2012年08月22日

『嗚呼、「白髪峠」!?』



「峠」という字は、山の上・下と書く。


過日、チェンマイからランパーン、
日を変えて、パヤオへと遠征する機会があった。

それこそ、いくつもの山を越え、峠を越え、
ふと人生や目標が山や峠に例えられることを思い出す。

泣きたくて、苦しくて、切ないばかりの数ヶ月を振り返り、
峠という字面が胸に迫り、実に云い得て妙だと感得する。


仕事を終えて、
ジトジト雨の湿気と暑さでネバネバの体を流すように、
とびきり熱い湯船に浸かる。

(「あゝ野麦峠」・・・)

唐突に、書籍やテレビ・映画で有名な、
かの固有名詞が思い浮かんできた。

戦前、飛騨の多くの十代の農家の娘たちが、
野麦峠を越えて諏訪、岡谷の製糸工場へ働きに出る話だ。

当時の富国強兵の国策において有力な貿易品であった生糸の生産のために、
山吹雪の中を危険な峠道を越え、劣悪な環境の元で命を削りながら、
女子工員たちの姿を克明に描いていく。

(「あゝ野麦峠」・・・)


今、仕事の中で、
縫製の難しさを、糸を扱う大変さを、
至極。実感している。

湯船に埋もれながら、目を瞑り、
暫し、空想の世界にたゆたう。

おもむろに水中に揺れる自分の下半身に繋がった、
まるで生命(いのち)があるがごとく、
ワカメのように蠢く白い生糸!?を見い出す。

<嗚呼?!?>

多少のショックを覚えながら、
チクっとした痛みを堪えながら、
目につく限りの白い生糸を抜いていく。

(嗚呼、「白髪峠」・・・)


風呂上がり、以前は娘に頼んでいた仕事で、
そのまま生意気盛りの中学生の息子に、
2本1バーツで、おもむろに頭の白いものを抜いてもらう。

明るい電灯を点け、
ベッドに横たわると睡魔に襲われ、
そのまま落ちていく。

息子は、嬉々として、ワスの頭の白いものを、
30分ばかり、ひたすら毛抜きで引っこ抜いていく。

その数、何と、何と、500本???
(以前なら、せいぜい、数十本だったのに。。。)
嗚呼、信じられない250Bの手痛い出費。




P1030746.JPG
        <嗚呼、無情・・・「白髪峠」>




ここで、またまた感じ入ってしまった。

改めて、「峠」という字は、山の上・下と書く。

ワスこと廣山は、、、
(廣)山の上・下が白い生糸で覆われる???

(嗚呼、「白髪峠」・・・)

<嗚呼、もはや、これまでか???>


追記:自分勝手に、己の分身を「白髪峠」と命名しながら、
実際に、奈良県だか和歌山県に、そのものズバリ、
「白髪峠」という地名が存在するそうな?!
嗚呼、いつか、訪ねてみたいぞな・・・


2012年08月13日

『パラパラ漫画「振り子」@鉄拳』


時間が絶え間なく過ぎていき、
自分を振り返る心の余裕さえなくなっていた


そんな折、不覚にも、
ス〜っと心に沁み入る映像を観た




「鉄拳」というとんでもない名前で、
一度観聴きしたら絶対に忘れられない芸人さんがいる


「名もない毎日」、「絆」、「ツナガリ」・・・


「振り子」が揺れている


心の揺れや葛藤や喜怒哀楽を象徴するように
また過去・現在・未来への時間の経過を包むように
時計の「振り子」の中に人生の想い入れが見え隠れしている


「パラパラ漫画」


1枚1枚大切にいとおしむように描かれた膨大な絵柄が、
点が線になり、素描が動きになって
誰をも心の琴線に触れる珠玉の物語を紡いでいく


「糸電話」


風が吹いている
花びらが舞い散る
ベールがなびく


「家族愛」


時計の振り子を無理に止めようと足掻く
「もう、いいの・・・」
時間は流れていく



人生のやり直しはきかないけれど
後悔、懺悔、死・・・
恩讐を越えて、愛が昇華されていく


大切な人と分かち合いたい






無言の「鉄拳」でこつかれたように
真摯で誠実で静謐で清々しくも
遠く忘れていた熱い心の痛みを想い出させてくれる



嗚呼、、、

「鉄拳」さん、スゴイ人や・・・

2012年08月08日

「チェンマイ戦没者慰霊祭」@ムーンサーン寺院(8月15日)



日本を遠く離れ、
季節感のない異国のチェンマイに居て、
自分がいつ、どこで、何をしているのかわからなくなる折々、

それでも、1年のうちで、8月に入ると、
急激に、その時節に、想いを馳せられます。

日本国民であり、広島県人であるワスも、条件反射のように、
8月6日の日本時間8:15(タイ時間6:15)になると、
必ず、東の方に向かい、1分間の黙祷を捧げます。

6日 :広島平和記念式典、
9日 :長崎平和祈念式典、
15日:終戦記念日

2012年、世界平和の象徴であるロンドンオリンピックで、
世界中のアスリート達が、鎬を削り、鼓舞される中、
一方で戦争を悼む行事がしめやかにおこなわれます。



そこで、チェンマイに詳しい大切な友人からご紹介されたのですが、
同じ日本の終戦記念日にあたる8月15日に、
こちらチェンマイでも、「戦没者慰霊祭」が挙行されます。

場所は、
サタデーマーケットで有名なウイライ通り(通称シルバー通り)にある
「ムーンサーン寺院」です。

時間は、
朝の9時からです。


チェンマイにご滞在の方、
また、この時期チェンマイにお越しの方、

ご都合と時間が合いましたら
こちらの「チェンマイ戦没者慰霊祭」に、
是非、ご参加されてみて下さいませ。

詳細はこちらです
http://chiangmai-memorial.jimdo.com/


合掌

2012年08月01日

「嗚呼、七転(び)八起(き)」



嗚呼、
7月が明けて、、
8月が始まろうとしている、、、

3月終わりの顛末から、
まるで俗世間を断つように、、
ゆっくりと?急ぎ足で??時間が流れていく、、、

嗚呼、
4月は哀(愛)車が大破して、、
四苦八苦(非常に苦悩する)、、、

嗚呼、
5月は仕事が八方塞になり、、
五里夢中(物事の判断がつかず悩む)、、、

嗚呼、
6月はやることなすことすべて裏目に出て、、
六菖十菊(時期に遅れて役に立たない)、、、

嗚呼、
7月はドン底から僅かに光明を見い出しつつ、、
七転八倒(のた打ち回ってもがき苦しむ)、、、

嗚呼、
ソステ8月は験を担いで、、
七転八起(幾度の失敗にもメゲズ立ち直る)、、、

愛車も3ヶ月ぶりに奇跡的に復活、
慢性的な体調不良も気力で治し、、
仕事の手応えも少しずつ感じつつ、、、

嗚呼。
8月は前向きにポジティブに。。
八面六臂(めざましい活躍をする)。。。

皆々様、
またどうぞ、、
よろしくお願い致します、、、