2011年01月25日

「嗚呼、片想い!?」


前回、甘酸っぱいタイの青春映画についてご紹介しましたが、
それは、「初恋」をテーマに謳っています。


「初恋」と云う響きから、誰もが切ない想い出に去来しますが、
それは、ピュアな想いが、どうしても一方通行に偏る、
「片想い」の痛い気持ちとリンクしてくるからではないでしょうか。


人を好きになると云う気持ちは、理屈ではなく、
どうしようも抑えきれない感情の熱き迸りです。


自分自身を振り返ってみると、、、
中一時代の初恋の相手にインスパイアーされて、、、


その後、誰かを好きになると、
相手がどうしてもその初恋の人に、
限りなく雰囲気が似通っているのが不思議です。


きっと人を好きになる感情が湧き上がってくる時、
DNAか何かに、その条件の内容がインプットされ、
すでにプログラミングされているのかもしれません。

ただ、倫理的に道義的にもお叱りを受け、
誤解を招くような表現になってしまいますが、、、

どんなに年をとっても、、、
たとえ、80歳、100歳、120歳!?になっても、、、

人を好きになる、誰かに恋をする、人を好きで居続ける、、、
と云う自然なピュアな感情をずっと大事にしたいです。




我が郷土広島が生んだ、、、
ロック界のスーパースター、、、
浜田省吾さんの初期の名バラード。。。


「片想い」


もう、20年も30年も前の歌なのに、
いっこうに色褪せることなく、
時代と共にますます輝きを増してくるような気がします。


この歌を初めて聴いた時、まるで奇跡に触れたように、、、
何て繊細で、魂を透徹した切ない詞とメロディーなのだろうって、
そのまま自分自身の「初恋」とオーバーラップさせてしまいました。


おそらくは、女性の側の内面世界を包括しながら、
同時に、男性の視点としても機能し、
中性的で、聴く者の普遍的な「片想い」のイメージを静謐に醸し出します。



*** 「片想い」by浜田省吾 ***********************


あの人のことなど もう忘れたいよ
だって どんなに想いを寄せても
遠く叶わぬ恋なら

気がついた時には もう愛していた
もっと早く 「さよなら・・・」 言えたなら
こんなに辛くは なかったのに

嗚呼 せめて一度だけでも その愛しい腕の中で
「このまま 傍に居て 夜が明けるまで・・・」
と泣けたなら


嗚呼 肩寄せ歩く恋人達
すれ違う帰り道
寂しさ 風のように いやされぬ心を 弄ぶ

あの人の微笑み やさしさだけだと
知っていたのに それだけでいいはずなのに
愛を求めた 片想い 愛を求めた 片想い。。。


***********************


人を好きになることは、、、

人を愛することは・・・

人を哀すること。。。


嗚呼、、、


大好きな、

大好きな、、

大好きな、、、


貴女に・・・











平成23年1月25日
TF:廣山文美王拝、、、





2011年01月21日

「嗚呼、『シン・レック・レック・ティー・リヤック・ワー・ラック』!?」


最近、息子や娘たちに、日々の楽しみのように、
同世代の男の子や女の子たちがネット上でアップしている、
音楽や芝居などのパフォーマンスを観せてもらっている。


何とも明るくて、天真爛漫で、屈託がなくて、
それでいて、どこか切なく甘酸っぱい、、、
そんな青い春の香りも仄かに漂ってくる。


初恋。。。青春時代。。。片想い。。。
当時、ローティーンの年代で、
それが初恋などと認識できるはずはないけれど、、、


後になって、振り返ってみると、
紛うことなき異(同!?)性への、
かけがえのない純粋な感情の芽生え、、、




昨年の8月だったか、、、日頃、無愛想な娘に無理にせがまれて、
『シン・レック・レック・ティー・リヤック・ワー・ラック』
というタイの封切り映画を観に行きました。


直訳すれば、「小さな小さな事、(それを)恋と呼ぶ」
→「(初)恋という小さな小さな事」


英語の副題で、「First Love」と明記されていたので、
まさしく、ドンピシャ「初恋」そのものです。


それで、自分勝手に、イメージをふくらませて、
日本語で、「ちっちゃなちっちゃな初恋物語!?」
って、自分の中で、題をつけちゃいました。




この映画は、等身大のタイのローティーンの学生生活を覗き見ながら、
切なく、おかしく、哀しく、痛く、若者のピュアな感情の迸りが、
観る者の心にビンビンに響いてきます。


それは、遠い昔に、誰もがもっていた純粋な初恋のときめきを、
どうしようもないぐらいにリマインドされるからでしょう。


垢抜けないチンチクリンな少女が、
異性を好きになることで、自分自身を磨き、成長させ、
芋虫から蛹へ、ソステ、可憐な蝶に変身していきます。


それは、容姿も含めて、同時に学業も伸張させ、
内面から自然と溢れ出る、少女から大人へと変わる、
女性特有の美しさを醸し出していきます。


少女のその努力の過程が、涙ぐましいまでに、
いじらしくて、可愛らしくて、切ないんです 。。。


また、ヒロインが想いを寄せるヒーローの男の子が、
天然!?で、ストレートに、
文句なし、超カッコイイ!!!


そこには、若者特有の誤解やいざこざ、
ソステ、友情の絆を深めていきながら、、、

どこまでも、やさしく、明るく、健全に、
その二人恋の行方に、一喜一憂、
ドギマギしながらいざなわれていくでしょう。


とてもチャーミングにコケティッシュにヒロイン、ナムを演じる可憐な乙女を、
きっと、どこかで観たような気がしていたら、
何と、Sek Losoの「14 イーククラング」のPVに出てた女の子です。


本筋には直接関係がないのだけど、物語のスパイスとして、
最近、かなり人気がある女優で、英語の先生役の演技と口ぶりがやたらおかしくて、
途中、何度も、何度も腹を抱えて大笑いをさせられました、、、

<もう、最高にいい味出してます!!!>




佳境、、、ヒロインが意を決して、、、告白???


ヒロインとヒーローのそれぞれの心のいざないをやさしく包むように、
主題歌「サック・ワン・ヌン(ある日)」が、
静かに、やさしく、その旋律を奏でながら、心に沁み入ってきました。


反転???

ソステ、、、

その恋の結末は???





恥ずかしながら、それでなくても涙腺の弱いワスは、
自分自身の中学時代、初恋の相手!?と見事なまでにオーバーラップさせながら、、、
映画館の最前列で、しゃくりあげて、目から水!?が滲み出ておりました。


娘を見たら、同じように、涙で頬が濡れています。。。




さて、あれから、4ヶ月、、、


P1010378.JPG



ようやく、その映画のDVDが出て、もう躊躇なく買い、、、
まだ観ていない中一の息子と、それに娘も含めて、
過日、息子の部屋で3人、川の字になって観ました。。。

悔しいけど、ワス自身、映画館の時以上に、
さらに、涙の洪水状態になってしまい、
息子に笑われ、からかわれる始末。。。



決して、奇をてらった目新しい映画ではありませんが、
古今東西、誰もが必ず共有している「初恋」のイメージを、
ゆるやかに、やさしく、喚起されるに相違ありません。


タイ(映画)好きの方で、もし、機会がありましたら、
是非、是非、ご覧になられてみて下さいね。
(嗚呼、ただ、英語字幕はなかったかも???)




>>>ネットで調べたら、そのYouTubeの宣伝ビデオがありました。
ご紹介します。


สิ่งเล็กเล็กที่เรียกว่ารัก 
『シン・レック・レック・ティー・リヤック・ワー・ラック』












2011年01月13日

「嗚呼、自然草木染めコットン生地+手編みニット帽!?」



年が明けて、実質的な2週目に入り、
これまでのアルコール漬けを払拭し、

嗚呼、チェンモード・・・
俄然、仕事モードになってきました。


10日(月)・・・
女性ばかりの全従業員を集めて、熱くゲキを飛ばし、
2011年、チェンモードの飛躍の年を誓います。


今週末に、大きな春夏物の出荷を控えながら、
それと併行して、
チェンモードオリジナル帽子の製作にも、複数取り掛かります。




さて、、、

2010年の暮れ、、、

チェンマイの某日本食のお店で、

一期一会、、、

信じられないとてもステキな出逢いがありました。


その方が提供して下さる草木染めによる綿100%の素材に触発され、
うちの大カンさんやDさん、それにうちのデザイナーであるTさんを引き連れて、
その方のチェンマイのお店を訪問。。。

そこでサンプルとして、色々な風合いの魅力的な生地を多数購入。。。


Tさんがそれにインスピレーションを得て、
いくつかのパターンを起こして、ごくごくシンプルに、
自然素材を活かした艶やかな草木染めコットンの帽子を試作。。。



軽やかで、肌触りがやさしくて、滑らかで、
綺麗な光沢を放ちながら、
実に飽きのこないステキな色遣いなのです。


ただ、日本のこの時節柄、、、
冬真っ盛り、春はまだまだ遠いので、
少し、時期早々ではありますが、、、


また、日本のUダイナミックプロの要請で、
お客様のご要望に沿った・・・

*家の中でもかぶれるようなつばのあまりないもの。。。
*急なお客さんでも、気軽に部屋でかぶれるお洒落感のあるもの。。。
*実用的で、それでいて手軽なニット帽で、ベレー&ハンチングタイプ。。。


それらのいくつかの宿題をもカバーすべく、、、


以前の日本産コットンヤーンの素材でクラウン部分を手編みで仕上げ、
ツバ先から下ブリムに先の自然染めコットンを合わせて、
自然の風合いを残した100%コットンのニット帽を作成。。。


やわらかいニット本来のフンワカ感はないのですが、
少し厚み感があって、この時期、寒さのひどい外気にも対応。。。


さらには、本来のMサイズ仕様に、サイズ調整機能を施し、
従来のS、SSサイズの方にも適応。。。


折りたたみ自由で、小さくコンパクトに収まり、
家の中でも、不意のお客様が来られても、
手早く、お気軽にかぶれます。



また、外出の際にも、例えば、ブリムのツバ先の部分を、、、
折りなし、前折り、後ろ折り、全体浅折り、全体深折り、、、
などにすると、全く違った様変わりで、色々な表情を演出できます。







ご愛嬌にて、例のごとく、
うちのムードメーカーのオームさんに、
早速、試しにかぶってもらいました。

こんな感じです。


P1010203.JPG




今、日本は、一番の厳しい寒さを迎えているとの由、、、


後、2ヶ月もすれば、そうして春の訪れの声を聞く頃には、、、
カラフルでチャーミングな先の自然素材を大胆に使い、
あるいは、もっと軽やかで、色鮮やかなシルク素材などでも、


何かチェンモード独自のこだわりとコンセプトをもって、
さらには、多用な市場のニーズにも細かく対応できるように、
いろいろなタイプの帽子の製作にチャレンジしていきたいです。



ナチュラル手編みニット帽、、、
今回、30pcs限定のオリジナル商品です。
(色は、ブラック、ブラウン、ベージュ などなど。。。)


東京近郊にお住まいの方、、、
また、お気軽に、
池袋東武8Fを覗いて観られて下さいね。


どうぞ、ヨロシクお願い致します。





2011年01月10日

「嗚呼、一生感動一生青春」



(新しい年、さらには週の始りにて、
またまた、妙にテンションが高くて、
独り、大上段(冗談)に構えておりますが、どうぞお赦し下さいませ)



2010年暮れ、、、
3年ほど前に某真芯巌殿より頂戴した、
故相田みつを氏の「にんげんだもの」と「一生感動一生青春」を読み込む。


普段から、何にでもすぐに感動しては、沁みている自分としては、
実に説得力がないのですが、、、
まさに、大いに感動して、沁みました。


当時は、サラ〜っと読み流していたのでしょうが、
改めて、今、読んでみると、


乾いた心の砂に水が沁み入るように、
荒んだ心に癒しの泉を与えてくれます。


言葉の力は、本当にスゴイと思います。


☆弱きもの人間 欲深きもの人間 偽り多きもの人間 そして人間の私

☆幸せは いつも 自分の心が決める

☆つまづいたっていいじゃないか 人間だもの

☆歩くから道になる 歩かなければ草が生える

☆ともかく具体的に動いてごらん 具体的に動けば具体的な答えが出るから

☆自分の心のどん底が納得しているかどうか そこが大事


とりわけ、秀逸なのは、、、、

「感動とは 
 感じて動く 
 と書くんだなあ」



まさしく、その通り、、、
こんなあたりまえなことなのに、
この言葉に深く深く感銘を覚えてしまいました。


過去、3年にわたって、新年の年頭にあたり、
所信表明なり、その年の目標とするキーワードを記してきました。


2008年:『活』

2009年:『創』『詩』

2010年:『翔』



ソステ、、、2011年度は、あえて、自らに鞭打つように、
結果を出す、そして「成功」するということにこだわっていきたいです。
少しでも、『成長』できるように頑張ります。


また、これまで、超(越)えられなかったハードルに、
ガムシャラにトライして、超(越)えるように努力します。
自分の限界と考えていた部分に臨み、文字通り「超越」して『成長』したいです。

そこで欲張りではありますが、この上記の二つの言葉、
「成功」と「超越」を基点として、
一つの造語を慮り、


『成る』と『超える』を組み合わせて、
自らの限界を超えて成る!!!

『成超』

したいです。


具体的には、、、


6年目を迎える自社ブランド「チェンモード」が独り立ちし、
家族や従業員やお仲間の皆さんに利益を還元できるように、
ここチェンマイから世界に向けてモードを発信していきたい、、、


プライベートにおいては、大好きなゴルフで、
ここ、チェンマイで、
まさに文字通り、、、成超!?したい


一生感動し、

健康で元気に明るく、

一生青春。。。


締めくくりに、、、

同じく故相田みつを氏の書、、、
「一生感動一生青春」の冒頭にある、、、
「いま、ここ」の詩の中の「ここ」を「チェンマイ」に置き換えて、

ワス自身の2011年の新春を飾る所信表明に代えさせて頂きます。





人間が人間として
生きるときの時は
いつでもいま
昨日(きのう)でも明日(あした)でもない
今日(こんにち)ただいまのいま!!

そして ―――
自分の生きるところ
生きる場所は
いついかなるときでも
チェンマイ

西でも東でもない
いま自分の立っている
チェンマイ
右でも左でもない
いま自分の座っている
チェンマイ!!

いつでもどこでも
いま、チェンマイ、が
自分のいのちの正念場
自分の一番大事なところ


『成超』



まさに、次も相田さんの言葉そのままなのですが、、、


いのちあるかぎりは、
いま、ここ(チェンマイ、家族、健康、仕事、友人・・・)を、
いのちの正念場として、

「一生感動、一生青春」の自分の旗を掲げて、
いきいきはつらつ、
いのちいっぱいに生(活)きてゆきたい、、、



皆々様、、、
この一年が健康で実りある素晴らしい年でありますように、、、
新しい年もどうぞよろしくお願い致します。。。


合掌

平成23年初春(青春)
TF:廣山文美王拝

2011年01月05日

「謹賀新年、嗚呼、日本の友へ・・・」



新年、、、

明けましておめでとうございます。。。


2010年の年末より、30日の仕事納めを挟んで、
大晦日、元日と、自分の体を極限まで苛め抜くように、
全く眠らない時間がダラダラ不規則に続きました。


年末年始の実質的な仕事の休みは、
僅かに、31日、1日、2日の、3日なのですが、
前後して、多くの大事なお客様やお仲間の皆さんの訪マイが続き、


朝昼晩に拘らず、お祝いの飲み会の機会も多々あり、
さらには、朝、真っ暗なうちから、連日のゴルフ漬け。。。
スコアは泣きたいぐらいの全戦全敗の哀れな結末。。。




そんな折、年が明けて、2日朝にお越しになられる、
貴女と二人の兄貴、3名のチェンマイご到着には、
心が躍るような、切ない想いで、お待ちしておりました。


「一期一会」


人生の出逢いと別れの中で、、、
誰にも、どうしようもなく心が引き付けられる、
貴重な邂逅があると思います。


そして、それは、知り合った期間の長短に関係なく、
たとえ、一瞬の出逢いでも、
その想いの深さが永遠に感じられるときめきです。


いずれ、星の瞬きに比すれば、
人生における1秒の長さも10年の歳月も雲散霧消してしまうぐらい、
所詮、人間の観念的な時間の永さにしか過ぎません。


決して、長い年月における友情関係を否定するわけではありませんが、
同様に、たった一度の出逢いでも、そのまま恋に落ちてしまうぐらいの、
衝撃的な、また、静謐で熱い想いと友情が溢れてくることもあります。



貴女とパートナーの清邁太の兄貴に対しては、
2年半ほど前に、日本の島根からここチェンマイでお逢いして、
そういう想いに熱く駆られた紛れもないお二人でした。

その後、お二人で、チェンマイを訪問される機会が、
ことごとく、信じられないような状況が重なり、
3度も、その直前でドタキャンになりましたね。


1度目は、兄貴のお母様の具合が悪くなり、
2度目は、兄貴のお父様の急死、、
3度目は、貴女自身の突然の心臓のオペ、、、


とりわけ、3度目は、本当に沈痛な想いで、
貴女の哀しみとやるせなさが、
切ないぐらいに伝わってきました。

ですから、4度目の正直である2011年1月2日の訪マイは、
満を持して、お二人ともう一人の兄貴の3名のご到着を、
準備万端、ずっと指折り数えて待っておりました。

お二人の兄貴のリクエストにお応えして、
チェンマイにご滞在中の3日間、無理を承知で、
事前に、3日、4日、5日、それぞれ、ゴルフ場を完全予約。。。


それが、、、それが・・・・・・



今年一年を占う例年の元日のゴルフ初め。。。
ボロボロの敗北感に打ちひしがれながら、
ロッカールームに戻ってくると、日本からの国際電話。。。

とまれ、清邁太の兄貴の重々しいまでに沈んだ声で、、、


<ごめん、また、行けなくなった・・・>



最初、回線が遠くて、聞き取りにくいこともあったけど、
意味を解するまで、暫く、時間を要していると、、、

西日本山陰地方を襲った何十年ぶりかの豪雪と積雪で、
あらゆる交通手段がマヒし、空港も完全閉鎖。。。


後で、よくよく聞いてみると、当の地元では、
大晦日から公道で600台以上が全く身動きが取れず、

夜明かししながら、
そのまま元日を迎えるような過酷な状況であったとの由。


貴女の無念さ、残念さが、、、
時間が過ぎるほどに、
こちらの心の襞の奥底にまで響いてきました。

どんなになっても、どんな状態でも、
今度こそ、チェンマイを目指して飛んできます、、、
と、元気に頼もしく語ってらした貴女の面影が翳ってきました。


ウソのようなあ島根をご出発される元日当日、
まさにそのドンピシャのバッドタイミングで、
またもや、4度目の、ドタキャン。。。

自然の脅威と一言では、片付けられないような、
あまりにも信じられないまでの惨い仕打ち。。。

急ぎ、3日間のゴルフの予約をキャンセルして、
その後の状況と動向に耳目を傾けておりました。


そして、突然、貴女のやるせない想いを僕に宛てた、
「チェンマイの友へ」という書き込みを見つけて、、、
もう、いてもたってもいられなくなりました。


さらには、自分のような未熟者に対して、
最大級の勿体なきお言葉を頂戴し、、、

また、その時の貴女のお気持ちを考えると、
涙が止まりませんでしたですよ。。。


僕の方も、これまでの身体的疲労がピークに達していたこともあり、
それに加えて精神的な落ち込みのダブルパンチにて、

暫く、呆けたようになり、、、
ゆるやかに流れる時間にもたれかかっています。



そして、今日は、1月5日、、、
本当なら、チェンマイを発たれる、
まさにその当日ですね。


本来なら、こちらでささやかではありますが、
貴女のおめでたき素晴らしき日に、
兄貴共々、ご一緒に祝杯をあげさせて頂きたかったです。


酸いも甘いも噛み分けられた人生の大先輩から、
「チェンマイへの友へ」と語りかけて下さいますだけで、
これ以上の言葉はございません。。。

僕の方からも、、、心を込めて、
姉貴分と両兄貴には、大変おこがましいのですが、
あえて、「日本の友へ」と題して、書き込みさせて頂きます。


朝靄に仄かに覆われる霧のようにミステリアスで妖艶なのに、
理知的で落ち着いて颯爽と清涼感を漂わせる人。。。




親愛なる朝霧様、、、

Many Happy  Returns of the Day !!!

お誕生日おめでとうございます。。。




遠く、チェンマイの空の下から、、、
貴女のご健康とますますのお幸せを、
心より、お祈り申し上げております。


今度は、予め、日取りを決められずに、
どうぞ、フラリとチェンマイにお越し下さいませ。


5度目の正直。。。


チェンマイでの再会を鶴首しております。。。




平成23年1月5日吉日・・・
TF:廣山文美王拝