2010年11月25日

「嗚呼、ハムレット!?」




タイの歌手で一番好きなのは、と訊かれましたら、
<アッサニー&ワサン>のタイポップスの大御所ですが、


その弟分である<Sek Loso>も、
ほとんどアルバムを保有していて大好きです。


<Sek Loso>も、自らがソングライターとして、音を紡ぎながら、
時々、奇抜な行動に出て、世間を騒がせるようなところもあって、
例えてみれば、安全地帯の玉置さんのような才能の迸りです。


さて、<Sek Loso>の好きな歌は、多々あって、
以前にも、何度かご紹介したこともありますが、


性懲りもなく、此度、YouTubeにぶちあげておりますのは、
今から、6、7年ぐらい前になりますでしょうか、、、

「kheei rak chan baang mai」

という歌です。


この歌を初めて聴いた時、すぐに耳に馴染んで、
一発で惚れ込んでしまいました。

ソステ、メロディーを聴けば聴くほど、
原曲の元の歌詞とは全く別個に、
この呆けた脳裏の中に独特の幻想的な世界が映ってきました。


<Sek Loso>の歌声が、
まるで、演劇の中の独白のように感じられたのです。


それで言葉遊びをしているうちに、
タイの大学に在学中、英語の教職課程の中で、痛くシェークスピアに苦しめられ、
あろうことか、その折のハムレットの名台詞とメロディーがだぶってきました。

「ハムレット」の正式題名は、

「デンマークの王子ハムレットの悲劇」
(The Tragedy of Hamlet, Prince of Denmark)

であり、シェークスピアの4大悲劇戯曲の中でも、とりわけ難解です。


その中で最も、有名な名台詞、、、

To be, or not to be:「生きるべきか、死すべきか(それが問題だ・・・嗚呼・・・)」

Get thee to a nunnery:「尼寺へ行け!?・・・嗚呼・・・」

が、「kheei rak chan baang mai」の、
サビからエンディングにかかるフレーズにピタリと重なり、、、


劇場における独り芝居をしている状況を想定して、
男女の情愛の縺れを狂気を装うハムレットのイメージと掛け合わせながら、
「激情のモノローグ(独白)」という自分の言葉をあてはめました。


タイトルは非常に畏れ多いのですが、
また、よかったら、聴いて下さいませ。。。


*************************


「嗚呼、ハムレット!?」By TF


別離の時が 不意に訪れて
君の注いだ ワインが飲み干せない

言葉の代わりに グラスを落とした
二人のシーンが 毀れる

台詞の言い回しは 追い詰められたハムレット
心の動きは 誰にもわからない

胸に刻み込んだ 溢れんばかりの想いを
どうやって 語れって云うんだ


今宵 独りで どう演じよう
泣くに泣けない 道化のフリを

本気だからこそ 口に出せない
激情のモノローグ・・・


はっきりしてくれ 出て行く前に
こんな気持ちじゃ 蛇の生殺しさ

寂寥さえ 憤りさえ
忘れようたって 割り切れやしないよ

勝手にしやがれ 侮蔑の淵
Get thee to a nunnery. 
Frailty, thy name is woman! thy name is woman!!



今宵 独りで どう幕引こう
消すに消せない 嫉妬の炎

愛 あればこそ プライドが邪魔する
激情のモノローグ・・・


はっきりしてくれ 出て行く前に
こんな気持ちじゃ 蛇の生殺しさ

寂寥さえ 憤りさえ
忘れようたって 割り切れやしないよ

勝手にしやがれ 侮蔑の淵
最後の台詞さ オフィーリア
To be, or not to be・・・


*************************









嗚呼・・・










×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。