2008年12月29日

(不)完全復活<<2008年総括>>

年の瀬、5日(タイ国王誕生日)ぐらいに体調を崩し、
それ以来、ずっと不完全な心身の状態に苛まれています、、、
(3週間を経て、まだ、喉の痛みと咳が止まりません)

一方、肩甲骨を筆頭に、両肘の痛みは、
かれこれ3ヶ月に亘って、さらに苦慮の幅を広げていました、、、

スカス、、、

うちの番頭さんである大冠(=大カンチャナ)さんのススメで、
24日、ある高名なツボの先生を訪ねて、診てもらったところ、、、

<ア〜ラ、不思議、両肘の痛みがいきなり治っちゃった!!!>

親指と人差し指で挟むようなマッサージ、、、
その間、5分にも満たない、、、
まるで、狐につままれたよう???

ちょっと捻ったり、曲げたりすると、激痛が走っていた肘が、
確かに、うそみたいに、治癒されていたんです、、、

料金は、一律101B(約270円)、、、
(この余分の1Bが笑えます・・・)

これまで、肘を庇いながら、ダマシダマシ、ゴルフをやっていたのが、
とりあえず、ドライバーが普通に前に飛ぶようになり、
スコアが格段によくなりました、、、来年に向けて、大きな弾みになります。


さて、2008年は、不運が重なり、精神的に不安定なことが多く、
まさに、アップダウンの激しい我慢と忍耐の年でもありました、、、

1月:いきなりゴルフN杯コンペで優勝するも、
その後、体調を崩し、大スランプの道程に翳りを落とします・・・

2月:突然の友の死に震え慄き、、、、
歯痛・咽頭炎、さらには、ビザの手続きに心労を重ねました・・・

3月:「第1回ライ馬鹿&第5回マイ狂ミクシー杯」が開催され、共に玉砕、、、
「タイ語一語一会」から「タイ語一(標)語一会」を始める・・・

4月:本業である春夏物の出荷で生地トラブルが続発し出荷が混乱を極める、、、
20名以上数える女ばかりの園に、初めて、自分以外の男性を入れ、新体制・・・

5月:お仲間では、3月の『Designersworks』に続き、
『Disguise』、『ホカベン』がオープン、、、ワスは沈没・・・

6月:5月、6月とブログや日記からも完全に遠ざかり、
ひたすら、本業の方も不調で、沈思黙考の日々が続きます・・・

7月:A&Wワールドツアーを会長他お仲間とランプーンで熱狂、、、
ミクシーキリ番10万を一区切りに、ネット上での距離を置く・・・

8月:娘キャンディー主演のタイ映画「アーカー・プーナーラック」がタイ全国上映。
10度目の正直にて、GVでハーフ初の40切り、38をマーク・・・

9月:挫折、裏切り、人間関係の溝、仕事上の問題、四面楚歌、
八方塞りの中で、出口を探して、もがき苦しむ、両肘痛始まる・・・

10月:現実世界からの逃避、自転車操業、倒産危機回避、、、
DVD&VCD「アーカー・プーナーラック」タイ全国発売・・・

11月:「第2回ライ馬鹿&第6回マイ狂ミクシー杯」、共に大玉砕、、、
チェンモードアンテナショップ、ナイトバザールより撤退、、、
バンコク空港閉鎖、未曾有の経済的不況深刻化・・・

12月:長引く風邪に依然苛まれる、『D-SODA』オープン、、、
喉の痛みが抜けず、それでも酒量が増え、体重の増減が過度に上下、、、
50人に及ぶゴルフ永久スクラッチ全対戦成績大きく負け越し・・・



11月、12月には、立て続けに来客が続き、
肉体的疲労はピークに達する、、、

トドメは、27(28)日、完全失恋気分!?を味わい、、、
「不覚」の「深く」泥酔、、、朝帰り???
まさに穴があったら、入り、隠れ、消えてしまいたい「俯角」・・・


耶仁様&真芯巌殿、誠に申し訳ございませんでした・・・


今は、ただ、ただ、「押忍」・・・


2006年から3年に及ぶ大殺界の渦に巻き込まれながら、
冗談げに、2007年の「逝」に続き、
2008年は「活」をテーマに掲げました、、、

さて、来たる2009年は、大いなる反省と希望を込めて、
何かを新しく始めるのに最も適した年、、、
「創」の一字を充ててみたいです、、、

ソステ、「創」からイメージする「詩」の一文字に魂を込めて、
自分自身の「心の詩」、「人生の詩」を刻んでいきたい、、、

実は、この「詩」の一文字は
個人的にもとても思い入れのある
大事な大事な言葉でもあります。


この3年間、突如、とんでもない行動に出たり、
自分で自分がわからず、意味不明な事に悩み苦しみ、
逆に、いつしか、引っ込み思案になったり???

ヘンテコリンにチグハグした思考プロセスにて、
文字通り、自分を見失う言動を誘発し、
周りの方の誤解を招くことも多々ありました、、、

新しい年は、毅然とした態度で、時に拒絶する勇気を持ち、
優柔不断を戒めながら、自身の信念に基づいて、
積極的に物事にトライしていきたいと考えています、、、

垢を落とし、膿を出し、、、
禊の期間は、過ぎました、、、



行く年は、大変、お世話になりました、、、
来る年は、「健康に勝る宝なし」、、、新たな希望を携え、
皆々様のご発展とお幸せを心よりお祈り申し上げております・・・

今は、まだ、自分自身、「完全復活!?」とはいえず、、、
「不完全復活?!」の手探り状態ではありますが、、、

風通しよく、徐々に、心の窓をいっぱいに広げ、、、
迷いなく、揺るぎなく、戸惑いなく、フルスロットル、、、
新局面にチャレンジしていきたいです。

タイはチェンマイに住み、タイを愛し、、、
時にバカをして、後悔と自己嫌悪ばかり、、、
真に愚かな懲りない男、一人のタイフリーク(=タイ狂)ではありますが、、、




恥ずかしながら、また、今後とも、どうぞ宜しくお願い申し上げます、、、


30日:仕事納め、チェンモード忘年会・・・
31日:年忘れゴルフ・・・
 1日:年初めゴルフ・・・
 2日:仕事始め・・・嗚呼・・・


平成20年12月29日吉日、、、
大殺界明けまで、後3日・・・
タイフリーク拝、、、


追伸:魍魎様、謹んでお誕生日おめでとうございます!!!

2008年12月26日

チェンマイ「D-SODA」オープン!


アチコチで宣伝していますが、12月24日(クリスマスイブ)、
盟友慧夢師殿(=マイクさん)の3店舗目のお店が、
チェンマイ大学近くの「ガートリンカム」広場にオープン、、、

お洒落なTシャツ&シルバーを含む小物アクセサリーを扱っています、、、


慧夢師殿がスゴイのは、この世界的不況の最中、
2008年は、まさに有言実行を貫徹し、
キッチリと結果を出してきていること、、、

『Designersworks』
3月23日:@ニマンヘミン通りソイ15新規オープン

『Disguise』
5月10日:チャンプアック門傍新規オープン

『D-SODA』
12月24日: チェンマイ大学表門傍新規オープン

それぞれの店舗の頭文字が「D」から始まり、
「D」の語感は、タイ語の<ディー(=good)>に通じ、
彼のセンスとクオリティーの高さを予兆させます。

コンセプトは終始一貫していて、
日本や欧米の市場にも対応しながら、
メインターゲット自体はタイ(人)に置いているという点。

とりわけ3店舗目の『D-SODA』に関しては、その傾向が顕著で、
流行に敏感に対処しながら、自分のセンスを活かし、
主に若者のニーズに応えているので、よく売れるのです、、、


今回、3店舗目については立ち上げ時にご一緒させて頂き、
彼の勧めで、うちの帽子(キャップ&ニット)や一部Tシャツを置かせてもらっています。


先だって、小旅行のまさに弾丸特急日帰りツアー!?で、
バンコクまで生地や仕入れ等でご一緒させて頂いて、
彼のビジネスに対する熱き想いを目の当たりにしました、、、


また、ワスが昔から信奉しているある占いの中で、
自分にとっては、丑年の人が伴侶やビジネスパートナーとして、
最高の相性であることを実感しています、、、

確かにこれまでも想い込みが激しいかもしれませんが、
体中に鉛を張ったような重苦しきこの大殺界の3年間、、、
仄かな光明を醸し出しながら、余すところ、後僅かに5日あまり、、、

来年は、何かを始めるのに最高の「種子」のスタート、、、
奇しくも慧夢師殿とは、丑年の同い年!?で、

2009年は、二人揃って年男???
運気がドンドン上がると信じています、、、

余談ですが、慧夢師殿は、女性にモテモテで、
どういうコネで!?、どこからどう探してくるのか、
いずれのスタッフも若くて性格が良くて可愛い娘さんばかり、、、

『D-SODA』の立ち上げ時も、1週間限定!?で、
学生21歳のプイさんがスタッフとして参加、、、
明るく朗らかで若さが漲っています、、、

テナント番号は、行け行けゴーゴー、、、
NYゴジラ松井を髣髴させる、Dの55番、、、
<ここでも「D」の文字が浮かび上がっています・・・>


先のバンコクの空港閉鎖騒動等で、
世界的にタイの評判が失墜して観光客も激減していますが、、、

チェンマイにご滞在、あるいは、こちらにお越しの皆々様、
こちらの慧夢師殿がコーディネートする、
マイクさんのDシリーズのお店に、お気軽にお立ち寄り下さいませ・・・

2008年12月24日

タイ映画「Happy Birthday」

12月23日、日本では云わずと知れた「天皇誕生日」の祝日、、、、

タイでは、モチロン、休みなどではなく、ごくごく普通に仕事をして、
年内のうちに片付けるべきものは、先に済ませておこうと、
日本人会年会費&ゴルフ保険等をまとめて支払います、、、

その後、夕方遅く、ある習い事をしている家人に代わり、
久々に息子を学校に迎えに行き、一方3日間学校が休みの娘にせがまれて、
タイ映画を、夜も7時を廻った頃に、親子3人で観に行ったりしました、、、

奇しくも、「天皇誕生日」の日に、、、
タイ映画のタイトルは、、、ズバリ、、、

「Happy Birthday」

前評判がやたら良くて、日頃クールな娘が、
「これだけは、連れてって」と、ずっとおねだりされていました、、、
何でも、相当泣ける映画であるとの由、、、

ヒネクレ者の自分としては、そう聞かされると、
逆に身構えたり、意地でも泣くもんか、、、
と開き直ったりするところであるけれど、、、

全くストーリーも何も知らずにいたので、
先入観なしに、淡々と映画に集中できたのがよかったです、、、




出版社に勤めるイケメンカメラマンのテーンと、
ツアーガイドのパオとのありふれた単純なラブストーリー、、、
と思いきや、一捻りも二捻りもあって、完全にやられちゃいました、、、

出だしは、ちょっとしたラブコメディーの展開で、
全く油断していた際に、ガツンとハンマーで殴られたような衝撃、、、

その後は、重い、クサイ、、、、と心に蓋をしそうになりながら、
ついつい、主人公の身につまされるような熱い演技に引っ張られ、、、

一時、<これってちょっとどうなんだろう!?>って、不透明感が芽生えつつ、
結局、ドップリと感情移入して、シッカリはまってしまいました、、、

どのように書いてもネタバレになりそうなので、
どうしても、言葉を選んでしまいますが、、、

最後は、どうにも重い結末に、痛みを感じていた矢先、、、
心の襞が抉られるような、自然と魂が昇華されるような、、、
そんな静かに沁み入るような感動がエンディングに待っています、、、

<イカン、イカン、こういう書き方ですら、、、
まだ、この映画を観ていない方に、妙な先入観を与えてしまいますね、、、>

実際、両隣の小五の息子も中三の娘も、涙が頬を伝いながら、
それを隠そうとさえしていないぐらい、
ストーリーにのめり込んでいました、、、

かく云う自分も、最近トミに涙腺が弱くなり、
お約束のごとく、涙の連絡船でした、、、

<こんちくしょう、また、やられちまったぜ、、、>

その涙の跡を例えてみれば、、、

美しい風景を観ながら、優しい風が頬をなでるように、
自然の香りが五感をくすぐるように、、、
知らないうちに細胞の隙間に息吹をかけられたようなそんな原体験に近い感動なのです、、、

ストーリーは単純明解であり、決して目新しくもないのですが、、、
どこか懐かしい正統派の非常に良心的な映画であることには間違いありません、、、

物語の本筋とは、あまり関係のないところで、2、3コメントしますと、、、

途中、主人公が挫けそうになったりヤケになったりしそうになって、
彼に好感を持つ身近な女性にふと惑いそうになりながらも、
逆にその彼女も含めて、同僚の温かい行為や励ましが、実に有り難いです、、、

さらに、主人公がカメラを生業にしているだけあって、
風景写真が見事なまでに物語の中で融合し、、、

映画自身のカメラワークとしても、
時にハッとするほど、美しい色合いの自然の映像が随所に出てきます、、、

また、ちょっとした小道具や小物も効果的に表現されています、、、

例えば、仏事に手向ける蓮が希望や願いや祈りを象徴しながら、
同時に残酷で埋め切れない時間の流れを想起させることでしょう、、、

タイトルの「ハッピーバースデー」がいろいろな意味合いを兼ね、
要所要所でメロディー付きのバースデーカードが、時間の経過と同時に、
切なく観る(聴く)者の胸に響きます、、、

印象に残る感銘を受けたシーンがいくつもあり、
それぞれが、最後に物語の大きな感動を呼び起こす、、、
一つの呼び水になっていたのかもしれません。

元々、どんなB級映画にしたって、けなすと云う事ができない自分には、
所詮、映画の解説や感想から、一番不向きなところに存在しますが、、、
(何故なら、どんな映画にも多少の差はあっても皆感動してしまいますので、、、)

そういうことを値引きにしても、
お世辞抜きに、無条件に、心を動かされてしまいました、、、

「愛とは何ぞや」と、大上段に構えるわけでは決してありませんが、
また、それは、往々にして、自己犠牲を伴うものでもありますが、

息子や娘に、一つの映像を通して、愛の形を共有しながら、
お互いに、実感できた稀有なケースかもしれません、、、

「人を愛する」ことは、時空を超えて、
こんなにも素晴らしいのかな、、、
って、子供たちと共に同じように感じられたのが嬉しかったです、、、

こうした映画が、タイだけではなく広く世界に紹介され、
タイ映画の素晴らしさを喧伝してもらいたいです、、、
特に日本なんかで上映されたら、きっと共感を呼ぶ事でしょう、、、

この映画を観て、大げさに云えば、まるで、生まれ変わったようなそんな心境であり、、、
それって、まさしく、新たな精神の浄化、、、
タイトルの「ハッピーバースデー・・・」そのものですよね、、、


久々にタイ映画の直球勝負のど真ん中、、、
観客もほとんど全席埋まっていて、同じように、
男女に拘りなく皆が皆、啜り泣きしている映画も実に驚きです、、、


スカス、よせばいいのに、、、
この感動の後に、ダブルヘッダー!?にて、
トニージャーの最新作「オンバーク2」も続けて観てしまいました、、、

こちらも、期待を裏切らない、
トニージャーの体を張ったノンストップアクションの真骨頂、、、
(別の意味でまたとてつもなくスンゴイ映画なのですが、この場では、コメントを控えます)


映画館を出た時は、日付が変わって、
0時半を過ぎていました、、、

帰りの車の中で、子供二人は、完全にノックアウト・・・
ワスは、何だか、言葉にうまく云い表せない、、、
依然、不思議な興奮と感動に包まれ、独り、こんなものを書いてます・・・

嗚呼・・・そうこうしているうちに、クリスマス、、、

メリー=クリスマス!!!

2008年12月20日

2008年12月、第4コーナーを廻って!?

12月20日、午後4時半、、、
本業の方の2009年春夏物の一発目の出荷を無事終えました、、、
最後まで、気が抜けない展開ながら、ようやく一息つけた感じです、、、

出荷終了時のお約束のドーナツを従業員に配り、
みんなの労をねぎらいます、、、

さて、自身については、2週間に亘って、体調が思わしくなく、
微熱の合間に、咳き込みが激しく、
時に内臓が飛び出すような胃液までがせりあがってきます、、、

さらに、2ヶ月以上、両肘が攣ったように痛みが抜けず、
時に三十肩!?の塗炭の苦しみも味わっています、、、

スカス、今年も余すところ、10日ちょっと、、、
あれこれと云っていられません、、、

こんないろいろな肉体的精神的苦慮の数々も、
最後の産みの苦しみのようで、何となくいじらしく、
逆に、この負の要素をジックリと見極めて体感したい面持ちでいます、、、

いよいよ年の瀬も押し迫り、
2008年の残りの時間を見つめていきます、、、

26日から29日にかけては、
もう半年以上前から予定が入っておりました、、、
人生の師と仰ぐ方が2名、プライベートで訪チェンマイされます、、、

ご両名には計り知れない恩義がありますので、
この間はできるだけ、チェンマイでのお時間を共有したいと念じています、、、


☆ 21日(日):第124回N杯ゴルフコンペ
☆ 22日〜25日:ウフフ・・・???
☆ 26日〜29日:I&T(大)師匠来チェンマイ
☆ 30日:仕事納め:チェンモード忘年会
☆ 31日:お仲間の皆さんと年忘れゴルフ!?

ソステ、ソステ、ソステ、、、
いよいよ待ちに待った、3年間の喪(大殺界)が明けます、、、


これまで、我慢に我慢を重ね、自分を殺して参りましたが、
年が明けましたら、、、
爆発して、ガンガン、活かせて頂きます・・・


2008年の残り最後の時間を、、、
ジックリと噛み締めたいです、、、


嗚呼  ・・・


<この10日間にも、いろいろな方がチェンマイにお越しになり、
時にタイミングが合わず、不義理を重ねる事があるやもしれませんが、
予め、何卒、ご容赦願います・・・>

2008年12月19日

チェンマイ我がゴルフ「永久スクラッチ」!?

「吾以外皆師」・・・

過去2年間に亘り、その時々で「一期一会」、、、
ご縁があり、出逢いました、、、
熱きゴルフの諸先輩並びにご同輩の皆々様方、、、

謹んで、永久スクラッチの固い握手(or熱きハグ)を経た後、、、
それから、単純に、地道に、数え記してきました、、、
対TF戦:ゴルフのスコアによる勝ち負けの妙、、、

一打一打に一喜一憂し、
少年のごとく、勝負にこだわりました、

「一打一会」



2008年も残すところ、厄、、、
もとい、約2週間・・・

これまでの記録を整理して、
以下にまとめさせて頂きます・・・

☆ :勝ち越し
★ :負け越し
☆★:イーブン


★鎮守様:37戦、4勝33敗 <内、直接対決4勝8敗>
☆若旦那:39戦、19勝18敗2分<一番の熱き好敵手です>
★Mプロ:32戦、1勝29敗2分<この1勝にいかに感涙しましたことか>
☆大御所様:30戦、20勝9敗1分<最近はずっと分が悪いです>
★蒼殿:10戦、3勝7敗<3連勝の後から7連敗>
☆B同志:15戦、9勝6敗
☆昇龍殿:3戦、2勝1敗
☆雀福殿:5戦、5勝0敗
★いと殿:3戦、1勝2敗
☆ニュートラル殿:17戦、16勝1敗
☆心破(の丘)殿:4戦、4勝0敗<すみません・・・>
☆一笑殿:2戦、2勝0敗<堂々勝負です>
☆耶仁様:7戦、6勝0敗1分<まだ、負けておりませんよ>
★殿下:15戦、6勝8敗1分<燃えます・・・>
★オナ殿:15戦、7勝8敗<結局負け越しですバイ>
☆J.ディーン殿:5戦、5勝0敗
☆★なごり雪殿:2戦、1勝1敗
★銀ギラ銀殿:5戦、2勝3敗<最初の3連敗が響きました>
☆鐸真殿:1戦、1勝0敗
★長老:6戦、2勝4敗
☆ゴエモン様:3戦、3勝0敗
☆★虎徹殿:2戦、1勝1敗
☆コスチャン様:1戦、1勝0敗
★Hasi殿:1戦、0勝1敗
☆アツシ殿:5戦、5勝0敗
☆清邁太の兄貴:1戦、1勝0敗

★真翡呑様:19戦、0勝19敗<一度でいいからご恩返しがしたかった>
★真暈天殿:30戦、9勝21敗<いつの間にかこんなに差が・・・>
★真天狼殿:33戦、13勝19敗1分<一番勝ちたい相手です>
★真陽凛殿:9戦、2勝7敗<直接対決では2勝2敗>
★真芯巌殿:20戦、1勝16敗3分<何故か3度も引き分けがある>
☆真天荒殿:1戦、1勝0敗
☆真豊丸殿:1戦、1勝0敗
☆真一路殿:3戦、3勝0敗


☆楊貴妃クレオパおまる様:1戦、1勝0敗<ウフフ・・・>
☆アンニュイ様:3戦、3勝0敗
★☆メッチャ可愛様:2戦、1勝1敗
☆環多里様:3戦、3勝0敗
☆ショコラ様:7戦、4勝2敗1分
☆エクスタ様:5戦、5勝0敗
☆★ジャリン様:7戦、3勝3敗1分 <全く星が5分>
☆王妃様:3戦、2勝1敗

☆梅殿:7戦、6勝0敗1分
☆石殿:1戦、1勝0敗
☆野殿:1戦、1勝0敗
☆黒殿:1戦、1勝0敗
★中殿:1戦、0勝1敗
☆鶴殿:1戦、1勝0敗
☆Pマヌー:1戦、1勝0敗


通算全成績:427戦、190勝222敗15分
勝率:46.0%<負け越しで、ゴワス・・・>



さて、ここで、新しい年を迎えるにあたり、、、
誠に勝手ながら、2008年を区切りとして、一度リセットさせて頂きます、、、
<「保存版」としては、ずっと記録に残しておきます・・・>

また2009年度から、新たな気持ちで、
勝負の「一打一会」を刻ませて頂きます所存です、、、

永久スクラッチの固い契りを結んで頂きました皆々様方、、、
新しい年も、改めて、熱きご指導の程、
謹んで、宜しくお願い申し上げます、、、

嗚呼・・・

TF拝、、、


追伸:愛しの哀拿姉貴、、、
こちらからも17歳のお誕生日おめでとうございます!!!

2008年12月13日

5日間のニマンヘミン祭を終えて・・・

12月5日より9日まで、
チェンマイのニマンヘミン通りにて、都合5日間に亘り、
ニマンヘミン祭が挙行されました、、、


まさに直前まで、PADによるバンコクの空港占拠という暴挙により、
チェンマイでの本来の予定も何もかもがゴッタ返す中、
ニマンヘミン祭は、しめやかに、厳かに、賑やかに振舞われました、、、


とりわけ、、、
6日早朝より行われました11250僧!?を迎えての、
タンブンの儀は、圧巻でありました、、、


多くのお仲間の皆さんは、、、
朝の3時、4時、5時よりお集まりになり、、、
ワスは、6時半チョコット前にかみさんと共に駆けつけますと、、、

まさか、まさかの数あるお坊さんの波、渦、潮、、、
それは、大きな高まり、うねりとなって、
瞼に深く深く焼き付けられました、、、


<チョット、ゴッツイ、感動モノです・・・>


貴碧お姉さまのお店でタンブンのセット(一袋9B)を9個求め、
随時、目の前のお坊様にタンブン(お布施)しました、、、

最後の9個目を托鉢されましたのは、、、
剃り込んだ頭に護符のごとく経文を刻んでいた、
実に仰々しいお坊様でした、、、


不謹慎だとは重々承知しながら、こちらも一期一会、、、
ついつい、見惚れつつ、シャッターを切っちゃいました、、、

ご利益(りやく)があるといいのですが、、、


個人的なことになりますが、、、
この祭りの直前まで、暴飲暴食がたたり、、、
体重が2週間で、イッキに、8キロ強増となり、、、

愚かにもダイエットを試みようと画策する中で、、、
結局、ニマンヘミン祭のお姉さまのお店で、、、
毎日、出来立ての日本食を貪ることになり、、、

<嗚呼・・・お腹が苦しいほどに幸せ気分、、、>

お仲間の皆様は、事前の周到な準備に始まり、
朝から晩まで、バザーの衣服&小物販売や料理の仕込みに売り込み、、、
満身創痍、怒濤の5日間でした、、、

自分は、お恥ずかしいながら、
ひたすら、飲食担当にて、5日間全日、こちらで、、、

カレーライス、カオソイ、おでん、韓国風焼肉、コロッケ、
ヤキトリ、たこやき、焼きそば、煮しめ、アジフライ、、、etc.,,,
ステキなお料理の数々をご賞味させて頂きました、、、


さらには、帽子の類も販売させて頂きまして、
有り難いことに、期間中、けっこうの数が売れました、、、

寝たきりだった義父をランプーンの実家にてお世話して頂いて、
かみさんも、久々に外の晴れやかな空気を楽しみ、
嬉々として、終日、たこ焼き職人と化していました、、、


ワスも、後半の7日、8日、9日は、、、
仕事が終わって、夕刻6時ごろより参加させて頂きましたが、、、

他の皆さんは、それ以前より、、、
連日、遅くまで、本当にご苦労様だったと頭が下がります、、、

思い浮かぶままに、その間に、出逢い、触れました、
ステキな顔、顔、顔は、、、

貴碧お姉さまご家族&スタッフ、鎮守様ご夫妻、ニマン様ご夫妻、美鳩お姉さま、
大御所様、女神様、若旦那ご夫妻、Mプロご夫妻、直球殿ご夫妻、

あったん、哀拿姉貴、お嬢親娘、美助殿、慧夢師殿ご夫妻!?真天狼殿ご夫妻!?
ナンシー殿、ニュートラル殿、なごり雪殿、タイスキ殿、鐸真殿、&マリさん、、、



最終日、、、9日、夜の10時を廻って、、、
後片付けをしながら、ビール&ワインで乾杯をし、
皆で感動の気持ちが噴出しました満面の笑顔、、、

とびきり、ステキな時間を共有させて頂きました、、、
皆様、大変、お疲れ様でした、、、


来年以降もこの時期、観光、商用、ご滞在その他で、
チェンマイにお越しの際には、
是非、ニマンヘミン通りにお立ち寄り下さいませ、、、

<熱い息吹&血潮が燃え盛っていることでしょう!!!>


ワスも、来年こそは、食って飲んでるばかりでなく、
裏方の面も、一生懸命、お手伝いさせて頂きます・・・


合掌・・・

2008年12月05日

嗚呼、30万キロ!?

PADによるバンコクの空港占拠、、、
と云う未曾有の信じがたいトラブルを経て、、、
紆余曲折、スッタモンダありましたが、、、

お客様の11月26日のタイ出国予定を、、、
→29日→12月3日へと変更し、、、

その後の胃が千切れるような展開の中、、、
結局、セイフティーを考慮して、、、
チェンマイから直接外国を経由する流れで、、、

12月2日深夜、2名様、大韓航空にて、
4日早朝、3名様、チャイナエアラインにて、
無事に、日本への帰国の途につかれました、、、

たくさんの情報をタイムリーにお知らせして下さったり、
多大なご配慮を頂きました皆々様方、、、
本当に本当にありがとうございました、、、

<ようやく、ホッとしました、、、>



11月23日、お客様をチェンマイにお迎えするにあたって、、、
ふと、我がオンボロ車の累積走行距離を見ますと、、、
298826キロ、、、

振り返れば、、、

この老朽車と時代を共にした10数年、、、
無事故、無違反、故障一つなく、、、
快適に飛ばした前半の9年あまり、、、

スカス、、、大殺界に入った一昨年より、、、
大小合わせて、立て続けに7回を数える事故の数々、、、
車も人間もよくぞ再生!?して生き永らえてきましたことよ、、、

ボロボロになりながらも、よくぞここまで走ってくれたことよ、、、
日本が世界に誇る、我が心の愛車トヨタカローラ・・・
思わず頬擦りして、抱きしめたい気持ちに駆られます、、、

<残り1200キロ弱で30万キロの大台に乗る・・・>






それから、10日間あまり、、、

ドイステープ、エレファントキャンプ・・・
ゴルフ7ラウンド送迎、空港への度重なるチェックのための往復・・・
このオンボロ車は体にムチ打って走りに走りました、、、

ソステ迎えたXデーは、何と、12月1日、
夜遅くにドンピシャ重なったのです、、、

ふとメーターを観れば、、、
大台まで残り10キロを切っているではありませんか???





勿体無くもお客様の皆様にお誕生日をお祝いして頂き、、、
その流れの中で、夜の街をアチコチ徘徊している途上、、、

<オリョリョ、、、>

この瞬間だけは、キッチリ見届けてやろうと構えていたのに、
虚を衝かれましたところ、いつの間にか、、、
すでに大台を数キロ超えておりました、、、





嗚呼、、、

地球一周は、約4万キロ・・・
この遥か雄大な地球を、、、
数字の上では、7回半廻った計算になります、、、

このタイの国では、何十万キロの走行距離は当たり前ですが、、、
ワスにとっても、愛(哀)車にとっても、一つの大きな節目ではあります、、、



スワンナプーム空港を席巻した黄色の服の集団もその占拠を解き、
随時、通常運行に向かって速やかに復旧作業に勤しむようですが、
まだまだ、通常の運行機能が回復するまでには時間を要しそうです、、、

この間の代償も大きく、、、非常に不謹慎ながら、、、
飲めや食えや歌えや騒げや、、、の怒濤の嵐の中で、、、
普段65キロの体重が、最終的には愚かにも73.5キロまで増加???

さらに、ゴルフのスコアも落ちるところまで落ちていきます、、、
90、92、93、101(N杯)、97(マイ狂月例会)、97・・・
スランプとはいえ、ついに80台が全く出なくなりました、、、


ソステ、我がオンボロ車は、、、ヒーヒー悲鳴をあげながらも、、、
30万キロを超えたその大台は、、、
着実にその哀しき!?数字を伸ばしていきます、、、



12月5日、、、国王誕生日、、、

国王様のご長命を心より祈願し、
謹んでご祝福、お慶び申し上げます・・・


一刻も早く、この大好きなタイランドが、、、
以前のように世界中の人々から愛される微笑の国に戻ってほしいと、
心から念じております、、、

<嗚呼、30万キロ!?>

ワスが120歳まで、元気に生きるか、、、???
哀車が120万キロまで、元気に走るか、、、???
いざ、勝負???

2008年12月01日

『風林火山・TF・120・清邁・廣島』

「風林火山」は、ご存知、甲斐の戦国大名・武田信玄の軍旗を表し、
「疾(はや)きこと風の如く、徐(しず)かなること林の如く、
侵掠(しんりゃく)すること火の如く、動かざること山の如し」の通称、、、

この字面や音感に非常に引かれ、同時に、
人生の物語の「起承転結」さえも暗示具象しているような気がします、、、


タイという国が大好きで、この国と不思議な縁ができ、
家族を得て、生涯の拠り所と決めました、、、

ネット上でのHNをタイフリーク(タイ狂&タイマニア)としたのも、
そういうタイに対する、切っても切れない、熱い想いがあったからです、、、

今、「微笑みの国タイ」は、
収拾のつかない未曾有の泥沼に陥っています、、、

誰に怒りをぶつけると云うわけではなく、
ただただ、哀しく、悔しく、情けなく、切ない気持ちでいっぱいです。

けれど、いつまでも、続く不幸はありません、、、

物語の「起承転結」が何度も繰り返されていくように、
タイ国(民)自身が、次なる解決の道標に向かって新たなステージに臨み、
自力で再生していく手立てを模索していくものと信じたいです、、、

この先が読めない暗闇の向こうに、
一筋の光明があると確信しています、、、


11月30日、、、

15年共にした、我がオンボロ車の後部ガラスに、
『風林火山・TF・120・清邁・廣島』
のステッカーを貼らせて頂きました、、、





これは、先の鎮守様宅でのミクシー杯の打ち上げの場で、
お嬢が贈って下さった有り難き護符!?、、、
何かを暗示するような、とても心に沁み入る言葉です、、、

風林火山:我が人生の大きなテーマです、、、
TF:いつまでも間が抜けたThai Freak(タイ狂い)な男です、、、
120:大きな目標である「人生元気に120年」生涯を全うします、、、
清邁:我が心の故郷です、、、
廣島:我が生まれ故郷です、、、


この日は、さらに慌しい間隙を縫って、、、
契約その他の理由で、ナイトバザールのアンテナショップを、
11月いっぱいでクローズする運びになりました、、、

かなり際どいデリケートな引越しのお手伝いに対して、
多大なお世話になりました若旦那、頭領、ボーダー小六殿、慧夢師殿、、、
本当にありがとうございました、、、

月末から月初めの微妙な綱渡り、、、
ギリギリ、間に合いました、、、

また、運気が変わる、来年早々、
別の場所に居を移して、心機一転、、、
改めて、アンテナショップを立ち上げます、、、



この日は、同時に、盟友若旦那の、
同ナイトバザールニューショップのお披露目でもありました、、、




是非、皆々様方、若旦那のショップにお立ち寄り下さいませ、、、




この日は、良きにつけ、悪しきにつけ、人生の節目、、、
山あり谷あり、幸福もあれば不運もあり、
喜びの絶頂と哀しみの崖っぷちも、時に背中合わせ、、、

スカス、、、人生は、「風林火山」、、、

動と静、正と負、熱と冷、喜と哀、、、
は、一筋に繋がっていて、、、
いつも人生に彩りを添えていきます、、、

己自身の人生も、、、
前向きにポジティブに考えていきたいです、、、



また、繰り返しますが、、、
いつまでも続く不幸はありません、、、
一刻も早いタイの政治&社会的混乱の収拾を深く念じています・・・



追伸:大勢の方から多くの励ましのメッセージをお寄せ頂きまして、
心から感謝しています、、、
120歳???まで、元気いっぱい生(活)きていきます!!!