2010年05月18日

微笑みの国タイよ、どこへ逝く!?



タイを取り巻く情勢が緊迫の度を増してきました。

タクシン元首相派勢力「反独裁民主戦線」(UDD)による、
バンコクの大型商業施設前占拠の暴挙が続き、

依然として、解決の糸口が見出せぬまま、
治安部隊がさらなる強制排除に乗り出す可能性も高まり、
一触即発の危機に瀕してきました。



ここチェンマイでは、普段通りで、
全く、平和そのものであるけれど、

メディアによる報道の頻度は増し、
まるで、異次元世界の出来事のように、
その現実とのギャップに戸惑い、驚きを隠せないでいます。

大使館の方からは、随時、最新情報を送信してくれていますが、
一方で、両陣営からのデマや撹乱情報も飛び交い、
いたずらに、混乱の度を高めているのも否めません。



そんな中、チェンマイでも一部、
不穏な動きが出てきて、予断を許さない状況になってきました。

最新のチェンマイ日本国総領事館からの危険情報を添付します。



<総領事館からのお知らせ>2010年5月17日

北部タイの治安情勢に関する注意喚起

1.5月17日午前2時頃、チェンマイ県内のタイ軍人銀行ノーンホーイ支店前で手製爆弾が投擲され、駐車車両が損害を受けました。また、同日午前2時50分頃、同県内のサイアム・コマーシャル(タイ商業)銀行チャーンプアック支店前でも手製爆弾が投擲され、ATMボックス天井部分が破損しました。

2.5月16日午前2時頃、同県ムアン郡内チェンマイ−サンカムペーン道路の自動車修理店前に駐車中であった陸軍の大型バスに火炎瓶が投擲され、同車両が炎上しました。

3.上記の爆発等による人的被害はありませんでしたが、北部タイにおいてはこれまでにも小規模の爆弾事件等が連続発生していますので、引き続き注意が必要です。つきましては、チェンマイ県等北部タイに渡航・滞在される方は、報道等から国内の治安情勢等に関する最新情報の入手に努めてください。


また、こうした現在のタイ国の情勢を受けて、
同様に、日本大使館からの注意勧告情報。。。


<日本大使館からのお知らせ>

バンコク都に対する渡航情報(危険情報)の引き上げ等(2010年5月17日現在)

1.日本政府は、現在のタイの情勢に踏まえまして、バンコク都の「危険情報」を現在のから『渡航の是非を検討して下さい』から1レベル引き上げ『渡航の延期をお勧めします』に変更することとしました。
また、バンコク都以外の県でも非常事態宣言が発令されたことを受け、以下の21県に対し、新たに『十分注意して下さい』の「危険情報」を発出することとしました。

【新たに「危険情報(十分注意して下さい)」の対象となった県】
  ノンタブリー県、サムットプラカーン県、パトゥムタニー県ナコンパトム県、
アユタヤ県、チョンブリー県、チェンマイ県、チェンライ県、ランパーン県、
ナコンサワン県、ナーン県、コンケン県、ウドンタニ県、チャイヤプーム県
  ナコンラチャシーマー県、シーサケート県(プレアビヒア寺院周辺を除く)、
ウボンラーチャータニー県、マーハーサーラカーム県、サコンナコーン県、
ローイエット県、ノーンブアランプー県

2.現在バンコク都に滞在されている邦人の方は、封鎖地域付近や治安当局とUDDデモ隊が衝突している地域(別添地図参照)には、決して近づかないようにして下さい。これら地域の近くに滞在する在留邦人、邦人旅行者については、不測の事態に備え、厳に外出は控えて下さい。

3.バンコク都及び非常事態対象都県においても抗議活動等が発生しているとの情報もあります。従って、当該対象地域に渡航される場合には、報道等から最新情報を入手し、今後とも集会・デモ等が開催されている付近には近づかないようにするなど引き続き十分な注意を払って下さい。

4.また、これら地域以外の外出にあたっても、報道等から最新情報の入手に努め、不測の事態に巻き込まれないよう十分注意してください。

5.なお、タイにはバンコク都及び今回新たに危険情報が発出された以外に以下のとおり危険情報が発出されておりますので、ご注意下さい。
●ナラティワート県、ヤラー県、パッタニー県及びソンクラー県の一部(ジャナ郡、テーパー郡及びサバヨーイ郡)
:『渡航の延期をお勧めします』
●ソンクラー県(ジャナ郡、テーパー郡及びサバヨーイ郡を除く)
:『渡航の是非を検討して下さい』
●シーサケート県のカンボジアとの国境付近のプレアビヒア寺院周辺地域
:『渡航の是非を検討して下さい』

6.なお、スワンナプーム国際空港は通常通り運行しております。




こうした日本政府のタイに対する見解として、
危険情報のレベルが引き上げられ、
『渡航の延期をお勧めします』の段階には非常にビックリしました。

まさに危険情報の最悪に王手がかかったようなものです。

参考までに、各「危険情報」の4段階レベルを記してみますと、、、

1:★『十分注意して下さい』
:その国・地域への渡航、滞在に当たって特別な注意が必要であることを示し、危険を避けて頂くようおすすめするものです。

2:★★『渡航の是非を検討して下さい』
:その国・地域への渡航に関し、渡航の是非を含めた検討を真剣に行っていただき、渡航される場合には、十分な安全措置を講じることをすすめるものです。

3:★★★『渡航の延期をお勧めします』
:その国・地域への渡航は、どのような目的であれ延期されるようおすすめするものです。

4:★★★★『退避を勧告します。渡航は延期して下さい』
:その国・地域に滞在している全ての日本人の方々に対して、滞在地から、安全な国・地域への退避(日本への帰国も含む)を勧告するものです。この状況では、当然のことながら新たな渡航は延期することが望まれます。

日本政府のタイへの危険度は、3★★★のレベル、
『渡航の延期をお勧めします』として、
認識されたことになります。



実際、多くの方々から、このタイの騒動において、
チェンマイの状況はどうですか???とご質問を受けるたびに、
こちらは、至って、普通そのものです、、、とお答えしてきましたが、


こういう先行きの見えない情勢では、
どういう予期せぬリアクションがあるのか全く確証が持てず、
全面的に大丈夫ですよ、、、とは、云い難い状況になってきました。



非常に情けないシチュエーションではありますが、

あくまでも、タイに渡航される場合には、
十分な注意を喚起されまして、
確固たる個々の責任と自覚を促してほしいと念じます。





嗚呼、迷走する微笑の国タイよ、、、

一体、どうしっちゃたの?

どこへ往くの??

どこへ逝っちゃうの???




(お問い合わせ先)
在タイ日本国大使館領事部
 電話:(66-2)207-8502、696-3002(邦人援護)
 FAX :(66-2)207-8511

2010年05月09日

人生初のホールインワン!?


いきなりですが。。。

人生初の・・・!?

ホールインワン。。。

出ちゃいました。

あまりにも唐突で、
この感情の迸りをうまく表現できません。。。

ビールの酔い心地を味わうように、
後になって、ジワジワと喜びが込み上げてきます。。。


時間:平成22年5月9日(日)、09:05
場所:アルパイン(ブルーティー)
12番Hパー3:155Y(使用クラブ7I)


日頃から、(元気に)人生120年を標榜していますが、
その間に一度でいいから達成したいと強く深く念じておりました。


同伴競技者のN社長、O氏のお二方、
本当にありがとうございました。


振り返ってみますと、、、

前日のメンバーによるアルパインコンペに急遽参戦して、
アルパインでは、初めての青ティーを体験、、、
白ティーと違って、距離が断然違ってきます。

12:30スタートで、炎熱地獄のような猛暑の中、
スコアは散々で、立っているのもやっと。

打ち上げパーティー後のビールを注がれるまま飲み、
深夜、うちへ戻って、今朝は、5時過ぎには出発。

6:15の一番スタート、、、

同伴のシングルプレーヤーO氏のご希望で、
通常ならできないはずだったブルーティーから再度トライ。。。

前半、前日の疲労そのままに、
何にもいいところなく、51の厳しいスコア、、、

7時過ぎから、気温がドンドン上がり、
脱水症状気味に、水ばかり補給している。

後半もパットが入らず、ボギーボギーと来て、
迎えた12番ホール、池越え打ち上げの155Y、、、

少々高台になっていて、ピン奥、、、
10〜15Y余分に距離を見なきゃいけないところ、、、

それまで、オーバー気味にアイアンが飛んでいたので、
気持ち手前にショートさせるつもりで、選択した7番アイアン、、、

フィニッシュが振り抜け、キレイな放物線を描き、
グリーン上に直接乗って、パーンと右に跳ねたような感じ。
後は、高台になっていてボールの所在が全く見えない。。。

グリーンに上ってみると、
ピン傍右横2mぐらいにボールが一つあり、

<ヤッター、バーディーチャンス>
と思いきや、、、
何とそのボールはN社長のもの、、、

他には、グリーン上にボールが見当たらず、

<エ〜、あんないいショットがオーバーしたの???>

奥のラフを必死に探すがワスのボールが見つからない。。。

そんなこんなしているうちに、キャディーさんが、
ピン下を指して、入ってると云う。。。

暑さと疲労で、何を云われたか全くわからずに、
ボヤ〜っと近づいてみると、
確かに、ホールの中にワスのボールがあった。。。

人生初のホールインワン、、、

加えて、、、

人生初のイーグル、、、

その後は、ビールでほろ酔い気分になり、
何にもいいところなく、
51+45=96でフィニッシュ、、、

スコアカードを提出して、
顔見知りの係員の皆さんからも祝福の言葉を受ける。。。

アルパイン側からは、一週間後、
何やらホールインワンの賞品を頂けますそうな???

ウ〜ン、、、
確か、ホールインワン保険も入っていたような???

その後は、クソ暑き中、、、
日頃の鬱憤を晴らすように、
ビールの美味いこと美味いこと、、、

N社長、Oさん、、、
真に、誠に、ありがとうございました。。。

後になって、もう嬉しいのなんのって、、、
何だか、宝くじの一等賞に当たった心持ちです・・・

嗚呼・・・

2010年05月07日

「チェンマイ極暑考!?」


Atsui、
アツイ、
あつい、
暑い、
熱い
あつ〜い・・・

愚痴ってばかりで、マコテ、情けないばってん、、、


あつか〜。。。


いつも、もう日課のようにチェックしているネット上の天気情報で、
http://www.wunderground.com/global/stations/48327.html

これから5日間のチェンマイの気温予測でも、
見事なぐらい呆れるほどの連日40度超え、、、

振り返って、、、3月のいつ頃だろうか、、、
今年のチェンマイは、例年に比べて、チ〜ト暑いんじゃないの???
って、ズット、ヤセ我慢しておりましたが、

マコテ、暑いっす。

少しもおさまるような軽減されるべく気配すらありません。

世界的な異常気象を指摘されてから久しいですが、
地球的規模の温暖化と相まって、
何かが、毀れちゃったような暑さ。。。

通常、バンコクと比較してみても、
緯度がより高くなるチェンマイの方が若干温度も低いはず?なのですが、

日中から夜半にかけては、信じられないでしょうが、、、
バンコクよりも、だいたい3度から7度も高めに推移しています。
(夜中から日の出ぐらいは、同温か、わずかにバンコクより下回ります。)

チェンマイは山々に囲まれた高地に立地しているにもかかわらず、
この全く海に面していない盆地の形状と野焼きなどの人的要因により、
温度が容赦なくグングン上昇する感じです。

この地を訪れていたお仲間の方が奇しくも漏らしていましたが、
今のこのチェンマイは、殺人的暑さだと形容されておりました。
よくぞ、ワスの切なくも情けない想いを代弁してくれたものと念じます。

外に居れば、もう逃げ場がありません。。。
自然と、エアコンがギンギンに効いた屋内に駆け込むことになります。

セブン(=セブンイレブン)や各種ショッピングモール、、、
エアポートプラザやチェンマイ空港などのオアシスに緊急避難して、
一時の冷気をとります。

いみじくもこの2月に引っ越した新工場には、
まだエアコンが設置されておらず(設置できず?)、、、
地獄の暑さであり、熱さです。

工場内は、ミシンなどの機械類と電気の消費などで、
外気よりもさらに、3度から5度高めになってきます。

20人いる従業員に皆、人数分、扇風機はありますが、
ヌルッとした固形状の澱んだ空気がかすかに動くだけで、
逆に、肌に気持ち悪いヌメリです。

もうちょっと我慢すれば、暑さも和らぐだろうと願っていましたが、
その期待は見事に裏切られ、暑さの度合いは増すばかり。。。


ワス事になりますが、、、
人一倍の暑がりで、からっきし、暑(熱)さに弱く、
温度が一度上がる毎に、ガッツ指数は急降下します。

日頃から基礎体温が36度ぐらいと普通より低めなので、
風邪などで37度の微熱でも、クラクラ眩暈がくるのです。

翻って、今、チェンマイは、連日40度を超す猛暑、、、
ワスの我慢の限界を超えています。
逃げたくでも、どこへも逃げられません???

チェンマイでは、ここ最近、常に人間の体温以上の温度経緯で、
なまあたたかいどころか、
クソ暑い熱でスッポリと大気が覆われ続けているような感。。。

せめて、気温が、32度から35度の間であれば、
暫し、何だか、随分としのぎやすい様相にもなります。

スカス、、、
周りの温度が36度を超え、40度をオーバーするとなると、、、
もう、あきまへん・・・

人間、自分の体温以上の所に長時間居ると、
全く、冷静な判断など、できる余地などないですから。


よく親しい人に、この惨状を説明するのに、
5分前のことがわからなくなってきて、
2桁の足し算さえできなくなってくると伝えます。

ボヤキと泣き言ばかりで、殴り書きしておりますが、
ワス自身、工場内にあるシャワーを何度も浴びながら、
かろうじて、己の狂気の爆発を抑えています。



チェンマイも5月は中旬になれば、
この暑さが穏やかになってくるのでしょうか???
全く、先行きが見えません。

従業員や仕事の能率のことを考えれば、
どんな無理をしてでも、工場に何とかエアコンを設置せねば、、、
と、堂々巡りの中で、今も真剣に考え及んでいます。

前述のチェンマイの天気予報の中でもご案内されているように、
これから4日先の予想推定最高気温も、
あからさまに、ずっと40度を超えたままです。


チェンマイの極暑考、、、


これまでも、かなり厳しくもあり、
これからも、まだまだあなどれないばかりです。



嗚呼・・・

2010年05月06日

断食後、復活を模索して!?

「嗚呼、後33時間!?」などと、
その後、どこかで雲隠れをしていたごとく、
「嗚呼、3週間強」ぶりの日記です。

何だか、全く時間的概念がないまま、

メッチャ忙しかったような、
逆に完全に時間が止まっていたような、

それでいて、多くの人に逢っていたような、
多くの人とすれ違っていたような、、、

何ともヘンテコリンな気分です。

結果的には、、、
15日から16日に日付が変わるその刹那、、、
無事に!?・・・1週間断食を終えました。

正直、後から考えると、何と馬鹿な事を、、、
って、自己批判に走りたくなるのですが、
それなりに事に及んだ精神的理由付けはありました。

ただ、その間は、本当につらかった。。。

生きているように死んでいるのか、、、
死んでいるように生きているのか、、、

その虚ろな生と死の境界線上にいるかのごとく、
暫し、時空を突き抜けたような爽快感と裏腹に、
ほぼ全体を占めるネガティブな虚無感と虚脱感。。。

一方で、当初予期していた事とは別に、
副二次的に、思いがけない効用もありました。

自分なりの通常のベストの体重が65キロ程であるので、
断食を始める直前の自堕落な生活で体重はピークの74キロ。

最初の3日間で面白いように体重が落ちて、
最終的には、1週間断食で13キロ減の61キロ。。。
ベストよりもさらに4キロ減、、、

断食中は、不規則に不連続に襲う妙な圧迫感と恐怖感に苛まれ、
時間の経過が全く感じられず、異様なまでの空腹感の中、
ほとんど眠れもしないので、昼夜がわからない無重力のような状態、、、

その時に心を占めていたのは、無事に断食を終えたら、
<さ〜て、何を食べよう、あれをしよう、、、>
って、そんな他愛のない妄想ばかり、、、

寒いぐらいにエアコンを効かせた密室で、
映画を一体、何本、何十本観たかわからないけれど、
結局、目や頭を素通りするだけで、何にも心に残らないし響かない。。。

家人も子供たちも、実家のランプーンに一時帰省していて、
自宅には、ただ、独りきり・・・


断食後、一番大切なのは、復食。。。

厳密に事を進めるのであれば、
ほぼ水のような32分粥→16分粥→8分粥→4分粥→2分粥、、、
と順を追って、時間を割いて、内臓に負担をかけないようにしなきゃいけない。

<そんなことは、よくわかっている。。。>

スカス、、、

突然、脈絡もなく、妙な悪想念が浮かんだ。

残り、、、数時間で1週間断食達成というその瞬間に、、、
ふと、冷えたビールのイメージで、
すべての頭の中が占められてしまったのだ。

そうなると、体も心もビールを求めてやまない。。。
それは、まるで、究極の信仰のように、
この「苦しみのゴールの果て」は、「ビール」と同義語になっていた。

1週間も断食すれば、内臓は何物にも過敏に反応し、
胃腸はスッカリ生まれたての赤ん坊のようになっていて、
アルコールのような刺激物は、問題外で極めて危険である。

<嗚呼、それなのに、それなのに、、、>

ゴールまで残り一時間を切った辺りから、
一分一秒が、、、
一年一ヶ月に匹敵する時間の歩みの鈍さ。。。

その苦痛を紛らせるように、ただただ心の拠り所のように、

<ビール>

だけが、脳味噌を、心を、総て、占めてしまっていた。
それは、まるで、半狂乱に満ちた薬切れの末期症状のごとく、、、

ソステ、、、いよいよ、、、秒読み開始、、、
日付が15日から16日に変わった、、、

力が全く入らないのに、きっと目は欲望か何かで、
血走っていたのではないだろうか。。。

当初の大きな目的も、目標も、反省も何もかもが、
ただ一口のビールにすりかわっていた。


いけない、いけないとわかりながら、
まさに、自殺行為に等しいながら、、、
冷蔵庫の扉を開ける。。。

ギンギンに冷えたビールを、
ギンギンに冷えたグラスに注ぐ。。。

何か、宗教の儀式のように、口に湿らせる、、、




<ク・ソ・マ・ズ・イ・・・>


舌先が痺れるように、痛いように、
食道が焼けるように、胃壁が爛れるように、、、
ビールが不味くて不味くて仕方がない。。。

全然オイシクないのに、気持ち悪いのに、、、
スカス、何故か止まらない、やめられない、、、

一口から、一杯になり、
2杯、3杯とグラスを重ねていく。

滅びの美学にも似た自殺的末期的な陶酔感、、、

一滴、一滴が、乾いた細胞に沁み渡るがごとく、
歪んだ栄養分が、変則的に体に供給されるみたいに、、、
マズイはずのビールが、麻薬のように止まらない、、、

知らず知らずのうちに一本が空き、二本が空いて、
三本を空けたところで、意識をなくしていた。

あれほど眠れないでいたのに、
完全に意識が落ちて、脳味噌が溶けていた。

気づいたら、刺すような腹痛にやられ、
強烈な吐き気に襲われた。。。

水を大量に飲んで、
明け方の散歩に出かける、、、

朝陽が昇る、、、

ようやく我に返ったような面持ちになる。

16日、何事もなかったように、
ソンクラーン明け、、、
仕事に復帰、、、

それから、数日間、、、
何を食べても、何を飲んでも、
信じられないような食欲の嵐。。。

わかってはいたけれど、
3、4日で、7、8キロのリバウンド。。。

ただただ食べられるだけで、生きているだけで、
感謝の気持ちでいっぱいになる。

その後は、少しずつ、冷静になってきて、
時間と追いかけっこするように、
アッという間に、日付が過ぎた。

信じられないような極暑の中で、
日本のGWにあたる時期には、
当初から大事な日本からのお客さんに混じって、ゴルフ三昧。。。

アカンとわかっていながらも、
ビールが旨い、うまい、美味い・・・


振り返ってみれば、チェンマイでは、
3月途上から、ずっと、とんでもない暑さが続いている。

バンコクでは、新たなデモ騒動が混乱を極め、
全く、解決の糸口がつかないまま、
時間ばかりが過ぎていく。

ソステ、、、断食明けから3週間が過ぎた。

結局、何だったのだろう???

目の前に起こることが、どこか他人事みたいで、
突然、物凄く、過敏なまでに感動したり、
急激に無気力に、無機質になってみたり。。。

フッと蒸発するみたいに、仕事も家族も何もかも捨てて、
まさか、突然どこかへ放浪の旅になどは出られないけれど、

この3週間は、まるで現実逃避のように、
心はここにあらず、別の時空間を彷徨いながら、
ようやく少しずつ、元に戻ってきた感じがする。

決して、修業が明けたわけではないけれど、
結局、何にも悟ったものもなく、

相変わらず、このチェンマイの暑さに辟易しながら、
時間だけが過ぎていく。。。

少しはセンチメンタルに感傷に浸りたいけれど、
それを拒否されるごとく、
ただただ暑い、クソ暑い・・・

<この暑さは、一体、何なのだ、、、>

嗚呼、、、復活までは、ほど遠く。。。
もう、あんな苦しみの繰り返しはコリゴリのはずなのに、
それでも何故か、また、何かを断ちたい衝動に駆られ、、、


<断食(酒)に走りたくなってきた。。。>


いや、ヤッパリ、ムチャはやめておこう・・・

<アカン、だいぶん、体調が復活してきたと思いつつ、
暑さの中で、どこか、考えが偏狭してきています。
まだまだ、道は、遠く、険しく、いとおしく・・・>