2010年04月14日

嗚呼、後、33時間!?

この暑さにも参ってしまい、
突然、訳もなくどうしようもないまでの疲労感に包まれ、
どこかに消えてなくなりたくなった。

ただ、社会生活を営んでいる以上、それも叶わず、
心を閉ざして、じっと、嵐が過ぎ去るのを待つだけ。

4月8日夜半、、、
つまり日付が変わる9日午前0時、おもむろに決意した。

<暫く、酒を断つだけでなく、食を断とう・・・>

こんなことをバカ正直に公言すると、
いろいろな方にご注意とお叱りを受けますでしょうが、、、
本人は、いたってクソ真面目です。

一度、この怠惰な心に楔を打つべく、何もかもぶち壊して、
また新たに生まれ変わるきっかけにしたかった。

18歳の折に、断食道場に宿泊し長期断食を経験して以来、
これまで年に数度、
性懲りもなく1週間単位の断食を繰り返してきた。

スカス、ここ、2、3年は、たった1日、2日の食断ちだけでも、
年齢によるものなのか、凄まじいまでのエネルギーと意志力を要し、
気持ちとは裏腹に、なかなか行動が伴わない。



さて、現在、ここタイ国内では、
赤シャツ隊(UDD)と政府側との闘争が混乱を極めている。

日本サイドからも、不安と懸念の面持ちで、
タイはどうだろうか・・・!?と打診のコンタクトを度々受ける。

が、ここチェンマイは、いたって、平和そのものであり、
もう、ただ、ただ、暑くて、暑くて、
脳みそが、ふやけて、溶けて、蒸発してしまいそうな様相だ。



ここで、当初は、まず3日間の断食のつもりが、、、
9日、10日と、一番きつい時間を過ごした後、

家族の者が皆、実家のランプーンに帰省し、
11日(日曜日)、家でひとりきり、瞑想しつつ、

ひたすら、空腹と闘っているうちに、
何かが弾けて、毀れた感じがした。

<ここまできたら、一週間断食しよう・・・>

追い詰められて、逆に、心が奮い立った。
なかなか、こういう機会は見出せない。

食を断つと、それでなくても眠らない日常の中で、
ほとんど、眠らない、否、眠れなくなってくる。

終始、意識が覚醒している状態に投げ出されるのだ。
あるいは、幻覚に似た白日夢に陥っているとも云える。

12日、、、
タイソンクラーン(旧正月)大晦日?&仕事納め。。。

この辺りが究極につらかった。

口の中がカラカラで、何度水分を補給しても、
舌先が如実に乾いてくる。

同時に、、、

<何を悩んでいたのか、何に心を痛めていたのか、、、
サッパリ、わからなくなってくる・・・>

物事を難しく考えるのがバカらしくなってくるのだ。

その間、、、
どういうわけか、度々思いがけない昔馴染みの方々からコールが入る。
それに対して丁重にお断りを入れる。

酒を断ち、食を断つことが、
ひいては、人との交わりさえ断つことになる。

12日、、、形ばかりの懇親会の場で、
従業員の皆と16日の再会を約して、
食事もアルコールも口にすることなく、独り帰途につく。

13日、、、ソンクラーンの幕開け、、、
世間では、水掛け祭りの真っ最中。。。

まるで、山篭りみたいに、家の中でたった独りきり、、、
ただ、情けないけれど、一部屋を冷房でギンギンに冷やし、
座禅を組みながら、好きな映画をノンストップで観る。

懇意の方から贈られた未鑑賞の映画の類がまだ400本あまり。。。
この一週間、家では、何にもなす術もなく、
まるで親の敵みたいに映画ばかり観て過ごす。

目標の断食の終着は、
15日夜半、日付が変わる16日午前0時、、、
これで、丸1週間・・・

我侭といってしまえば、何にも否定できないけれど、

ソンクラーンの時期に、家人の実家にも顔を出さず、
貴重な3日間の休みに、誰とも逢わず、
当然、ただの一度もゴルフをすることもない。

自然と人とのお付き合いをお断りする口実にもなり、
お金も一切、つかわない。
外出は、朝未明の独り散歩だけ・・・

体重は、その直前、少々アルコール太りで74kgsまで達しながら、
14日現在、63kgs以下まで落ちる。
10キロ以上のダイエット???

バカなことだとは、よ〜く、わかってはいるけれど、
平生では、こういった行動をとること自体、日常では難しい。

今も、ちょっと、気持ちが挫けそうになりながら、


嗚呼、後、33時間
・・・


このご時世、なかなか人里離れた山に篭ることはできないけれど、
同じような行動の想いに駆り立てられるように、

<嗚呼、、、体によくないのはよくわかっているけれど、
まずは、白いご飯に塩を振り掛けて食したい・・・>



16日、、、仕事に戻る際には、
どこか、生まれ変わったような気持ちで、
社会復帰したい。。。


嗚呼・・・
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。