/人/日が実施されており、
とりあえず、来年1月からの上昇についても公示はあったけれど、
おそらく来年の4月、あるいはそれ以降にズレ込むと睨んでいた。

スカス、、、

いよいよ、現実として来てしまった。


この4月以降は、大幅な賃金アップで、
うちらのような弱小企業は、モロに煽りを受け、
完全に崖っぷちに追い込まれ、青色吐息。

それまでの20名のスタッフが40名強を数え、
人件費が大きく嵩み、

5月、6月、7月と何とか会社を維持してきつつ、
ようやく、8月に黒字化転換し始めたばかりで、
9月に入ると、満を持して、OT実施に踏み切る。

そうして、さらなる人員スタッフの急募で、
工場拡張あるいは移転を真剣に検討していた矢先、
僅か、3ヶ月後に、新たな大きな試練がやってくる。

改めて、、、
こちらチェンマイでの日額最低賃金の流れを整理してみると、

☆2005年1月→149B/日
★2005年8月→153B/日 :4Bup
☆2006年1月→155B/日 :2Bup
★2007年1月→159B/日 :4Bup
☆2008年6月→168B/日 :9Bup
★2010年1月→171B/日 :3Bup
☆2011年1月→180B/日 :9Bup

★2012年4月→251B/日 :71Bup
☆2013年1月→300B/日 :49Bup


ここ1〜2年の賃金の上昇率が突出している。

確かに、国民所得増には寄与するものの、
大企業はともかく、一部の中小企業では、
必ずや企業そのものの存続にかかわってくる。


と、と、と、、、

この4月時点同様、大きくネガティブ思考に陥りそうになりながら、
これまで数ヶ月、何とか乗り切ってきた経験から、
ドンと来いと逃げないでチャレンジしたい。


タイ産業界も大きな反対意見の声明を表しながら、
改めて、視点を変えて、
この逆境をさらなるチャンスに活かしていくのだ。

換言すれば、そのリスクも承知のうえで、
すでに、タイでの最低賃金法300Bが変えられないなら、
その現実をそのままシッカリと受け止めて、

現場での創意と工夫で生産効率をあげながら、
さらなる付加価値のある縫製品を仕上げ、
少しでも利益を生み出す企業に変貌していかねばならない。

覚悟で笑顔・・・

今回のことで人を切るのではなく、
スタッフを育成しながら、その過程で、
さらに人員を増やして、生産性をあげていく。

待ったなし・・・

4月時の大混乱の二の舞を踏まないように、
この3ヶ月の間にきちんと精査準備して、
来年のあるべき方向性に備えたい。

笑顔で頑張るのみ・・・

嗚呼、、、

2012年09月06日

「嗚呼、『セブン』の観える風景!?」



先の言葉遊びや験担ぎではないけれど、

7月から8月にかけては、
転んでも転んでも起き上がって、
パッションをもってチャレンジする姿勢で、

「七転八起」

新しい月、9月の始まりは、心意気として、
これまでのどうにもならない死に体から、
さらなる奇跡の復活が遂げられるように、

「九死一生」

ドンドン物量生産をあげていくのに、
スペースも人も全然足りず、
走り回っています。




さて、ワスの本名は、そのままタイ語表記にすると、
ฟุมิโอ <フミオウ>なのだけど、

ここが厄介なのだが、タイ人式の自然な発音に委ねると、
頭の<フ>が長母音のようになって、
ฟูมิโอ <フー・ミ・オー>のようになる。

それで、皆からは、丁寧に呼称される場合には、
<クン(〜さんの意)・フー・ミ・オー>だけど、

長い言葉をドンドン端折っていくタイ人気質から、
<クン・フー>
と、場当たり的に、短絡的に、ニックネームとして定着してしまった。

初めて逢った新人の縫製スタッフさんも、
翌日には、親しみを込めてか、
すかさず、<クン・フー>と呼んでくれている。

<フー>は、口を尖がらせて、
熱いものを<フー・フー>息を吹きかけるような発音で、

本来のタイ語の意味では、「膨張する、広がる」が転じて、
「発展する、名声が広まる」とポジティブな言い回しで遣われる。

嗚呼、何ともこそばゆい気分。。。



さてさて、今、チェンマイにもどこもかしこも、
24時間営業のお馴染み「セブンイレブン」が席巻している。

ここ我がハンドンの住宅地<クワンウィアング>の門の横にも、
数ヶ月前に、いきなりの広告が出てきたが、

9月1日からオープンするという触れ込みで、
「セブンイレブン」の建物の工事が始まっていた。

案の定、9月に入ったが、まだ完成していないで、
遅れて準備中になっているけど、
何となく、それらしい体裁を整えてきた。


P1040896.JPG


夜になれば、道が一本あるだけの何にもないこんな辺鄙な場所に、
よくもまあ、「セブンイレブン」ができるものだと半信半疑でいたけど、
逆に、こんなに嬉しいこともない。

うちからもメッチャ近いので、
夜など、ちょこっと、必要なものを、買いにいける利便性がある。

「セブンイレブン」をタイ語表記にすると、
外来語でこれまたいろいろと書けそうだけど、

通常は、เซเว่น อีเลเว่น <セーヴェン・イーレーヴェン>
のような表現になる。

笑っちゃうのが、タイ人は、当然、こんな長ったるしく云わないから、
同じく、端折って、端折って、頭の<セーヴェン>だけを口にする。

発音は、タイ語特有の声調の上がり下がりがあるから、
<セー・ヴェン>(――・/\)のような感じになる。

とまれ、こいつが近場にオープンしたら、
夜中にマーマーのカップ麺やスナック菓子、
気軽に冷えたビールなどを買いに行っちゃいそう。


嗚呼・・・