2011年07月29日

「嗚呼、伊良部元投手死去!?」



暑い、暑い、暑い・・・たまらなく暑い・・・
チェンマイの温度計は35度を指しているけれど、
体感温度は、40度ぐらいあるのではないだろうか???


そこで、頭がボーっとしている時に、駆け巡ったニュース、、、
元米大リーグヤンキースの投手として活躍された、
伊良部秀輝氏の死が報じられていた。


あの豪腕投手のイメージと一筋縄でいかないキャラで、
日本とアメリカを又にかけて、一世風靡された。


大きく驚いたのは、2つの点。。。


・随分、年配のような趣きがあったが、何と享年42歳で、まさに男の厄年。

・死の原因が、自殺!?ではないかと報じられている。



ワスの父親も、42歳で肝臓ガンで亡くなった。
何とも他人事に思えなくなってきた。


先にも芸能人や有名人から、その他大勢が、
まるで、何かに疲れて、憑かれて、衝かれたように、
自らが自らの命を絶つ。。。

非常に哀しい現実を垣間見てしまう。


伊良部氏は、先発前日などは眠れず、
酒に溺れていたようにも報じられているけれど、
あの豪放磊落の影に、非常に繊細な一面があったのかと思う。


とまれ、、、

日本人の自殺者数は、過去10年以上にわたって、
1年あたり、3万人を超えている。

人口1億2千万として、4000人に一人が、
あるいは、1年365日、一日あたり80人以上が、
世界のどこかで自殺に至っている計算になる。


統計的に、45歳以上の中高年の自殺が際立っているが、
イジメを苦にした低年齢層の自殺者も少なくない。


どんなに苦しくても、自らが命を絶つほど、
そんな理不尽なことはない。


スカス、、、


自殺に至った原因や過程は、本人にしか、、、
あるいは、本人自身も、
決してわからないのではないだろうか。



伊良部秀輝氏のご冥福を祈ります。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。